忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
 ウルトラ大全集もひと段落、あの夏の日はゆめだったんじゃないか? と抜け殻のような日が続いてました。



そして今月、それでも怪獣は続くよどこまでも。




9月の超大怪獣大特撮大全集SDXは『フランケンシュタインの怪獣サンダ対ガイラ』『大怪獣決闘ガメラ対バルゴン』の1966年公開の怪獣映画二本立て。この2本は同年公開というだけでなく、色々と共通点の多い映画だった、と恒例のうろ覚え新聞を描きながら思いました。まず、どちらも続編的ポジションである。『バルゴン』では前作のダイジェストが流れて本編へ。『サンダ対ガイラ』も『フランケンシュタイン対地底怪獣』の続編、という位置づけだと思いきや、完全に世界が繋がっているわけではない。『バラゴンがいないフランケンシュタインの物語のリメイク』といった方がいいのかも。




 
 あと怪獣による食人描写、自衛隊がすごく頑張って、パラボラアンテナが勝負の決め手になる、怪獣同士が出会うのは中盤辺りとか、エエモン怪獣を信用していない人類とか、殺人光線とかこじつけも含めて色々とあるのです。



 あいにくと今回は仕事の都合で途中入場。映画館に入ると『ガメラ対バルゴン』の終盤近く、琵琶湖でガメラとバルゴンの最終対決が始まらんとしていました。シネスコ画面いっぱいに展開される四つ足怪獣の激闘。必殺技を封じられてもまだ手強いバルゴン、しかし執拗に水辺から逃れる姿を見て、ガメラはその弱点を悟る……。冬休みにテレビで見たあの名場面が大画面で展開される。ガメラによって湖底に沈められたバルゴンはブクブクと紫の泡を出して息絶える。休憩時間、バルゴンが破壊した橋は琵琶湖大橋なのか、近江大橋なのか? というお話を常連さんたちとするけど、結局あれは『漠然とした琵琶湖の漠然とした橋』という事で落ち着く。オールセットですからねえ。




 続く『サンダ対ガイラ』は、もう何も語ることのないぐらいに語りつくされた怪獣映画の傑作。オープニング、伊福部昭の楽曲と荒れ狂う海、音と映像でで何かとんでもないことが起こることを予感させてくれる。実際すぐに起こるんですけどね。




 前半は徹底して海のフランケンシュタイン、ガイラと人間の攻防、そして後半はサンダとの対決とシンプルな構成。前半の見せ場でもある自衛隊によるL作戦シーンは、メインキャストが一切出てこない、まるで自衛隊の疑似ドキュメンタリーを見ているように淡々と進んでいく。



 分かってはいてもガイラは怖い、かっこいい。そして最後の最後までガイラに攻勢を促すサンダは健気である。見直してみてあのサンダは研究所から逃げたフランケンの成長した姿であり、ガイラはその細胞から生まれたものだと確認。よく怪獣図鑑では前作のフランケンの細胞から二匹が生まれた、とか書かれていたので、混乱していたけど、見ればわかることでした。だからやはり、あれは前作のリメイク、リブート的なものなんだな。
 


 クライマックスの唐突な海底火山の噴火で物語は終わるけど、あれは奢れる科学に対して自然が怒ったという解釈でよろしいか。それが『日本沈没』に繋がっていくのです、というのは考えすぎ。


 途中入場とはいえ、怪獣映画はスクリーンで見るのが楽しいなあ、と改めて思った次第。そして今これを書きながら『ガメラ対バルゴン』を視聴中。あかん、面白くて文章書けない。
 



拍手[1回]

PR
 先週は旅行行ったりバタバタしたりで、割と忙しい夏を過ごしました。そんなバタバタの締めが週末に行われた恒例、京都みなみ会館のウルトラ大全集でした。





 しかも今回でウルトラ大全集はいったん終了。ラストにふさわしく、両日ともにゲスト登場。今回は『ウルトラマンネクサス』より主演の川久保拓司さん、そして加藤厚成さんという豪華な顔ぶれ。


