忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
 先週末はいつものみなみ会館。今回はウルトラ大全集が『ウルトラマンゼロTHE MOVIE超決戦!ベリアル銀河帝国』、超SDXが『キングコングの逆襲』にオマケが『ウルトラマン怪獣無法地帯』というボリューム満点なラインナップ。そして久々に子供らと合流。平成と昭和の怪獣映画、ヒーローの活躍を見るのでした。


『ベリアル銀河帝国』はウルトラという冠をつけてはいるけど、邦画史上、これ以上ないぐらいのスペースオペラ。これに匹敵するのは『宇宙からのメッセージ』ぐらいでしょうが、あちらは地球が絡んでくるけど、こっちは全く別の宇宙の物語。久々にスクリーンで見たけど、冒頭の惑星エスメラルダの異星感に、まず心つかまれる。とても山口県でロケしたとは思えない。宇宙を股にかけるウルトラマンゼロの冒険と宿敵ベリアルとの対決、ウルトラ映画でおなじみ助っ人ウルトラマンも今回は登場せず、新たな別宇宙の仲間が加わるところも斬新。70年代の円谷ヒーローをリファインした、おっさん泣かせな面々。そしてこの戦いは現在放送中の『ウルトラマンジード』に持ち越されることに。しかし、ジャンボットを操縦していたあの子がウルトラマンになるとは……。



『怪獣無法地帯』『キングコングの逆襲』はテレビの再編集『長編怪獣映画ウルトラマン』との二本立てでちょうど50年前の7月22日が公開日という事で、この組み合わせ。どちらも島にいるキングがお話のメインになっています。しかし従来ならば痛め技である、首投げで倒されるなんて、レッドキングは噂ほどの実力ないのでは? と改めて思う。




『キングコングの逆襲』はとにかく、メカニコングがかっこいい。ゴロザウルスもかっこいい、コングは愛らしい、これに尽きる。曇天の北極の地に立つメカニコングのカッコ良さ。世界一かっこいい土木作業機械なのではないか? 当時流行していたスパイ映画のような世界観+怪獣、そしてロボット。ロボと怪獣と恐竜がそろってるだけで、どうしてワクワクしてしまうのか、実に夏休みにふさわしい作品。

 劇場映画二本にテレビ一本と、まさに東宝チャンピオンまつりのような組み合わせ、今度は子供らのリクエストに応えてあげよう。



 翌日はおなじみウルトラトーク。今回は『ベリアル銀河帝国』のアベユーイチ監督に、飛び入りの岡崎プロデューサーからお話を聞くことができた。そして、ウルトラの絆はアベ監督の思い入れの強い、来月のネクサスへ。


 アベ監督と岡崎プロデューサーは『ベリアル銀河帝国』のあと『キングコングの逆襲』も鑑賞。そういえば、メカニコングから始まったニセモノロボットキャラは、『ベリアル銀河帝国』のダークロプスにも受け継がれているのか。


 トークも上映も無事終了、長かったウルトラ大全集もあと8月だけ。いや、その前に来週もウルトラオールナイトが! ネクサスへの橋渡し『ULTRAMANに』、20周年のダイナ! 正義は何だ、本当の愛は何だ! 早速準備しておかないと。
 

拍手[1回]

PR
 またまた京都。このままでは京都みなみ会館レポートになってしまう。みんなSNSがあかんのや。使いまくってる自分も悪いんや。

  

 先日の京都みなみ会館、ウルトラ大全集は『ウルトラマンマックス』、超大怪獣SDXは『大怪獣空中戦ガメラ対ギャオス』+α。『ウルトラマンマックス』は『わたしはだあれ?』『燃えつきろ!地球!!』の爆笑編2本。シリアスからコメディまで、多彩な監督が入り乱れ、独自のカラーを残していったマックスらしいコメディ回。人間の記憶を消していく宇宙化け猫に、人間のやる気を燃焼させる宇宙人、スカイドンの頃から本当に恐ろしい怪獣はコメディ回に出てくる冗談みたいな連中なのだ。コメディとはいえ、その根っこにあるウルトラの精神を忘れておらず、ギャグから自然にヒーローの活躍への流れはさすが。





 そして『ガメラ対ギャオス』、その前に『緊急指令10-4・10-10/アマゾンの吸血鬼』を16ミリで上映。なぜこれなのか? ギャオスと同じく吸血怪獣が出てくるから。『怪奇大作戦』の対象年齢をぐっと下げて当時流行していたCB無線を絡ませた『10-4・10-10』だが、全体に牧歌的なムードが漂う。恐ろしい事件が起こっているのにどこかのどかな感じ。アマゾン土産のお面に付着していた生物が人間の血を吸って湖で巨大化……。電波特捜隊にとって脅威だったのは、危険なのに湖でダイビングを敢行したがる連中だったりする。16ミリはとても状態がよく、きれいでした。


