忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]


 終わるんだけど、まだまだ終わらない京都みなみ会館。先週のオールナイトに続いて、先日は爆音上映枠での『キングコング対ゴジラ』デジタルリマスター版上映。今回は超SDX枠ではないが、この場所で上映する最後の怪獣映画。


 駐車場から、映画館の音が漏れて聞こえる。それほどまでに爆音というのはすさまじいものか。階段を上ると骸骨がお出迎え。これはカナザワ映画祭のギミック上映に使われたもの。この日は満員御礼、ロビーには人があふれかえり、熱気がすごい。



 超SDXのキャスト社の物販も少々。もうロビーで怪獣グッズを売る光景もしばらく見れないのか。


 怪獣映画のストロングスタイル、プロレスを意識した日米怪獣対決にエコノミックアニマルと言われていた日本のサラリーマンのドタバタをミックスすることで全2作とがらりと作風が変わりつつも、以降の作品に大きな影響を与え、怪獣対決もののフォーマットを築いた『キンゴジ』については、さんざん語られてきたので、ストーリーに関してはここでは割愛。とにかくデジタルリマスター版は奇麗、美麗で華麗。完全版DVD、ブルーレイは発売されているものの、記憶に残っているのは、16ミリプリントをつぎはぎしてところどころ色味がおかしいVHS版なので、その淀みないつながり方に驚いてしまう。『昭和の色』というか、当時の色合いがそのまま出ている、という印象。そして何よりも爆音ですよ。オープニングの♪ドンドンドンドンという太鼓の音で場内の空気がびりびりと揺れる。足の裏から振動が来る。爆音はただ音が大きいというだけでなく、背景の細かな音も拾って引き延ばしてくれているので、とにかく情報量が多い。ゴジラとコングが吼えるたびに空気がしびれる、伊福部メロディは足から来る。何もないシーンでも足元がぶるぶると揺れるので、すげえと思ったら、隣の人の貧乏ゆすりだった。どこまで足広げてるんだ。わかっていてもクライマックスの富士山対決はゾクゾクとし、最後には爆音にも負けない大拍手。

 もうここで怪獣映画が見れないのか、としんみりしたのは帰宅してから。とにかく上映中は興奮しっぱなしの爆音上映でした。もし次があるなら佐藤勝サウンドが炸裂しまくる『ゴジラ対メカゴジラ』か、とにかく騒々しい『ゴジラファイナルウォーズ』を爆音で見てみたい。

 外の掲示板にはもう、次の映画のポスターはなかった。そして映画館の思いでのボールペンとブロマイドセット。終わるけど、まだ終わらない。最終日まで、みなみ会館にお世話になります。

拍手[3回]

PR


 いよいよその日がやってきた。京都みなみ会館、現場では最後の超大怪獣大特撮大全集SDXオールナイト。『連合艦隊』『ゴジラ』『シン・ゴジラ』の会議だらけのヘビー級3本立て。いずれも戦争、怪獣という国難を前にした群像劇で、3本ともそれぞれ共通項があるような、ないような。

 

 最後にふさわしいゲストは、『シン・ゴジラ』の樋口真嗣監督。


 本当は中野昭慶監督と昭和、平成Wゴジラ監督の予定でしたが、中野監督の体調不良につき、今回の来場は中止になりましたが、みなみ会館再開の際はぜひ来ていただきたいものです。


 3年間ほぼ毎月書いてきたうろ覚え新聞も今回でいったんお休み。なのでここでの思い出に、入場時に新聞を配らせていただきました。最後まであきらめずにやろう。


 みなみ会館のお向かいで火事が起こり、救急車や消防車がたくさん駆けつけるという中行われた樋口監督トークショーは捧腹絶倒、その後のサイン会もスムーズに進み、いよいよ『連合艦隊』へ。大スクリーンで見る戦艦大和の最後はかなりの迫力でした。『84ゴジラ』では映写トラブルもありましたが、それすらもイベントに変えちゃうお客様の温かさ。ちょっと時間も押して『シン・ゴジラ』が終わった頃には朝の9時。オールナイトというより、ちょっとしたモーニングショーでした。

 バタバタしながらもなんとか終了、終わってしまえばなんだか寂しくなるものです。もう、ここで怪獣映画とか怪獣物販に触れることはないのか……。思えば4年間、ここでたくさんの怪獣映画を見た、というより遊ばせてもらったなという印象。映画館のロビーで怪獣のおもちゃを売ってる、まるで祭りみたいだ! とはしゃいでいた4年前。

 今回も物販は充実、男子トイレの行列もいつものこと。その中で異彩を放つ、みなみ会館の隠し武器『吉田館長ブロマイドくじ』! あの樋口監督も『今日最大の衝撃!』と仰ってました。普通映画館の館長のブロマイドなんか売れないよねえ。でも完売。

 オールナイトを終えたお客様が帰る中、もういっそこのまま残ってしまえと怪獣の次は時代劇。この場所では最後の市川雷蔵映画祭『眠狂四郎女地獄』へ。大映時代劇をスクリーンで見れる、しかもみなみ会館で! いつも見たいみたいと思いながらもかなわなかったので、このチャンスに見ておこうと思いました。


 旅の途中、お家騒動に巻き込まれる狂四郎。二人の剣客、次々と繰り出される罠に大ピンチ。いつもはウェットな作風ですが今回はかなりドライ。ライバルキャラが二人も登場し狂四郎に勝負を挑んだり、どこか座頭市っぽい印象。女地獄というよりも男地獄。そして毎度のことながら、狂四郎は罠にはまりすぎ。うとうとと、まさに眠りにつきかける中、何とか見終わり、その足で職場へ。もちろん、その日は仕事になりませんでした。