 まずは初日の川久保拓司さん。本編では恋人が死んだり、副隊長にどつかれたり、変身できなかったりと、かわいそうな立場の孤門隊員でしたが、お会いすると10年近い年月を感じさせない好青年でした。





 今回はさらに3月のコスモスに続き、プロデューサーの渋谷氏、ダブル司会として東京より円山氏に、ラインナップ制作の志田氏も来られ、皆様のサポートもあり、何とかやり切れました。川久保氏の溢れるネクサ愛、それに反応する、会場を埋め尽くすネクサス世代のファン(ひょっとしたら過去最高?)たち。最終回のセリフ『あきらめるな!』でトーク終了、サイン会へ。ここでも川久保氏は両手でがっちりファンの手を握手。『ウルトラマンネクサス』は大河ドラマ的な流れとホラー要素が入った演出で異色作と言われてますが、異色作ゆえにファンも多く、その絆は固いのだと、実感しました。しかし『ペドレオン』って単語がよく飛び交うイベントでした。



  


 翌日、ウルトラ大全集のトリを務めるのは加藤厚成さん。『ウルトラマンネクサス』の防衛チーム、ナイトレイダー内でも最も目立たない隊員でしたが、その正体は全ての悪の根源、ダークザギだったという意表を突く展開で、忘れように忘れられない存在。



 



 今回も円山氏に渋谷氏が入ってのトークになりました。が、打ち合わせの最中から『来るって』という声がちらほら。え、誰が来るの? 劇中で松永管理官を演じた堀内正美さんが神戸から来る? そんなバカな……来た、松永管理官だ! という事で、トーク本番では加藤さんのムチャぶりでサプライズ登場。これは本当に当日急きょ決まったことなので、お客様も大喜び。加藤氏の『復活の時だぁ!』から始まったトークも無事終了。







 凶悪なザギとは正反対な加藤様の紳士的なサイン会に昨日に続いてファンも大満足。しかも、その後の上映会では堀内氏を含めた3人も一緒に鑑賞。最終回は加藤氏のセリフのたびに拍手が巻き起こる『ダークザギ応援上映会』になったとか。






 上映終了後、ゲストの皆様は控室へ、お疲れさまでした。と、そこで加藤氏の『今みんな帰ってるの? じゃあ……』という発案で急きょハイタッチお見送り会をすることに。最後までファンサービス旺盛な加藤氏に、ファンは驚かされっぱなしだったのではないでしょうか。途中からでしたが、一人一人に『ネクサス!』とハイタッチ。そしてゲスト3人は遅れてやってきた脚本家長谷川圭一氏と共にみなみ会館を後にするのでした。ウルトラの奇跡、絆の力が最後の最後に巻き起こったネクサス祭り! 









 両日販売されていた『ULTRAMAN』のザ・ワンの精巧な塗装済みキット。でけえ!


 
 思えば、プレイベントであるウルトラマンA上映会から一年。慣れない司会ぶりにもたつきつつ、一向に向上しないまま終わってしまいました。正直、会話が飛んだりする事もありましたし、ファンが聞きたい事を聞けなかったりすることもあったかと思います。それでも何とかやり通すことができたのは主催のキャスト社の皆様と、こんな拙い司会を我慢して聞いてくださったお客様、そしてウルトラの星のゲストの皆様のおかげだと思っています。この場を借りて感謝したいと思います、ありがとうございました。それにしてもうちの軽自動車にはいろんなゲストの人が乗ったものだ。





 なんだかぽかんと胸に穴が開いたような感じ。でもまだウルトラの絆は途絶えない。不定期的でもこのようなイベントは続くかもしれませんし、再開すればいいなあ、と思っています。そして10月には早速快獣ブースカのイベントが……。その時、またアウアウな司会をしているのかどうか。その時は優しく見守ってください。




 と、ここで終われない。ウルトラ大全集と共に行われているこれまた恒例の超SDX。今月は『鋼鉄の巨人』『続鋼鉄の巨人』という、新東宝が生んだ日本初の宇宙ヒーロー、スーパージャイアンツが上映。