 『ガメラ対ギャオス』は完全なる悪役ギャオスに立ち向かうヒーロー、ガメラと官民一体になった人類の攻防が気持ちよく、怪獣映画の王道といった雰囲気。作戦立案から実行までの時間が早い! 子供のバカバカしいアイデアをそのまま実行する大人たち。3ラウンドにも及ぶガメラ対ギャオスの死闘に、回転作戦、山火事作戦が盛り込まれて90分弱という尺の短さ。体感時間が長く感じるのだろうか。丁寧かつスピーディーな展開がそう感じさせるのか。シネスコ画面いっぱいに怪獣が並び立つと、なんだか得した気分になります。




 そして翌日も京都。恒例ウルトラ大全集のトークショー司会です。今回のゲストはヒジカタ隊長こと宍戸開さん。一体どんな人だろう、うまくお話しできるかな、というのはいつも思うことで、会ってみればみんないい人ばかりでした。今回の宍戸さんもとてもお話上手で、本番ぎりぎりまで映画の話で盛り上がってしまいました。トークショーもウルトラ愛に溢れる内容、お客様も満足していただけたかと思います。ちなみに宍戸さんの好きなウルトラマンは『アストラ』とのこと。持ち出し厳禁がトークの鉄則ですが、あまりにも意外かつ面白かったので、これは例外とさせていただきました。





次回ウルトラマンレオの上映があれば、ぜひお越しいただき、アストラ愛に溢れたトークをお願いしたいものです。そしてコメンタリ-上映、サイン会へ。サイン会でも宍戸さん自らお客様に声をかけるサービス精神。『ローガン見た? よかったよね、あれ!』
イベントは無事終了、続く映画館の上映でも宍戸さんは残ってくれたのでした。隣に座らせていただき、ここでも生コメンタリー上映を。出演者の方と一緒に出演作品を見るという不思議で贅沢なひと時でありました。


 最後まで盛り上がった上映イベント、でも最後に残ったのはアストラでした。
 
 

拍手[1回]

 先週末は恒例京都みなみ会館でした。前回の大特撮スペクタクルナイトから時間が空いたように思いますが、その間、ゴールデンウィークには全国自主怪獣映画選手権も回刺され、急きょ田口監督と『ウルトラマンX』アスナ隊員役の坂ノ上茜さんのトーク&サイン会もあって、そのお手伝いをしたりで、隔週ごとに怪獣がやってくる状況だったのですな。


 


感覚的に毎週京都に向かってる気がしました。
 そして今回。ウルトラ大全集はウルトラマン80、それと超大怪獣はギャレスエドワーズ監督『ゴジラ』の、一見何の関連もないようでいて、空港が大パニックだったり、電波で呼び合う二匹の怪獣が出てきたりと、ほじくれば共通項の見える作品群。





 今回はそれに加え、土曜日はネット配信番組『怪獣チャンネル』の出張版という事で、東京からガイガン山崎氏、斎藤孝義氏の両名がやってきての怪獣トークイベントも。
ファミレスに見立てた会場でだらだら続く怪獣トーク。これが関東の笑いか? テーマを絞ってるだけ脱線することも少ない、いつも脱線しまくり、いやそもそも線路自体がないババジラジオとは大違いであります。
 公開収録の終わった後半からはそのババジラジオ組も合流。海の怪獣をお題に再びだらだらトーク。みなみ会館近くのラーメン屋のカプチーノつけ麺は不思議な味でおいしいですよ。
 入場者特典は飛び出す眼鏡と小笠原怪獣ランドのフィギュア。島のフィギュア!
 
 そして翌日、ウルトラのゲストトークは『ウルトラマン80』のユリアンこと萩原佐代子さん。人によってはダイナピンクだったり、レー・ネフェルだったりする特撮会の大ヒロインであります。80といえばちょうどリアルタイム世代、そのヒロインとお話しできるという事で、打ち合わせの段階で大緊張。まっすぐ顔も見れませんでした。いつもゲストさんに緊張しますが、女性ゲストはさらに緊張するのです。


 そして本番。萩原さん、温かいお客様の助けもあって、アウアウしながらもトーク終了、そして『80最大のピンチ! 変身! 女ウルトラマン』のコメンタリー上映へ。いまだに慣れないコメンタリー上映、怪獣が出ると黙って見入ってしまう悪い癖が出てしまいます。しかし、プラズマ、マイナズマって不思議なデザインだなあ。漠然と雷とか電気ビリビリを具現化したような姿だ。
 コメンタリー上映の後は恒例サイン会。一人一人に立ち上がってお渡しする萩原さんの丁寧な姿を見つつ、その時の俺は魚のように口を開けっぱなしだったらしい。






