忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[487] [486] [485] [484] [483] [482] [480] [479] [478] [477] [476]
 

 見る前の不安材料、つまりマイナスが転じて全てプラスになった奇跡の傑作『ウルトラマンサーガ』。その興奮冷めやらぬまま、あぁもう一度見たいなあと思う日々。
 やることも片付けたし、後は返事待ちだが、悲しい結末になる前に自分にご褒美を買い与えることにする。『サーガ』も傑作ヒーローものなら、これもまた傑作の『電人ザボーガー』。



メカ、空手、人生……男の好きな要素を全てぶち込んで、『男はアホやなあ、でもやらなアカンよなあ』と思わせてくれる昨年度№1の映画。まさかザボーガーで涙ぐむ日が来るとは予想だにしなかった。それだけにカッコイイ。そして切ない。『サーガ』の特集本は子供向けながらも、写真によるお話解説、チームUのグラビア、怪獣塗り絵など……やっぱり子供向けだが、大の大人を買いに走らせる何かがある。それがあの映画の魅力のようなものなのかもしれない、とオタクはいつもへ理屈こねる。

 ザボーガーが70年代のヒーローならば、80年代のヒーローは? 
昨年からの復活ヒーローもののもう一方の雄、『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン 』も勢いあまって購入。

 こちらはリメイクではなく、あの宇宙刑事ギャバンが久々に地球にやってきて、現役ヒーローと共闘、というおっさんもちびっ子も大喜びな内容。
 ギャバンというキャラクターのインパクトの強さの勝利なのだろう、深夜のビル街にコンバットスーツ輝かせて、すっくと立つだけで全てを許してしまうダメな自分がいる。
 
 70年代、80年代のヒーローが復活し、戦隊もライダーも毎度お祭り騒ぎ、そんな中で、あえて異形のウルトラマンを創造した『サーガ』は、今後の新しいヒーロー像を模索する指針になりえるのだろうか。とはいえ、今度はライダーVS戦隊か、嗚呼。

 そういうわけでゴメスである。ゴメスは『ウルトラQ』第一話に登場した、いわばウルトラ怪獣第一号である。だから、というわけではないだろうがその気ぐるみは当方のゴジラを拝借し、改造したもの。設定が古代哺乳類だが、元より猫顔のゴジラに植毛し、角や爪をつけるだけで別物に見えるから不思議。

 今回の『ウルトラマンサーガ』でその雄雄しい姿をスクリーンに叩きつけ、劇場限定ソフビ化という、AKBでいえばセンターの座を勝ち取ったといってもいいぐらいの優遇を受けたゴメス。そんなゴメスいがうちにはゴロゴロしている。そして今日、ついにミニソフビウルトラ対決セットを購入。





 

ゴメス軍団と並べても遜色ないほどの出来。



 一緒に入っていたミニサイズのゼロを使えば、こういったこともできるが。これは……いや、なんでもない。

 ということで、スーパーで食玩を買った話をするのにここまでかかったという次第。外は嵐だ。子供が帰ってこない。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 11
12 14 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析