忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
 前回の昔の怪奇映画から、今回は最新の音楽映画の話。



 話題の『ボヘミアン・ラプソディ』は、イギリスのバンド、クイーンの結成から1985年のライブエイドの模様までをボーカルのフレディ・マーキュリーを軸に綴った作品。フレディはバンドやる前からキャラ立ちが激しいやつだったのか、それは彼の出自によるところもあるかもしれない。しかし彼は仲間と共に自分たちの音楽作りに邁進するのだ。


 クイーンといえば『フラッシュゴードン』『ハイランダー』の楽曲から入って、ベストアルバム辺りを聞いていたぐらいだけど、知ってる曲が流れるとついつい口ずさみたくなる。アニメ、特撮ソングで育った身としては、フラッシュゴードンもそうだけど、勢いのある楽曲が非常に馴染みやすかったのだ。




 70~80年代の出来事、スタジアムでのクライマックス、本物そっくりのキャストということで、『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』を思い出す。テニスとロックという違いはあるが、あれも70年代が舞台で当時の雰囲気とかエキストラ集めるの大変そうだな、とか同じような箇所が気になる。主人公が同性愛な部分も。しかしテニスにせよバンドにせよ、そのテクニックを、真似ないといけない、なりきらないといけない俳優さんはもっと大変だ。




 数々のヒット曲とフレディの未来に劇場ではすすり泣きも聞かれ、パンフレットは品切れという大ヒット。しかし何よりも、個人的には、劇中で世界ツアーの地名が『スーパーマン』のタイトルのようにスリットスキャン風にグイイーンと、飛んで来るところでなんだか嬉しくなった。80年代だ! 


 (例)



『レスラー』でミッキーロークも言ってた、『80年代最高!』と。ガチャガチャでトゲトゲした、70年代から何もかもがすっきりしはじめた90年代。でたらめで纏めようとしても纏まらない感じのする80年代。幼少期を80年代に過ごしたものとしては、クイーンの『フラッシュ! ア・アー!』に自分の好きな歌(アニメ、特撮主題歌)と同じものを感じ、『ハイランダー』で止めを刺された。緻密に再現された80年代の風景のなか、クイーンの楽曲と同じようにグッときたのは、
スリットスキャンで文字がびょーん、なのだ。カッこよすぎて何度もパロディされたあれが、自分の中の80年代だったかも知れない。


いや、そんなことはない。

拍手[1回]

PR
 先日、誕生日でした。



 誕生日には『トゥルーロマンス』のクリスチャンスレイターに倣い、映画を見ようと心掛けているのですが、あいにく今年は仕事だったのでその翌日、映画館へ。気になる映画は色々あるけど、今もっとも気になっていたのは新世界東映で上映中の『怪談片目の男』。今週で上映が終わるし、まずはこれだろうと新世界へ。


 途中、なんとなく立ち寄った中古ビデオ店でトビーフーパーの『スペースインベーダー』を発見。これはこれで素敵な誕生日プレゼント。


 『怪談片目の男』はみなみ会館の怪奇映画祭nightで見た『怪談せむし男』に続く西村晃怪談シリーズ第二弾。このあと9月に見た『散歩する霊柩車』に続くらしい。今回は監督が佐藤肇から小林恒夫にバトンタッチ。



 ある会社の社長が海で死んだ。その遺産を巡り、別荘に集められた男女。そしてそこで一人、また一人と殺されていく。洋館を舞台というのは『せむし男』と同じだが、今回は怪談というよりミステリー。本当に社長は死んだのか、本当に事故死だったのか? 


 神父姿にサングラスの西村晃が、なかなかかっこいい。でも合成を駆使した登場シーンは、怖いというよりおかしい。屋根から階段から、よく人が落ちる映画だった。ホラーではなくサスペンス。確かに二重三重のどんでん返しは確かに怪異といえば怪異。
 モノクロ画面に繰り広げられる、欲望と復讐が混ざりあった世界。しかし西村晃はよく妻を寝とられる。
 貸本マンガを見ているような感覚。なんとも不思議な手触りの映画を見たあと、外に出ると、曇天でモノクロのように見えた。

拍手[0回]

 先週の誕生祭、後日祭の熱狂冷めやらず、昨日オープンしたなんばのストアに駆けつけ、バランクリアファイル買ったりぬりえしたりして、否が応でも盛り上がる新作ゴジラへの期待と不安。それがアニメだろうがアメリカ産だろうが同じこと。
 なので、いつものように初日の初回に『GODZILLA 星を喰う者』を見てきた。





