忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14]
 いよいよ夏も終わりそうだけど、まだまだ暑い。
 土曜日は京都みなみ会館恒例の夏行事『京都怪奇映画祭NIGHT3』でした。
 今回は『呪いの館血を吸う眼』『HOUSE』『学校の怪談2』の、建物に入ったらひどい目に遭う怪奇映画3本に、特別上映は、妖怪退治の変身時代劇『白獅子仮面』といういつもながらの怪奇ごった煮な構成。
 

やる気満々のみなみ会館。スタッフさんも怪奇コスプレだったよ。
『白獅子仮面』は70年代変身ブームの際に生まれた京都の撮影所で生まれた時代劇ヒーロー。必殺シリーズでおなじみ京都映画製作なので、どこかで見た街並みがたくさん見られる。怪人は同タイプが複数登場し、かっこいい立ち回りを見せてくれる。けど、どこか編集が間延びしてる気も。たった1クールと短命ながらも、全話見てみたい欲求にかられる不思議な作品。
 

『血を吸う眼』は、とにかく岸田森の物言わぬ吸血鬼が素晴らしい。静かにぬっとあらわれるも、やるときはやる男。『うがー』『キュラー!』と叫びながら怪力をふるう。怪しげな湖畔の風景、もっと怪しい洋館のたたずまい。泥くさい日本の怪奇映画にモダンホラーの色を塗った作品。5歳の娘に惚れたけど、性癖(吸血癖)を知った父によって長年監禁されていた悲しき吸血鬼。能登半島の吸血鬼というのも和洋折衷な雰囲気を醸し出している

 
『HOUSE』は、もう何度も見たので正直寝てやろう、と思た。だって翌日は朝から仕事だったから。でも見てしまう。大林宣彦監督のいい意味でのフィルム遊び、映画ゴッコはついつい眠るのを忘れて見入ってしまう。コミカルでファンタジックでよくわかんないけど怖い映画、そして愛と猫の映画。こちらも日本的な泥臭さを排して徹底的にコミックにてしようとしているが、その根っこは『化け猫映画』という日本の古典ホラーの大胆なリファインだったりする。
 ごった返すロビー。トイレも物販も並んでる。もう、今回は何もかもあきらめよう。暑い。多分俺だけ暑かった。
 今回のゲストは『学校の怪談』SFXプロデューサーの中子真治氏。木原浩勝氏の司会で知られざる製作秘話を堪能。ホラーでなく怪談、そしてモンスタームービーという言葉に納得。
 
 そして物語の開幕と同じく4時44分より『学校の怪談2』上映。初めは相容れない子供同士、それに子供と大人が遭遇する怪奇と戦慄の冒険譚。とにかく叫ぶ、逃げる映画である。戦わない、逃げる、頭を使う、仲間と協力する。そして怖いけど憎めないキャラクターたち。
 ラストの爽やかさとロケーションの勝利、あくまでも大人であり、犯罪者である主人公、野村宏伸。この手の映画にありがちな怪異に遭遇して改心するようではだめだ。
 上映終了後はスタンディングオベーションが巻き起こり、場内のみんなで中子氏を取り囲む。徹夜明けの疲労もなんのその、映画と同じように爽やかな怪奇映画祭だった。
 で、俺は先週みなみ会館スタフと雑談している時に誰に頼まれたわけでもないのに『やらねば』という気になっていた。何を? 怪奇な仮装ですよ。お金をあまりかけずにできるもの、ということで『血を吸う眼』の岸田森に扮して場内をうろうろしていたのですが、これが全く似てなかった。しかも衣装が暑かった。顔に塗った塗料が溶けて顔がまだらになっていく。なぜ、こんなことをしたのか、自分でもわからない。これが今回一番の『怪』だったかもしれない。

拍手[1回]

PR
 思えば、第一作が公開されてから16年。長いような、短いようなシリーズである。昨日『ファーストジェネレーション』をテレビで見て、やっぱり気になるので、朝イチで『X-MENアポカリプス』を見に行く。古代エジプト時代に生まれた最初のミュータント、アポカリプス委が復活。Xメンは、この最強の敵に立ち向かう……とかくとまるで漫画だが、もともと漫画原作なので支障はない。とにかく、旧シリーズから、『ファーストジェネレーション』から始まる前日譚まで、細かく設定やら時間軸が変わっているので、このキャラは前作でどうだったか思い出すのに一苦労。何より大勢のミュータントが、まるで運動会のように入り乱れて戦うのがこの映画の売りでもあるから、大変である。それでも『ネクストジェネレーション』のフィルムを使ったり、なんとなく前作『フューチャー&パスト』に繋がっていそうでそうでなかったり。このシリーズは1プラス1=2、ではなく3にするための大いなる後付と答え合わせのシリーズなのだともうと納得する。



