忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
 昔、親戚のおばちゃんに『怪獣好きやろ?』と、『かいじゅうになったおんなのこ』という本を貸してもらったことあある。学校に行きたくない女の子が、ある朝テレビで見た怪獣になってしまうという、カフカの『変身』のような児童文学だった。虫に変身したザムザのような悲劇にはならず、子供向けだからハッピーエンドだったんですが、そんなことをふと『シンクロナイズド・モンスター』を見終わってしばらくたってから思い出した。そういや、似てるなあ。
 『GODZILLA怪獣惑星』公開、それにシン・ゴジラテレビ放送といつになく盛り上がる怪獣ムーブメント。少し前からは考えられない、もはやブームではなくファッションとして定着しそうな今日この頃。そんな中『シンクロ……』はひっそりと後悔された。上映館数が少ないからね。少し足を伸ばして見に行ってきました。
 
 ニューヨークから田舎町に戻ってきた元ネット記者グロリア。幼馴染とも再会していい感じに、これから再スタートだ、と思った矢先、韓国に巨大怪獣が出現! しかもその怪獣、グロリアと動きがシンクロしていた! グロリアが右手を上げれば怪獣も右手を、グロリアが踊れば怪獣も踊る。なぜだ? 謎ときと同時進行で進む幼馴染たちとの関係、忘れていた過去の記憶、それに怪獣どころか今度は巨大ロボまで韓国に! 
 謎解きを書いてしまうと内容に触れるので多くは書けない。怪獣になってしまった人間は数多くいるけど、怪獣とシンクロした人間はいない。まるでウルトラシリーズの一編のような映画だ。怪獣による不可思議な事件、ということでウルトラQというよりウルトラマン80を思い出した。人間の思いが怪獣を生むのか、では怪獣が戦うのは誰だ? 
 これは、都会でしくじったとある一人の女性の物語であり、純然たる怪獣映画ではないかもしれない。でも、ソウル市街にぬぼーっと立つ怪獣の姿、逃げ惑う市民の姿、出動する軍隊、やはり怪獣映画か。今までになパターンだから、見ているこちらが戸惑っているのかもしれない。
 
 ゴジラで盛り上がってる人たちにもぜひ見ていただきたい、アメリカン大怪獣映画。本当はゴジラが東京を襲う予定だったと聞けば、劇中に出てくる和風モチーフの意味もなんとなく分かる。怪獣はやはり、日本初の文化だったのか。だからこそ、怪獣には名前がほしかったなあ。

拍手[0回]

PR
 少し前の話。3連休最終日のことである。大阪ではおもちゃイベントがあり、近所のショッピングセンターにはウルトラマンがやってくる。休みの日にイベントが重なるなんて、自分の手安定なシフトの中では珍しいことだった。目の前にはゲームに興じる次男が一人。
『今日どうする?』
 次男はゲームと友達に遊ぶのに夢中だ。もう、親離れの時期かもしれない。逆にこっちが子供から離れていないのかもしれない。子供らを普段見たことないような、あるいは見たくないような場所に連れて行き、見聞を広めさせたいと思っていたが、それももう、自分たち出来るような年齢になってるし、余計なおせっかいになっているのかもしれない。
『今日どうする?』
 

 そして思案の結果、映画へ。アメコミ映画はいまだに親と子をつなぐアイテムだ。見るのは『マイティ・ソーバトルロイヤル』。公開前に原題の『ラグナロク』から邦題を変更をしたことで物議を醸し出した映画だ。まず今更『バトルロイヤル』はないだろ。そりゃ大勢のキャラが寄ってたかって戦うんだから、意味としては正しいけど。でもなあ、という今更感がある。ほら、館内放送じゃ『バトルロワイヤル』って言ってる。それは深作欣二だ。



 
 いつものようにポップコーンとコーラを買って着席。広いシネコンではできるだけ前に座りたい。長い長い、いったい自分は何を見に来たのか忘れるほどに長い予告の後、本編が始まる。マーベルのロゴも随分派手になったなあ。
 で、本編。誌の女神ヘラに立ち向かうソーたちリベンジャーズの活躍と三部作にふさわしい幕の引き方。とはいえ、またアベンジャーズに出るんですがね。