 大きなトラブルもなく(あるわけがない)、イベントは無事終了。萩原さんはウルトラの星へ。
 ウルトラの後はゴジラ。久しぶりのギャレゴジであります。思えばこいつがやってくるという事で怪獣界隈が盛り上がり、間接的にみなみ会館でのキャスト社との劇的な出会いのきっかけになった作品。それをみなみ会館で見るという不思議。
 色々言われてますが、ここまであのアメリカさんがオリジナルな部分をすっ飛ばし、正義の怪獣ゴジラを描いてくれたことに拍手喝采であります。怪獣の登場シーンが少ないと言われますが、いい配分ではないでしょうか。ラストバトルはたっぷり見せてくれますので。長い長いエンドクレジットの後に巻き起こる拍手。そういや、試写の時も拍手が巻き起こっていたなあ。そうだ、あの時も『やったぜ!』と思った人がたくさんいたに違いない。


 ギャレゴジが見たかったのか、怪獣映画が見たかったのか、他に見るものがなかったのか、よくわからないけど、俺の隣にいた小学生の兄弟も大音響に負けずにじっと映画を見ていた。また来月来てくれたらいいな。
 
 これから来月まで、しばらくは怪獣がらみの上映はないのですが、帰りにイップマンの前売り買ってしまった。いつかまた京都に行こう。



 

拍手[0回]

 
 なんだか毎回京都の話ばかりですが、気にしない。



 バタバタしていて、いつの間にか月曜日の朝、という感じでした。それほど忙しかったか? いや、バタバタしていた。



 土曜日。子供らと京都国際漫画ミュージアムへ。友人がVR制作したアメコミ『兎用心棒』の展示とイベントへちょっとご挨拶。広大な施設の中はびっしりと漫画だらけ! 子供大満足。VRは参加できなかったんですが、久しぶりに会う友人の姿を見れただけでも満足。VRはまだ未知の領域、だからこそ踏み込めるジャンル。なんだか先週から中学以来の友人に会ってる気がする。ひょっと死期が近いのか? 


    

 そして雨の中、いつものように京都みなみ会館へ。子供らは『ウルトラセブン』を見ている間、翌日の準備と打ち合わせ。そして『ゴジラ電撃大作戦』へ。『怪獣総進撃』のチャンピオン祭り用短縮改題版を劇場で見れるという貴重な体験。だんだん感覚がマヒしてきそうになるけど、映画館で昭和の怪獣映画を見るというのはそれだけでも大変貴重なのです、この関西では。タイトルクレジット含め、あれこれとハサミが入っていましたが、ただでさえ少ないバランの登場シーンがさらに短くなっていたように思った。



 そして、日曜日。恒例『ウルトラ大全集』のトークゲストはひし美ゆり子さん。そうあ、あのアンヌ隊員! 放送50周年、いまだに根強い人気を誇るウルトラセブン、その人気をけん引していたといっても過言ではない、ウルトラヒロイン、いや古今東西のSF作品をひっくるめてもベストではないか、と言われてる永遠のヒロイン、アンヌ隊員。そんな方のトークの司会! 高まるプレッシャー、資料の準備、セブンのおさらい……果たして自分に務まるのか? さらにはみなみ会館に問い合わせの電話が殺到、という人気の高さがさらにプレッシャーを大きくする、肥大したプレッシャーはいつしか破裂し、そして気持ちはニュートラルになっていた。自信ではない、よくわからない覚悟ができていた。このトークを外せば、えらい目に合うかもしれない、でもやるんだよ、やってやろうじゃねーよ!

 


 そして当日、すでに駐車場には多数の入場待ちのお客様。会場のセッティング、諸注意、持ってこなくていいけど、一応、セブン関連のおもちゃの配置……。



 
 そして、本番……。




 アンヌ隊員ことひし美さんは、宇宙人にも、拙い司会の自分にもとても優しかった! 会場は盛大な拍手と笑い、そしてなぜか歌で盛り上がり、コメンタリー上映も(結局、何度か見入ってしまって無言状態になりましたが)、サイン会もつつがなく終了しました。司会はいつも通り全くできてませんでした。セブン50周年という巨大なうねりに飲まれ、何を喋ったのかよく覚えてませんでしたが、そのたびにひし美さんに助けられた気がします。



 やったか、やれたのか? それはわかりませんが、イベント自体が成功のうちに終了して、何よりでした。


 一夜明け、あれは夢か幻ではなかったのかと思うほどに、あっという間に過ぎた気がします。いやあれは紛れもない事実。あのようなイベントに参加できたことに感謝しつつ、次への準備をしておかないと、と思うのです。


拍手[3回]