 昨日見たのが特撮ほとんどなしの40年前のSFだったのに対し、こちらは大予算で特撮を駆使して異能力者バトルを描く正統ハリウッド映画。細かいことは抜きにしても、マグニートーが楽しそうにあのヘルメットとマントで空をふわふわ浮かんでいるを見れるだけでも満足なのです。
 最強の敵アポカリプスの大物かつ、小物な感じ。どっちだよ、と思われますが本当にそんな感じ。いいところまで行ったんだけけどなあ。
 これで前日短シリーズも最終作、この後、シリーズ第1作に繋がるのかといえば、いろいろと設定やら時間軸も変わっているので、そうもならないのもこのシリーズの特色。それでも全sカウを見返したくなる不思議な映画。しかし、あの人はいつも捕まってばかりのような気がするが、皆勤Xメンなんだなあ。

拍手[1回]

 昨日、そこへ行こうと思ったのは、ふとしたきっかけである。漠然と行きたいな、どうしようかな、と思っていた時、ふと立ち寄った古本屋で見つけた雑誌『OUT』のSF特集。もともと情報誌だった『OUT』が『宇宙戦艦ヤマト』の特集を組んだところ大当たりしたので、アニメ誌になっていった。そんな話を聞いたことがある。手にしたのも、そんな頃の『OUT』だった。
 
 


 ヤマトだけでなく、内外のSF映画の特集を組んでいる。『スターウォーズ』が来るか来ないか、そんな時期のSF特集だ。そこに、その映画の紹介もあった。たった2ページだったが、それに背中を押された気がした。そして、京都みなみ会館へ。今年亡くなったデヴィッド・ボウイの追悼も兼ね、そしていつもお世話になってるみなみ会館が上映権を取得したという『地球に落ちてきた男』だ。
 水資源が枯渇した惑星から地球にやってきた異星人、デヴィッド・ボウイが、地球にやってきて、自分の持てる技術を使って大金持ちへ。そして自らの星へ帰還すべく、宇宙船を建造するも、飛躍した技術革新を恐れたアメリカ政府によって……というお話なのだが、時間軸が前後したり、イメージカットが入ったり、説明不足なシーンがあったりでかなり難解にも見えた。今紹介したあらすじも間違っているかもしれない。
 水のない星から来たので異様に水分を欲するデヴィッド星人は、『ジャミラになれなかった男』にも見える。しかし、ジャミラになっても待ち構えているのは悲壮な最期だけだ。この映画は悲惨そうにも見えるが、どこか抜け目なく見える。思惑が外れたデヴィッド星人の迷走が長いので、かなり疲れる部分もある。いつ終わるのか? と不安になってくる。水木しげるの短編にも似た淡々と、つながってなさそうでながってる、そんな印象にも見えた。悲惨な目にあっても、主人公は気を落とすことなく、いけしゃあしゃあと今を生きてる。
 映画として物語を追うのは困難かもしれないけど、デヴィッド・ボウイの2時間強のプロモフィルムだと思えば、悪くないかも。ただし、彼は歌わない。劇中で音痴っぷりを披露してるけど、最後にレコードデビューしてた。様々なファッションに身を包み、時には全裸になってファンにアピール。メイクしてなくても、彼の病的なまでのルックスは宇宙人のようだ。



 そういやスターウォーズ登場以前、70年代のSF映画ってやたらと金かかってない、アイデア一発勝負の作品が多かったなあ。この映画も特撮には金かかっていない。デビッド聖人の故郷での姿と、奇妙な列車(宇宙船?)ぐらいである。
 
 水よりもアルコールを、故郷の妻よりも地球の女を選んだために、デヴィッド星人は没落する。ようにも見えたけど、それはそれで『まあ、いいんじゃないかな』という雰囲気もする。
 かつてプライベートで京都に滞在したこともあるデヴィッド・暴威の映画を京都の映画館がリリースするというのも妙な縁か、そういえば劇中でもやたらと日本趣味なセットや歌舞伎バーみたいなのが出てきたけど、あれもデヴィッド星人の趣味だったのかな。