(以下、内容に触れると思います)





正直、不安しかなかった。一作目はバカデカイゴジラアースの登場でおっ! となり、二作目はポスター詐欺のメカゴジラに違う意味でおっ! となった。それなりに毎回サプライズのあるアニゴジ。アニメっぽい観念的な台詞の羅列に何度か睡魔に襲われかけた。





 一作目はまだしも二作目の肩透かし感がすさまじかった。メカゴジラの件よりも、前作と同じ攻撃だったのが許せなかったが、それはまあ、確実なゴジラを倒すプランがそれだけ、という理由があったからなのだが、それでも釈然としなかった。ぶっちゃけ、二作目のガッカリ感が大きかった。先日会った、先にプレミアで見てきた東京のゴジラファンの微妙な表情も気になった。今回もキングギドラは観念的なものとして扱われるのか?





 先日お会いしたゴジラストアの店長が力強く『キングギドラ出ますよ!』と力強く言ってくれたので少し安心したけど、でも……と、ハードルを下げまくったのが吉と出たのか。







 面白い! 相変わらず観念的な台詞の羅列に今度は宗教ネタもぶちこむけど、冒頭からゴジラ出てるし、まずは満足。そして宇宙から飛来するギドラ! 長い! ゴジラと戦ってる! もう満足だ、どれだけハードル下げてたんだ? しかもオリジナルの鳴き声が出る、イメージだけどモスラも出る、ゴジラ絶対殺すマンのハルオの物語として完結している! と書けば、どれだけ前作にガッカリしてたのか? という話になりますが、ここにきて、あぁ、アニゴジは三部作でひとつの物語なのだな、と気付かされるのです。

 小難しい台詞の中にさらっと『怪獣とは?』『ゴジラとは?』という本質を突いてるのも『グタグタいってるけど、分かってるじゃない』とニヤニヤしてしまう。





 変人揃いのキャラクターの中で、唯一ほっとする存在、マーティン博士のある台詞がこの映画をググン、と怪獣映画に近づけてくれるのです。SF、宗教、人間的ドラマ、それにラブ。いろんな要素がそれこそギドラの首の如くカラマリあってたけど、やはりゴジラが出ているからにはこれは怪獣映画なのだ。


 ゴジラを傍観する者、マーティン博士はやはり『怪獣王ゴジラ』でレイモンドバーが演じたスティーブマーチンが元ネタなんだろうな、たぶん。







 入場者プレゼントはドゴラとゴジラのカード、食玩ミニソフビも買い、時間があれば二回目もいきたい、と思うぐらいに満足してました。もうこの設定ならあれでベストだろ、批判してた人は何がアカンかったのかな? 満足しきっているのも、これもまた大宇宙インチキ宗教家メトフィエスの策にはまっているのかも。



 誕生65年、色んなゴジラがいて楽しめればエエのです。いくらでも動かせれるのに歴代で最も鈍重に動かしているのも妙味です。

拍手[1回]

 長いです。先週のことをまとめて書きます。
 まずは先週の木曜日のこと。映画ファーストデーだったので、前から見たかった『遊星からの物体X』を見に難波へ。しかし、上映は夕方より。時間がある、ファーストデーだ、もう一本見よう。何がいい? バーフバリ? 見たいけど、まだチャンスがある。ここはその日が最終日の『スカイライン・奪還』にしよう。物体Xと合わせて宇宙人祭り!
 前作は見てないけど、直接繋がりがあるわけでもない、らしい。ロサンゼルスに巨大宇宙船来襲、人間をどんどん誘拐していく、生き残った者たちはどうする、いかに反撃に転じる? と、よくある話といえばそれまで。この映画の斬新なところは、後半で舞台がタイの森林地帯に移ること! 


 主人公のロス刑事やヒロインの地下鉄運転手たちを乗せたまま巨大宇宙船はなぜかタイへ。なぜか? そこにシラットがあるから! 『ザ・レイド』で一躍脚光を浴びた新格闘術、シラット。多分制作者の中に『ザ・レイド』を見た者がいたに違いない。『今度の映画、シラット入れようぜ!』とばかりに、脚本の後半部分を大きく書き直した、に違いない。巨大UFO、怪獣、ロボ、宇宙人、それにシラット! まるでアメリカンSFアクション映画の教科書のような、いや、大学ノートに書きなぐったようなアイテムがてんこ盛り、クライマックスはシラット対宇宙人!