 あの全身タイツでモッコリな宇津井健の映画です。こんな変化球が飛んでくるのも超SDXならでは。デビュー間もない石井輝男監督のアクション演出に、後に大量のヒーロー楽曲を作りあげる渡辺宙明氏が初めて手掛けるヒーロー音楽と、見どころ、聞きどころも多い作品。それはいいとして、これがラインナップに入った時から『やる?』という宇宙(寝屋川方面)からの声を聞いた。『やるの、本当に?』『やるんだったら、やるよ?』という宇宙(寝屋川方面)からのメッセージ。作家としても大成せず、私生活がうまくいっていない自分にはいつしか羞恥心というものがごっそり抜け落ちていた。心は昔死んだ、微笑みには会ったこともない、昨日なんか知らない。『やるスよ』という返事しかない。それでお客様が和んでくれればいい、それだけでいいのさ、俺は、俺は……。




 時間は少し戻って、『ネクサス』イベント初日。川久保さんのアテントの最中にポン、と渡された段ボール箱。箱には自分の名前が入っている。『そうか、これは一年間の司会を労ってくれたプレゼントか何かかな』と、とぼけたことを考えていた。箱を開けて、すべてを思い出していた。そうだ、ネクサスのことで頭がいっぱいだったけど、これを忘れていた! やるべし! しかし、まだ未完成で、今回は見送ろうという事になった。だったら、明日の上映にでも間に合わせましょう。できる限りで、ダメもとで。そんなことを言いながら、川久保さんトークショーが大盛り上がりで終了。そして上映会の最中、怒涛のようなネクサスのクライマックス、光と闇の戦いにお客様がハラハラ、ウルウルしているその外で、俺も戦っていた『やるべきか、やらざるべきか……』。その瞬間、脳裏によみがえる『あきらめるな!』の言葉。





 そうだ、あきらめちゃいけないんだ! やっつけ仕事でもやれることはやってみよう! とりあえず、スーツを着て、ベルトを締める。この日のために、イズミヤでサポーターがわりの白いビキニを買ったんだ! ハサミ、テープを借りて、スタッフさんの協力もあって、ついに……。


























 完成、鋼鉄の巨人! この巨人はまず心が鋼鉄なのです。でないとこんな恰好できません。さすがに最初は気恥ずかしさもありましたが、そんなものはどこかへ飛んでいきました。『パンツ丸見えですやん』と言われても大丈夫、スーツ着てますから。突貫作業でしたが、見てみると『わりといけるやん』な気分になってしまいました。 
 持たなくてもいい妙な自信を持ち、誰も待っていなかったジャイアンツおじさんの舞台挨拶へ。『あきらめるな!』。さらにそのまま映画鑑賞。




 連続活劇の体裁をとる『鋼鉄の巨人』正続編は、今見るとおかしな言動や宇津井健のモッコリなど、本筋とは関係ない笑いどころがたくさんありましたが、真摯にヒーローものを作ろうと試行錯誤していている感じがひしひしと伝わる。大胆な合成や、ワイヤーや細かいカッティングで見せるアクションなど、見どころも多い。日本初の宇宙ヒーローであると同時に、日本初の『悪の秘密基地』が登場した映画ではないだろうか。広大な敵の基地セットはどことなく後の007シリーズを思わせる。それに賛美歌に乗って去っていくヒーローなんてかっこいいじゃないですか、スタイルはともかく。


 やるだけやったら、あとはいいという精神ではいけない、きちんと休憩中も上映終了後もあの姿でお客様と接することができました。
 そして翌日。一回着て満足というわけにはいかない。二日目からのお客様もいるのだ。しかし、ネクサスゲストがたくさんいる中で、どこで変身すればいいんだ? とりあえず大盛り上がりのダークザギ応援上映のさなかにさっと着替え、上から洋服を着る。そしてそのまま上映終了後のゲストアテントへ。だから最後の加藤氏ハイタッチお見送り会の時にはすでにあの姿だったのです。そしてネクサス上映終了後、ゲストの皆様にご挨拶に伺った際も、そこでいろいろお話を聞いているときも洋服の下はぴっちり白タイツ。だから、なぜこの男は急に着替えているのか、なぜ突然眉が太くなったのか、そのフードっぽいものについたアンテナは何だ? と訝しがられたかもしれません。ゲストも大事、お客様も大事なのです。