 今までソーのシリーズはビデオでしか見たことなかった。神々の世界での、親子間の争いがいつものパターンだ。時空をこ終えた兄弟喧嘩とでもいうべきか。今回もまた家庭のもめごとで宇宙が大変なことになってる。






 ヘラに一度は破れ、宇宙の果てに飛ばされるソー。そこで意外な出会いが……。





 と、ストーリーを追っても仕方ない。今回は今までほんのりあったコメディ色を前面に打ち出し、ほとんどコントのような仕上がりになっている。ハンマーも壊され、髪も切られたんでふっきれたのか? ネタで笑わせるのではなく、とにかく絵で笑わせる宇宙喜劇。場内にいたちびっこから笑い声が出るぐらいだから大成功と言ってもいいかもしれない。『結局ヒーローがうじうじ悩んでもさ、これアメコミよ、マンガだよ!』と開き直ったようにも見える。





 ソーの弟ロキは相変わらずお上品な裏切りキャラだし、ヘラはなぜか腰をくねらせてやってくる。個人的には髪を下したほうがいい。落とし前のつけ方もどことなく間抜けだ。本当は大変なことが起こってるんだけど、それを感じさせない。みんな陽気でパワフル。でもまた次でまじめになるのかな、そんな思いで映画館を出た。今年はアメコミ映画が多かったけど、どれも良作ぞろい、今回は特に傑作。そして最後の最後にジャスティスリーグがやってくる。




拍手[0回]

 今年も恒例、ゴジラ誕生祭2017。怪獣王のお誕生日を東京と京都で祝おうというこのイベントも今年で三回目。いや、東京はもう少し早いのか。そういや、いつもゴジラ誕生祭の時はウルトライベントと重なって大盛況だったなあ。去年はウルトラマンガイアのイベントだったなあ、今年はウルトラがないので落ち着いた感じなるのかな。


 ならなかった。




 
 3分30秒の短編が28本集まった合体怪獣のような映画『大怪獣チャランポラン祭り・鉄ドン』が京都にやってきた。やはり今年も文化の日前日の京都は怪獣尽くし。


 鉄ドンは映画をただ見ているだけではない。上映前に細かいルール説明のある映画だ。上映後に巻き起こる金返せコールにヤジ。いうなれば応援上映のひどいバージョンだ。そして最後は関係者が登壇して大合唱という楽しいイベント。




 やってくるゲストの数だけでもどこかの映画祭並みだ。しかもこれ、映画一本分のゲスト。



 各監督の怪獣愛の詰まった、力が入ったり抜けたりしたような映像の数々。ひどい、を通り越して素晴らしい。


 上映後は次のゴジラ誕生祭のゲスト、西川伸司先生、坂井孝行先生のサイン会のお手伝い。一緒に手伝ってくれたのは怪獣オタドン。いい人、いやいい獣です。鉄ドンと帰らないマンとも写真撮りたかった。




 そしていよいよゴジラ誕生祭。今回のトークゲストは西川、坂井先生に加え、手塚昌明監督、金子昇氏の『東京SOS』コンビ。とても楽しいトークショーでした。サイングッズ手渡し会も滞りなく終了。そしていよいよ上映へ。


 まずは『モスラニュープリント版』わざわざニュープリントと謳ってるだけあって、本当にきれい。東宝マークが出た瞬間『うわあ』と声が出てしまった。




 そしてその頃、みなみ会館廊下では、坂井、西川両先生が何やらごそごそ……。
 ゴジラ、そして機龍! 上映中に行われる、ライブドローイング! 描いてる様子は誰も見ることができない! すごい、みるみるゴジラと機龍が出来上がっていく! 


 その頃劇場ではモスラ上映中。モスラ孵化から最後までキレイな画面で見たい、と再び劇場へ。
 
 
 モスラ終了後は両先生と総合司会の木原氏によるトーク。と、思いきや、呼び出された。やっぱり登壇するのか。無我夢中でしゃべった気もするし、何も喋ってなかったような気もする。最後にフォトセッション。



 続いては『ゴジラ×メカゴジラ』。その間、西川、坂井両氏による修正、というか付け足し作業がちょこちょこと。坂井先生が権藤一佐を描けば、西川先生は『東京SOS』の機龍隊ゴムボートといった感じ。みなみ会館の扉がどんどんすごいことになっていく!