 一部CG処理されてるけど、宇宙人は着ぐるみ、『ザ・プレデター』に続き、着ぐるみ宇宙人を見るとどこかほっとするのはウルトラシリーズで育ったから? 『フロム・ダスク・ティル・ドーン』のような二部構成、良くも悪くもこうなったのは全部シラットのせいだと思う。『だって、あれもこれもやりたかったんだもん』と悪びれるふうでもない制作者の顔が、うっすらとスクリーン越しに見える、そんな映画でした。早く感想を書かないと忘れてしまいそうだ。
 続いて『遊星からの物体Xデジタルリマスター版』。中学生時代、高熱でうなされていた時にゴールデン洋画劇場で放送されていた、悪夢のような映画。ハリウッド映画のクリーチャーや宇宙人がどこかぬめぬめしているのは『エイリアン』とこの映画のおかげ、と言っても過言ではない作品。1982年公開だから、もう36年前の映画。つい最近だと思っていた80年代の映画ももはや古典の域に入ってきている。



 先日の『ゼイリブ』に続いてのジョン・カーペンター映画。しかし、『2001年宇宙の旅』とか、リバイバル映画ばかり見てますな。デジタルリマスターのおかげか、南極の雪景色はどこまでも白く、合成の粗も見える。しかし、どろどろぐちゃぐちゃの物体Xは色あせることがない気色悪さだ。不定形で、宿主の体を乗っ取るために誰が物体Xなのか分からない。人間に紛れ込んだ異形、というのは『ゼイリブ』にも通じる。閉鎖された南極基地での人間不信になりそうなサスペンス、カウボーイハットにショットガン片手の主人公カートラッセルは、カーペンターが好きな西部劇のオマージュか。そういえば、これのオリジナル版の制作者はカーペンターの『要塞警察』の元ネタ『リオ・ブラボー』の監督ハワード・ホークスだった。カーペンターがこれを作る理由は十分にあったのだ。犬の顔が裂け、腹が割れ、首から蜘蛛の足が生える等々、手を変え品を変え、観客を驚かせてくれる物体X七変化。あれは捕食中の姿なので、完全に乗っ取ったら、宿主の姿に戻るらしい。



 何度も見ているので、出番は分かっているものの『来るぞ、来るぞ』と思わず身構えてしまい、血液検査や腹がバリーンと割れるシーンでドキッとなる。ラストに登場する、全てのものを取り込んだ、通称ブレアモンスターの怪獣っぽいスタイルに救われる。あの牙の生えた巨大な頭部は一体何なのか? 新作をけなすようなことはしたくないが、『スカイライン』よりも断然こっちである。



 宇宙人映画二本を見た翌朝、寝屋川のキャスト社へ。ハイエースに荷物とスタッフのっていざ東京。11月2日の夜は毎年恒例のゴジラ誕生祭。今年は京都みなみ会館がお休みなので同時開催はままならず、東京へ。今回は運転手等のお手伝い。





 今回の上映作品は『ゴジラ×メカゴジラ』『ゴジラVSスペースゴジラ』『ゴジラVSデストロイア』の、ゲストの中尾彬さんにちなんだ三本。池袋ヒューマックスシネマはデカい、広い! 生で見るゲストの中尾彬さんはスマートだった! 『スペースゴジラ』出演の斎藤陽介さんのトークには、橋爪淳さんが飛び入りゲストに! しかし、映画をじっくりと見るよりも、ロビーでうろうろしたり、仮眠を取ったり。しかし……東京まで来てフィルム上映のゴジラ映画を何も見ないわけにはいかない! と、最後の『VSデストロイア』の終盤だけを大画面で。大怪獣がドシンドシンと画面いっぱいに暴れる様はやはり気持ちよいものです。




 夜が明けるとそそくさと大阪へ。休憩を挟みながら、15時ちょうどに寝屋川キャスト社に到着。ばたばたとした2日間は終わった。いや、本番はこれからだった!