 二日目はアンテナを改良しました。数時間前に黒い超人ダークザギがお見送りした後、今度は白タイツの変人がお見送りです。ちなみにこの姿はスーパージャイアンツではありません。権利の関係もあるので、スーページャイアンツとでも名乗っておきましょうか。鋼鉄の変人です。
 もしまた、地球に危機が訪れ、みんなの祈りが届いた時、ジャイアンツのおじさんは星の世界からやってくるかもしれません。そんな世の中になってほしくないですね。




 という事で、頭の中でジャイアンツとネクサスという、『英雄』という共通項以外、混ざることのない者たちが頭の中でぐちゃぐちゃしていた週末でした。
 オマケ。それから数日後、なんばで目撃したアニメゴジラ。噂以上に植物であり、おじいちゃんだった。



拍手[1回]

 思えば、遠くへきたもんだ。いや、何とかやってこられたものだ。ちょくちょくはやってきたけど、まさか月イチでウルトラ大全集、ゲストトークの司会をするなんて。喋りに長けてるわけでも、あふれ出るほど豊富なウルトラの知識があるわけでもない。毎回アウアウしながら、それでも特に大きなクレームもなくやってこれました。お客様の中には『あの質問は何だ?』『あのトークでいいのか?』と思われる人もいたかもしれませんが、まあ、それでも『お前、今月でバイバイな』と言われることもなく、やってこれました。とはいえ、一年近くも続けてきてもいまだにアウアウな司会なのであります。そんなグズグズな司会を笑ってみてくれるお客様の寛容さにただただ感謝するばかりです。


  と、こんなことを書くとまるで終わってしまったかのように思われますが、もうちょっとだけ続くのです。なら書くな。いや、覚えている間に書いておこう。9月のウルトラマンAイベントから始まり、いよいよ来月でラスト。そして先日はアベユーイチ監督の興奮冷めやらぬまま、ウルトラ大全集初のオールナイトイベント『ウルトラ大全集special night』へ。
 ゲストは『ウルトラマンダイナ』ユミムラ・リョウ隊員役の斎藤りささんに『ウルトラマンサーガ』のおかひでき監督。おか監督とはその前日ババジラジオのゲストにも来ていただき、ウルトラ以外の怪獣話で大いに語っていただきました。
 
 まずは今年で放送20周年の『ウルトラマンダイナ』最終回三部作。宇宙の危機と光を受け継いだ者の意味、人類のさらなる前進を描く、SF巨編。劇場でかけても遜色ないスケールの作品であります。
 
 ゲストの斎藤さんは、軽く打ち合わせを済ませるとそのまま劇場へ。他のお客様と一緒に最終回を鑑賞。上映が終わると、すでにリョウ隊員がいるというサプライズ。
 そしてその流れのままトーク第一弾。しかし、斎藤さんは20年前と変わらずお美しい。ウルトラのヒロインは、やはり何らかのエネルギーを浴びているのでは? と思ってしまう。トーク中盤からはダイナで助監督をしていたおか監督にも登壇していただき、当時の思い出などを話してもらう。
 
 
 そしてサイン会へ。ダイナ20周年、当時のちびっこも今は社怪人、いや社会人。それぞれがそれぞれの想いで、並んでおられました。ってサイン会の様子を書くのは反則なので、ここまで。


 トーク中の内容は緊張でアがっているのでほとんど覚えていないのですが、ロビーで斎藤さんが『馬場さん、クラーコフでしたー』と声をかけてくれた。何がクラーコフなのか、説明がややこしいので詳細は省く。