 最後に『ゴジラ・モスラ・メカゴジラ東京SOS』。最初に見たあのモスラが再び日本へ、という設定。ひょっとしたら代替わりしているかもしれない。続けてみると、世界観のスムーズなつながりがよくわかる。モスラはいいもの、と思ってるけど、第一作見る限りは小美人を追って街を壊した悪い怪獣と見られているかもしれない。その辺の微妙なバランスを『東京SOS』をきちんと描いている。『モスラ』の直接の続編という事で、なかったことになっている『モスラ対ゴジラ』へのフォローも忘れない。
 そしていつしか売り子に。今年も色々と。
 プロだろうとアマだろうと予算があろうとなかろうと、怪獣への愛情は変わらない、そんなことを感じる一大怪獣イベントでした。
 そしてまた、怪獣はやってくる。全国の映画館に、そしてみなみ会館にも。

拍手[0回]


 『男はみんなダークナイトが好き』とか言われてましたが、その前は『男はみんなブレードランナーが好き』と言われたものです。いや、言われてませんが、だいたいみんな好きな映画。とにかくあのごちゃごちゃした街とメカのディティール、ハードボイルドな展開が受けたんです。『ブラスターとスピナーかっこいい!』だけじゃダメなんだよ、もっとちゃんと見ろよ、と言われそうな感じ。でも中学生の時はハリソンは負けるわ、説教されるわ、なんとなく後味悪い映画だなあ、何でもんなこんなじめじめした映画好きなんだろうと思いました。



 そして今年『ブレードランナー2049』である。過去何度も続編が噂されて『舞台がジャングルだ』とかなんとか情報が出るたびに『もうやめたげてよー! あれで終わってるじゃん―』と言われ続け、忘れた頃にポンッと作られた感じ。続編はなかったけど、ディレクターズカットとかファイナルカットは何度かやってきました。そりゃ35年も経ってしまえば、もうどう作っても目くじら立てるようなことはありません、あまりにも長すぎたので、『どうぞお好きに』てなもんです。そして、実際見てみると、まぎれもなくブレードランナーの続編でした。



 前作から30年、あの世界もそれなりの進歩と後退を繰り返していました。でもロサンゼルスは今日も雨、たまに雪も降りますし、ごちゃごちゃした感じは相変わらずです。ブレードランナーであるkは今日も旧型レプリカントを追って街の外へ。そこであるものを見つけたことからトンでもないことになるのです。


 前作同様、『自分って何?』がテーマで、今回は主人公kが事件と自分の過去を追いかけます。長尺を感じさせない展開。悲しい者同士の同居生活。未来って便利だけどむなしいね、というのは前作と同じ。ヴァンゲリスを意識した音楽は、所々でバーーンと鳴ってびっくりします。『これが見たかったんだよ!』という感じではなく『おお、確かにブレードランナー』という感じ。違和感なく前作とうまくつながっています。前作の主人公デッカードも年取ったけど、頑張ってるし、まさかあんなことになるとは。確かに蛇足かもしれないですが、スムーズな流れなので、これもまたよし。



 あまり内容に触れることはしませんが、前作並に映像の情報量が多いです、それと日本語も、バーーン!


拍手[0回]

 昨日はウルトラ大全集から派生したイベント『快獣まつり』でした。正式名称、これでよかったか? 場所はおなじみ京都みなみ会館、ゲストは満田かずほ監督に快獣ブースカ。しかし、先週に続き週末に限って台風が接近。当日はあいにくの雨模様。どれぐらいのお客さんが来るのだろうと会場へ。



 会場へ着くとおなじみキャストさんと円谷さん、それに物販のクレイジーバンプさんといつも以上に大所帯。そんな中、元パチンコ屋である、廃墟と言ってもいいかもしれない会場を興味深げに歩いている高齢の男性。あ、満田監督だ! 初期ウルトラの演出を手掛けられたレジェンドがもう、先に来られていた! いつもなら会場着から、ゲストさんをお迎えに上がるパターンだったので意表を突かれてしまう。それに大雨のため、みなみ会館を控室にするのも困難という判断らしい。会場後ろに仕切りを敷いて、そこで軽く打ち合わせ。