 翌4日、京都みなみ会館がお休みの代わりに大阪ロフトプラスワンウエストで『ゴジラ誕生祭2018後日祭〈ジアザー〉』が開催。



『モスラ3』『ゴジラ2000』『ゴジラ×メガギラス』の特殊技術、そして来年オープンの須賀川円谷英二ミュージアムで上映される短編の演出を担当された鈴木健二監督をゲストに迎えてのトークライブ。この日ばかりはロフトがみなみ会館になる、とのことなので吉田由利香館長、それに東京よりいつもお世話になってる中村哲氏、円山剛士氏も登壇、いつもながらのアウアウな司会進行をやらせていただきました。



 後半には84ゴジラのショッキラスのデザインを手掛けた仁科秀昭さんが飛び入りゲストに。怪獣愛、ゴジラ愛、ショッキラス愛に溢れた濃厚な時間でありました。東京土産? のちびゴジラ帽子をかぶりっぱなしであります。
 家に帰って、荷物を片付け『やっと終わった』という心地よい疲労感。これもなんだか久しぶりな感じがします。来年の誕生祭は新生みなみ会館でぜひ!


 そして怪獣誕生月間は終わらない、今月18日はゴジラコミカライズの坂井孝行先生をお招きしてのババジラジオ日曜日開催、それに来月も年末オールナイトに代わるイベントがロフトプラスワンウエストで……。
 

拍手[3回]

 見たい映画は近所でやってない、遠出するならハシゴしてやれ、と京都へ。
 TOHOシネマズ二条で『2001年宇宙の旅』IMAXバージョン。普及の名作、近代SF映画の元祖といっても過言ではなく、50年前の初公開以降、その卓越したビジュアルが数多くの映画やアニメに影響を与えた作品ではありますが、その一方、難解という厄介な映画。わかっているようで分からない、監督も分かってるのか? な映画。


 しかし50年前とは思えない完成された特撮、神経質的な画面構成が大画面で展開されると、もう余計なことは考えず、ただただ映像に魅了され、巨大なスクリーンに飲まれているような感覚を覚える。今回は初公開と同じ上映形式なので、途中で休憩が入る。劇場が明るくなったとたんに緊張の糸が切れ、どっと疲れが押し寄せてくる。まるでオールナイトで映画を見ているような感覚だ。そして後半、HAL9000の反乱というドラマチックな展開からの、あのラスト。押し寄せる光の波が巨大スクリーンを埋め尽くし、観客を飲み込み、見ているこちらもスターチャイルドになった錯覚を覚える。

 観賞後はしばらくボーっとしてしまう。もう、大阪帰ろう。いやいや、そうもいかない。ということで、次は出町座で『ゼイリブ』。


 こちらも30周年のデジタルリマスター版。『ゼイリブ』は日曜洋画劇場の常連映画、というイメージだけど、これが初見。ふらりと街にやって来た労働者の兄ちゃんが、地球人を洗脳し、街を牛耳る宇宙人の陰謀を気付き、立ち向かう! 日雇いVSエイリアン! 


 宇宙人はすでに地球に来ていて、半ば侵略に成功している、という古典的なお話だけど、そこはカーペンター監督、富裕層は宇宙人と結託し、貧困層をこき使っているとか、サブリミナルで地球人に指令をだすとか、現代社会と照らし合わせたような内容になっている。市井に紛れたエイリアンはある特殊なサングラスをかけると正体がバレる、まるでシルバー仮面。SFだけど、リアル。


 主演のロディ・パイパーはプロレスラー、腕力とタフネスでこれに挑む! 前半モタモタ気味で眠くなるとドカーン! ど派手な爆発で目が覚める。サングラスを掛けるかけないで大の大人が延々繰り広げる路上プロレスが最大の見せ場。クライマックスの宇宙人基地殴り込みも、火薬量多め、オプチカル少なめの現場処理撮影。隣の人はすでに人でないとか、一発逆転で世の中がひっくり返るオチとか、『物体X』や『ニューヨーク1997』や『エスケープフロムLA』に通じるところもある。SFを通じた社会批判、反骨精神は相変わらず。しかし、見終わってから釈然としないことも多い。映画館をでて、一服してると、とあるお客さんがポツリ、『……雑でしたね』と呟いた。そう、雑だった。でもその雑味が旨味になっているから不思議。
 その日見た二本のSF映画は寡黙過ぎてなにやりたいか分からない宇宙人と地球に干渉しまくる宇宙人、規模も予算も対照的だけど、どっちも不思議な余韻が残る映画だった。もう一度見たくなるし、売店で売ってたカーペンター読本買えばよかったと後悔。まだチャンスはある。


 その前に『物体X』いつ行こうか。カーペンター映画が二本もリバイバルされるとは、なんて年だ。

拍手[1回]



忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 7 8 9
11 12 13 14 15 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析