 そして『ウルトラマンサーガ』上映。『ダイナ』、そして『コスモス』の後日談的な意味を持つ作品で、ダイナ最終回から続けてみると、光の中に消えたアスカが帰ってくるとか、意外にすっきりして見れる。斎藤さんはこのまま『サーガ』も鑑賞。上映後はおか監督との『サーガ』トーク。何が緊張するかといえば、ゲストもですが、とにかく舞台の上が苦手なんです。多分、目はキョロキョロと泳ぎ、口はポカーンと開いてるんだろうな、と思います。


 最後は『ULTRAMAN』上映。横文字ウルトラマン、横文字マンである。ウルトラマンノアから端を発する『ULTRA ‘N‘ PROJECT』の一本。とにかく初代ウルトラマンを最初からやり直してみよう、という意欲的な作品。これがテレビシリーズのネクサスへ、つまりは来月の上映につながるのです。



 上映中、外へ出てみると京都の空が白く輝いた。ああ、あれがウルトラの星なんだな……ただの雷でした。


 そしてぽつぽつと雨の降る中、上映は無事終了。とはいえ、8月は怪奇ナイトにウルトラ大全集最終回もあるので、隔週で京都に行かなくてはならないのです。最後まで、しくじらず、何とかやり遂げよう。光は絆だ。いや、絆は光だったかな。



拍手[1回]

 先週末はいつものみなみ会館。今回はウルトラ大全集が『ウルトラマンゼロTHE MOVIE超決戦!ベリアル銀河帝国』、超SDXが『キングコングの逆襲』にオマケが『ウルトラマン怪獣無法地帯』というボリューム満点なラインナップ。そして久々に子供らと合流。平成と昭和の怪獣映画、ヒーローの活躍を見るのでした。


『ベリアル銀河帝国』はウルトラという冠をつけてはいるけど、邦画史上、これ以上ないぐらいのスペースオペラ。これに匹敵するのは『宇宙からのメッセージ』ぐらいでしょうが、あちらは地球が絡んでくるけど、こっちは全く別の宇宙の物語。久々にスクリーンで見たけど、冒頭の惑星エスメラルダの異星感に、まず心つかまれる。とても山口県でロケしたとは思えない。宇宙を股にかけるウルトラマンゼロの冒険と宿敵ベリアルとの対決、ウルトラ映画でおなじみ助っ人ウルトラマンも今回は登場せず、新たな別宇宙の仲間が加わるところも斬新。70年代の円谷ヒーローをリファインした、おっさん泣かせな面々。そしてこの戦いは現在放送中の『ウルトラマンジード』に持ち越されることに。しかし、ジャンボットを操縦していたあの子がウルトラマンになるとは……。



『怪獣無法地帯』『キングコングの逆襲』はテレビの再編集『長編怪獣映画ウルトラマン』との二本立てでちょうど50年前の7月22日が公開日という事で、この組み合わせ。どちらも島にいるキングがお話のメインになっています。しかし従来ならば痛め技である、首投げで倒されるなんて、レッドキングは噂ほどの実力ないのでは? と改めて思う。




『キングコングの逆襲』はとにかく、メカニコングがかっこいい。ゴロザウルスもかっこいい、コングは愛らしい、これに尽きる。曇天の北極の地に立つメカニコングのカッコ良さ。世界一かっこいい土木作業機械なのではないか? 当時流行していたスパイ映画のような世界観+怪獣、そしてロボット。ロボと怪獣と恐竜がそろってるだけで、どうしてワクワクしてしまうのか、実に夏休みにふさわしい作品。

 劇場映画二本にテレビ一本と、まさに東宝チャンピオンまつりのような組み合わせ、今度は子供らのリクエストに応えてあげよう。



 翌日はおなじみウルトラトーク。今回は『ベリアル銀河帝国』のアベユーイチ監督に、飛び入りの岡崎プロデューサーからお話を聞くことができた。そして、ウルトラの絆はアベ監督の思い入れの強い、来月のネクサスへ。


 アベ監督と岡崎プロデューサーは『ベリアル銀河帝国』のあと『キングコングの逆襲』も鑑賞。そういえば、メカニコングから始まったニセモノロボットキャラは、『ベリアル銀河帝国』のダークロプスにも受け継がれているのか。