 そして開場、くるわくるわ、大雨の中、それでも満田監督&ブースカに会いたいファンの方々が! しかもちびっこに女性が多いこと、これもブースカという可愛いキャラだからこそ、かもしれない。本編は見てなくても、動くブースカを見たことがなくても、あのキャラだけは知っている、そんな人もいたはず。




 いつものごとく、軽くあいさつしてから満田監督、そしてブースカを呼んでフォトセッション。じかに見るブースカはとてもかわいい。いいい年して『かわいい』なんていうべきではないけど、ブースカは本当にかわいい。そりゃ女子人気高いわ、と再確認。なんとこの時ブースカがしゃべった! ブースカさんはさすがイベント慣れしてるだけあって、客いじりも大変上手。でも、頼むからアドリブがとても苦手な自分にだけは降らないでくれ、と事前にこっそりお願いしておいた。



 そしてトーク、コメンタリー上映へ。一年やってきたけど、やっぱり緊張するものです。しかし、満田監督は当時のことをよく覚えておられ、とてもおしゃべりが上手な方なので、大変助かりました。ゲストがたくさん喋って、司会はタダ相槌を打つだけなのが理想だと思っていますので、今回はベストだったかも。
 コメンタリー上映『飛んできた遊園地』は、満田監督チョイスの一本。大作少年のためにブースカが何とか遊園地を作ろうと奮闘するお話。市役所に掛け合うも、けんもほろろに追い返されるくだりは『生きる』をおもわせる。なんとか遊園地を作ろうとアルバイトに精を出すブースカ。バイト衣装のブースカがまた可愛い。そして物語は『笑わない男』のお話が絡み、先が見えない展開へ。しかし、そこで物語がうまくまとまっていくのがさすが。いささか強引かもしれないけど、どこまでもファンタジックなお話でした。
 満田監督が何度も上映をストップし、解説してくださるサービス満点な上映会でした。そして上映の後は恒例、サイン会、ブースカ撮影会へ。ブースカと並ぶ時、みんな子供のようにはしゃ いでるのが印象的。



 トーク&サイン会も無事終了、続いては2階の映画館で『アニメちゃん』上映。『アニメちゃん』とは? 1984年公開『ウルトラマン物語』の併映作品で、今までソフト化、再上映、テレビ放送もなかった幻の作品。ブースカ、カネゴン、ピグモンの三大ユカイジュウが人間社会に出て大騒動、という旧ブースカの世界観を引き継いだような作品。監督は『ウルトラマン80』、ガメラシリーズの湯浅憲明なので、まじめに面白く子供を喜ばせようと作られている。コメディリリーフの大人たち、そして時代の空気感、流行のギャグを取り入れるセンスが『宇宙怪獣ガメラ』を思わせる。お話はパソコンの故障で実体化したブースカたち、アニメちゃんたちの家に居候になり、家計を稼ぐためにアルバイトに精を出す前半、そしてコソ泥騒動に巻き込まれる後半というパイロットフィルム2話分のような構成。ブースカの声が旧作と一緒(高橋和枝)で、実質ブースカが物語の中心となっているのでこれはもう80年代に作られたブースカの新作と言ってもいいかもしれない、カネゴン、ピグモン、ごめんよ。今からでも遅くない、ブーカーピートリオでまた何かやってほしい。
 



 小学生と張り合う、年齢が見えないアニメちゃん、いじめっ子の『筋肉を落とした花山薫』のようなムチムチ過ぎる健康優良児っぷり、獅子の瞳をなくした真夏竜のおとぼけ演技、そして漫画家出門英に、怪獣ハンター30年の左とん平、人間の方が怪獣よりも不思議な存在だ。『チャックついてんじゃないの?』というメタなセリフもバンバン出てくる時代のおおらかさ。これが毎週放送されてたら、日本の歴史はまた変わったものになったかもしれない、そんなことを思わせる一本だった。



 娘に『スーツって言いそうになった?』と聞かれるも、そんな夢壊すようなこと言わないよ、と車を飛ばし、帰路についた、素敵な快獣の日。いつしか雨はやんでいた。



 そしてまた、京都に行くんですな。


拍手[1回]



忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 20
21 22 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析