拍手[0回]

 ・世間はすっかり夏休みだけど、そんなことお構いなしにいつも通りに働いています。入院していたのが嘘のようですが、食事には気をつけて、ゲッソリやせたこの体型をキープしたいと思っています。



 そういや前回はまだ入院中だった……そんなことを思いながら向かった先は京都みなみ会館。今月は『透明人間』『エスパイ』のいのうの特撮人間大会。


 『透明人間』はゴジラ第一作と同じ昭和29年公開作品。復興しつつある東京で、いまだに忍び寄る戦争の影。軍事目的で生み出された透明特攻隊の生き残りが、盲目の少女のためにギャング団と戦う……。透明であるため、普段は白塗りのピエロに扮している透明人間・南条。白塗りメイクを取ると姿が見えなくなる、というのは従来の包帯ぐるぐる巻きの透明人間像を覆すデザインであり、普段から白塗りのサンドイッチマンなら怪しまれないという逆転の発想。怪事件を追うマスコミ、クラブにギャングと、のちの変身人間物のフォーマットがここで確立されている。ラストが物悲しい、ゴジラと同じく、戦争の悲劇が生んだ異端の物語。



 
 『エスパイ』はその名の通り、超能力スパイと、人類を根絶やしにしようとする悪の超能力者。敵も味方も濃いメンツぞろい、海外ロケも敢行し、スパイものの雰囲気ばっちり。だけど、超能力描写が実に地味なので、こいつら大丈夫か? と思うところも多々あり。水戸黄門でのイメージしかなかった由美かおるもこの時は実に綺麗で、得意のダンスも披露。そういや、『透明人間』もダンスシーンがあったなあ。異能ゆえに迫害され、悪の道に走ったものと、それを平和利用するものの対立というのはX-MENのようでもあるが、超能力が地味なんだ。


 そして翌日は子供たちと『シン・ゴジラ』3回目。これで子供らにネタバレできるし、あれとかアレのおもちゃも見せれる。ついでに、梅田阪急で展示されてる巨大ゴジラフィギュアに阪神百貨店の古本市も行ってみよう、と久々の梅田へ。3回目は子供らの反応見つつ、にやにやと鑑賞。しかしすごい映画である。岡本喜八の大作映画のエッセンスも取り入れつつ、宮沢賢治やその他もろもろをぶっこんでくる。たくさんのフックを用意しつつ、実はそれはフックでしかない場合が多い。それでも気になる。ああ、『エヴァンゲリオン』の時と一緒だ! ゴジラのようでいてゴジラではない、しかしあのカタルシスはばっちりゴジラ映画である。何度見ても中盤のあれとクライマックスのあれは胸躍るものがある。


 子供らが『あれ何?』『えぇ!』とリアクションとっていたのが楽しい。


 
 阪急梅田のゴジラは茶屋町のゴジラと同一のものと思われる。


 古本市でVSデストロイアのムック購入。ボロボロだけど、安かったのでいいや。

 帰りの車内でおもちゃいじりながら子供らとあれこれ話す。あれは何だったのか、あれはどういう意味だったのか。そんな感じで家に帰ってからもパンフ広げながらワイワイやれるほどに面白い映画だった。子供らも大満足でよかった。そして、また一人で行ってみようか、と思ったりもする。
 

拍手[0回]

 果たして俺は、『シン・ゴジラ』を見たのだろうか? 初日はあまりにも目まぐるしい展開に怒涛の見せ場、呆気にとられながらも大満足といった感じだったように思える。もちろん、一回では終わらない、この先何度も見るだろう。子供らとも約束してるし、行かねば。いつ行くか? そして梅田茶屋町のMBS毎日放送にシン・ゴジラの巨大モデルが展示、とのこと。じゃあ、まとめて見ましょう。
 
 ということで、巨大モデルの写真を撮りまくってきた。後ろからの圧倒的ボリューム。まだ準備中だったが、ご厚意に甘えて撮らせていただく。なれなのか、不細工だ気持ち悪いだ、ハンバーグみたいな顔だと思ったシン・ゴジラがかっこいい。どういじってもゴジラに見えるから、デザインとは不思議なものである。
 茶屋町へは、映画の後も訪れてみたが、他にお客さんがほとんどおらず、やはり写真を撮りまくる。ほかには歴代ポスター展示だけ、という少々寂しいもの。『VSメカゴジラ』の時は、もっと派手に展示やイベントをしてたのになあ。
 