 毎度おなじみ京都みなみ会館のウルトラ大全集&超大怪獣SDXは『ウルトラマンコスモス』『モスラ3』のモスモス大会。いつのころからか、純粋にお客ではなくなってしまった立場なのですが、それもまた怪獣が取り持つ縁というもの。 



 『ウルトラマンコスモス』はトークゲストにフブキ隊員役の市瀬秀和さん。いつもながら、コスモスの予習を……65話+劇場版は3本もあるぞ! しかし、それだけ当時のコスモス人気がすごかったという証拠。慈愛の戦士は当時のちびっこやお母さま方に大好評だったということです。そのコスモス世代が今や成人し、こうして会場に来てくれるのだから、時間の経つのは早いもの、そういえば、うちの長男とコスモスは同い年でしたな。


 いつものごとく、会場入りして子供らに適当に遊んでもらいゲストとの打ち合わせ。そして本番へ。
 後ろの人が見えないという市瀬さんの提案で、イベント初の立ちトークに。さらに、飛び入りゲストの渋谷プロデューサーも交えてのエンディング&フォトセッション。いつもいつも、『何を話すか?』よりも『どのソフビにするか?』を考えてしまう。今回は大きいコスモス持ってきてよかった。
 顔が肥えたなあ、髪型がまとまってないなあ、俺。
 トークの後は第48話『空の魔女』のコメンタリー上映、そしてサイン会へ。現役バリバリの俳優さんだけあって女性ファンの数も多く、プレゼント攻めにあわれておりました。
 そして場所が変わって二階の映画館で『怪獣一本釣り』『ワロガ逆襲』上映。怪獣保護というコスモスのメインテーマにふさわしい前者と徹底した宇宙人との攻防に終始するアクションの後者。1年3か月、5クールの長丁場のコスモスは、実にバラエティに富んだ内容であります。
 そして『モスラ3』へ。宇宙超怪獣キングギドラ登場、平成モスラ三部作最後の相手にふさわしい強敵です。昭和テイストを残しつつボリューム感たっぷりのキングギドラはかっこいい。でもやってることは子供の誘拐ですが。今回見直すと、ギドラは日本を縦断しつつ、子供話さらっているのですが、みなみ会館上空、当時のあたりも飛んでいたんですな。

 思えば、コスモスも平成モスラも当時見ていたことは見ていたけど、すでに大人になっていた自分は片やとんがった怪獣映画(ガメラ)、ヒーロー番組(仮面ライダークウガ)があったのでそっちに夢中になっていたことをもいだした、ごめん。それでも、当時のちびっこにはたまらない作品であり、大歓迎されていたわけで、それは怪獣映画、ヒーロー番組としては非常に正しい位置にあったのでは。『関東モスラ連合』の紳士淑女も今回の慈愛に満ちたファンタジックかつバイオレントな組み合わせに満足されたのではないか、と思う。コスモスは宇宙へ、モスラも島に帰ったので、自分もまた子供らを家に送り届けることに。
 

そして翌日。また、京都にいた。祝日の月曜日、珍しくお仕事はお休み。ならば京都みなみ会館でマンデイを満喫しよう、ということで再びやってきた。昨日はキングギドラで今回は『ドラゴン×マッハ!』のドラゴン繋がり。
 2000年代の香港アクション映画は目覚ましい飛躍を遂げた! と思う。とにかく飛んで動いて戦って、本当に人間業かと思えるような超絶アクションが展開されるわけだけど、この映画はアクションのみならず、物語も二転三転して見逃せない。
『娘の白血病ドナーは自分の勤める刑務所の囚人だった、しかもそいつは香港の潜入捜査官! 本当に悪い奴は誰だ?』 という文字にするとややこしい構成。主役の二人トニー・ジャーのムエタイとウー・ジンのカンフーが素晴らしくも痛々しい。単なる小道具かと思っていたスマホが物語が進むに連れてどんどん重要な役割を占めてくるのは見事としか言いようがない。タイと香港という文化、言葉の壁をスマホが取っ払ってくれるなんて。


 見事な格闘シーンとあっと言わせるドラマがうまく絡み合った傑作。こういう映画が香港にはまだごろごろしているなら、もっと見てみたい気にもなった。自分の香港映画知識は90年代初頭で止まってしまっているようだ。



 最新、最強のアクションとうたいつつもどこか80年代ジャッキーチェンや片腕ドラゴンを思わせるシーンが見れたは、こちらが思い違いか、あるいは香港映画に脈々と流れる血のようなものなのか。とりあえず、膝から先に飛んでくるトニー・ジャーキックをマスターしてみたい、という中学生みたいな気分になった。

そしていよいよ……。

拍手[2回]



忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 26 27 28 29
30 31
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析