 トークも上映も無事終了、長かったウルトラ大全集もあと8月だけ。いや、その前に来週もウルトラオールナイトが! ネクサスへの橋渡し『ULTRAMANに』、20周年のダイナ! 正義は何だ、本当の愛は何だ! 早速準備しておかないと。
 

拍手[1回]

 またまた京都。このままでは京都みなみ会館レポートになってしまう。みんなSNSがあかんのや。使いまくってる自分も悪いんや。

  

 先日の京都みなみ会館、ウルトラ大全集は『ウルトラマンマックス』、超大怪獣SDXは『大怪獣空中戦ガメラ対ギャオス』+α。『ウルトラマンマックス』は『わたしはだあれ?』『燃えつきろ!地球!!』の爆笑編2本。シリアスからコメディまで、多彩な監督が入り乱れ、独自のカラーを残していったマックスらしいコメディ回。人間の記憶を消していく宇宙化け猫に、人間のやる気を燃焼させる宇宙人、スカイドンの頃から本当に恐ろしい怪獣はコメディ回に出てくる冗談みたいな連中なのだ。コメディとはいえ、その根っこにあるウルトラの精神を忘れておらず、ギャグから自然にヒーローの活躍への流れはさすが。





 そして『ガメラ対ギャオス』、その前に『緊急指令10-4・10-10/アマゾンの吸血鬼』を16ミリで上映。なぜこれなのか? ギャオスと同じく吸血怪獣が出てくるから。『怪奇大作戦』の対象年齢をぐっと下げて当時流行していたCB無線を絡ませた『10-4・10-10』だが、全体に牧歌的なムードが漂う。恐ろしい事件が起こっているのにどこかのどかな感じ。アマゾン土産のお面に付着していた生物が人間の血を吸って湖で巨大化……。電波特捜隊にとって脅威だったのは、危険なのに湖でダイビングを敢行したがる連中だったりする。16ミリはとても状態がよく、きれいでした。


 『ガメラ対ギャオス』は完全なる悪役ギャオスに立ち向かうヒーロー、ガメラと官民一体になった人類の攻防が気持ちよく、怪獣映画の王道といった雰囲気。作戦立案から実行までの時間が早い! 子供のバカバカしいアイデアをそのまま実行する大人たち。3ラウンドにも及ぶガメラ対ギャオスの死闘に、回転作戦、山火事作戦が盛り込まれて90分弱という尺の短さ。体感時間が長く感じるのだろうか。丁寧かつスピーディーな展開がそう感じさせるのか。シネスコ画面いっぱいに怪獣が並び立つと、なんだか得した気分になります。




 そして翌日も京都。恒例ウルトラ大全集のトークショー司会です。今回のゲストはヒジカタ隊長こと宍戸開さん。一体どんな人だろう、うまくお話しできるかな、というのはいつも思うことで、会ってみればみんないい人ばかりでした。今回の宍戸さんもとてもお話上手で、本番ぎりぎりまで映画の話で盛り上がってしまいました。トークショーもウルトラ愛に溢れる内容、お客様も満足していただけたかと思います。ちなみに宍戸さんの好きなウルトラマンは『アストラ』とのこと。持ち出し厳禁がトークの鉄則ですが、あまりにも意外かつ面白かったので、これは例外とさせていただきました。





次回ウルトラマンレオの上映があれば、ぜひお越しいただき、アストラ愛に溢れたトークをお願いしたいものです。そしてコメンタリ-上映、サイン会へ。サイン会でも宍戸さん自らお客様に声をかけるサービス精神。『ローガン見た? よかったよね、あれ!』
イベントは無事終了、続く映画館の上映でも宍戸さんは残ってくれたのでした。隣に座らせていただき、ここでも生コメンタリー上映を。出演者の方と一緒に出演作品を見るという不思議で贅沢なひと時でありました。


 最後まで盛り上がった上映イベント、でも最後に残ったのはアストラでした。
 
 

拍手[1回]



忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 20
21 22 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析