 そして2度目の『シン・ゴジラ』へ。梅田の劇場はスクリーンがでかい、ポッポコーンもでかい。おまけに予告編が多すぎて、いったい何を見に来たのか一瞬忘れるほどだ。
 
 これからはやや内容に触れることを箇条書きで綴るので、ご容赦願いたい。物書きのくせにゴジラのことは、好きすぎてまとめられない、ということで。



 シン・ゴジラはまっとうすぎて異色に見えるも立派なゴジラ映画、怪獣映画である。そもそもゴジラシリーズなんて今まで異色作だらけだ。その中だと、かなりまともな内容になっているように思える。完全に前半は災害シュミレーションだから余計そう感じる。


 初見時は、ほとんど内容を知らなかったのと、テンポよく進む内容についていけず、少し感じた違和感を抱いたが、今回はじっくりと見ることができる。相変わらず官僚関係は専門用語に、いささかアニメ的なセリフの応酬だが、気にならない。ただ、人間激昂した時、テーブルをドンッとは叩かんよなあ。
 
 ゴジラ初登場のアレは異形中の異形。しかし、そこで昭和29年の第一作ときっぱり手を切って、完全なるリセットに成功している。とはいえ、オマージュ、リスペクトは数知れず。何よりもここぞというときに流れる伊福部メロディは嫌味なく、大惨事の中、ゴジラが恐ろしくもあり、頼もしく感じるのは、効果音が従来の怪獣映画のそれをそのまま使用しているからだ。耳慣れた音、音楽が流れると人間安心するものだ、と思う。
 
 
 怪獣映画だけでなく、前にも書いたように『日本のいちばん長い日』『激動の昭和史・沖縄決戦』の岡本喜八監督作品も参考にしている。ドキュメントタッチで事件を追うスタイルはまさにそれだし、細かいカット割りやカットのインサートの仕方も岡本喜八っぽい。それよりも、初見時に気づかなかったのだが、写真出演とはいえ岡本監督が重要なキーマンとなっている。そういや、岡本監督は首長流と少年の交流を描いたアニメ『遠い海から来たCOO』の脚本やってたなあ。もともと実写でやりたかったそうだが、まさかあのゴジラは……と深読みしすぎてしまう。と、いうことは次回作は民衆の目から見たゴジラ事件という『肉弾』もありかな。
 
 しかし、ここは海から来た黒い奴と大騒ぎする『ジャズ大名』がベースという珍説を唱えたい。アメリカから静岡の某藩に流れ着いた黒人たちを藩主はどうしたか? というのも深読みしすぎか。
 
 この映画は余計なドラマを排除した分、事件に追われる官僚と、ゴジラの圧倒的強さを存分に描いている。ここまで容赦のないゴジラは初めてかも。『ゴジラはかくあるべし』という制約を逆手にとたせて位にうならされる。旧態依然としたゴジラ像ばかり追いかけてきたファンにはこれは斬新。リファインという意味では『VSビオランテ』のゴジラを初めて見た時の感覚に近い。ぬぼーと立っているだけのゴジラがまさか……である。恐ろしいが、とても美しく、かっこいい。
 
 戦闘車両よりも働く乗り物が強い、という皮肉。そして自衛隊は直接被害にあわず、ゴジラにやられるのはアメリカ軍のみというのも、自衛隊が全面協力しているから、配慮した結果なのかもしれない。でもそうは見えない構成の妙。
 若手俳優もいいが、いい顔したおっさんたちの活躍する映画でもある。
 あと……今はこれぐらいしか思いつかないが、とにかくゴジラは全く新しくなって帰ってきた。平日でもほぼ満員だった劇場の様子を見ればよく分かる。『あのゴジラ』ではなく、まさに『シン・ゴジラ』がやってきた。この夏、あと何度か見る予定だけど、そのたびに印象が変わるかもしれない、不思議な映画である。
 
 そして、そんな日に『シン・ゴジラwalker』重版出来の報が! やったぜ!
 
 

拍手[2回]



忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 17
18 19 21 22 23 24
25 26 27 29 30
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析