  超SDXはこれでおやすみですが、みなみ会館にはまた行きそう。それに別枠で、週末には爆音キングコング対ゴジラが。最後の日まで、お世話になります。

 

 

拍手[2回]

なぜか勝手にネットが閉じてしまい、何度も書き直してしまう状態に。コピーしておけばよかった。なので、もうグダグダ書かない、簡略して描きます。


  ウルトラ大全集の翌日、昨日は再び京都で『劇場版ウルトラマンジード・つなぐぜ!願い!!』と『希望のかなた』を見る。『映画』という共通項しか見当たらない二本だ。


 『ジード』は沖縄を舞台にジード、オーブ、ゼロにジャグラス・ジャグラーが、人工生命ギルバリスと激突! 坂本監督らしく、巨大戦も等身大戦でも肉弾アクション満載、ウルトラマンは全フォーム披露にウルトメィトフォースゼロの久々の登場と、盛りだくさんな内容。ウルトラ映画というより、それぞれの見せ場を均等に作った『スター映画』なんだなと実感。沖縄の青空の下守護神グクルシーサーとギャラクトロンの激突は『ゴジラ対メカゴジラ』を、ゲスト出演のジャッキーちゃんのくだりは『笑拳』を彷彿とさせ、ウルトラ以外の見せ場も短い尺の中にぎゅうぎゅうに詰め込まれておりました。

 くよくよしていた主人公のリクが、仲間の愚痴をこぼしながら回復するのが斬新。公開三日目なのにパンフ売り切れで、改めてウルトラ人気の高さを思い知りました。


 続いてみなみ会館で『希望のかなた』。戦火から逃れてきた難民の青年をなんとなくかくまい、なんとなく彼のために尽力するレストランのオーナー&従業員。昨年の作品だけど、90年代からカウリスマキはぶれない。酒、たばこ、バンド、異邦人、それに犬。どこかとぼけたキャラクター達。ぼけてるのか真面目なのか、ドラマなのかコントなのかわからないのでとりあえず観客が心の中で突っ込むフィンランド新喜劇。新しいけどどこか古臭さを感じさせる作風は、築55年のみなみ会館にはぴったり。今度からこんな素敵な作品群をどこで見ればいいのか。みなみ会館再開の暁にはぜひとも新作含めてカウリスマキ作品を上映してもらいたいものです。






拍手[1回]

『やってもらいますよ』

 どういうニュアンスで言われたのか、今では定かではありませんが、一昨年の10月、ガチガチ、あたふたしながら京都みなみ会館の一階、パチンコラスベガス跡で行われてきた『ウルトラ大全集』。
  


 毎回レジェンド級のウルトラなスタッフ、キャストさんとアウアウな聞き手を務めてきましたが、みなみ会館の一時閉館という事もあり、それも先日でいったん終了。拙い司会でしたが、『あいつ、今月でバイバイな』と首を斬られることなく続いたのはひとえにゲストの皆様とこんな自分でも受け入れてくれたお客様のおかげだと思います。それに、元々話し上手でない人間をどういう理由か聞き手に取り上げてくれた寝屋川キャスト社様にも感謝。いつもいつも中途半端に終わっていた自分が、休むことなく最後まで完走できたのが快挙なのです。

 現地では最後のウルトラ大全集、トリを務めるためにやってきてくれたのは、21世紀初のウルトラマン(コスモスが先?)、ウルトラマンネオス。その変身者、カグラ・ゲンキ役の高槻純さん、それに、シークレットゲストとしてネオスの相棒セブン21に一度だけ変身した、おなじみロバート・スコット・フィールドさん、そしてその変身後のウルトラセブン21もやってくるという最終回にふさわしいもりだくさんな内容。

 いつものようにゲストのお二方の軽妙なトークで会場は大盛り上がり、サイン会も滞りなく終了、そして2階劇場ではネオス本編の上映へ。毎回のことなのですが、視界が拙い分、本当にゲストの方々に助けられました。そして、イベントが終わると何を聞いたのかほとんど覚えていないというのも毎度のこと。そんなことも4月からなくなってしまうのか、予習のためにレンタル屋で該当作品を借りたり、会場の彩りになれば、とショップでソフビを探し回る日々ももうなくなるのか、そう思うと寂しい気もします。



 でも、ウルトラマンは不滅です。みなみ会館再開の暁にはきっと帰ってくるでしょう。『帰ってきたウルトラ大全集』が実現した際もまた、アウアウな司会が出来れいいかな、と思っております。こんな場でなんですが、ウルトラ大全集に関わったすべての皆様に感謝です。



 そしてみなみ会館の名物? 超SDXも今週末でいよいよ最後。最後、サイゴと言ってても本当の最後にはゼットンが来るかも。

拍手[2回]

ふた月ほど前、右奥歯の歯茎が痛くて眠れないぐらいに張れ、まるでこぶとり爺さんのようになったことがあった。歯医者に飛び込み、患部の膿を抜き取ってもらう事で事なきを得たのだが、先日のカウリスマキナイトのあたりから、再発しそうな予感はあった。また右の奥歯がうずく、でも前回きちんと治療したから放っておけば治るだろうとタカをくくっていた。しかし、痛みも腫れもどんどんひどくなっていく。痛みで目が覚めるような、前回のような目に遭わないためにも早めに予約を入れたもの、空いてる時間が夕方の5時。今のところ痛くてたまらない、という事もないので何とかしのげそうだ。しかし、歯茎がうずくためか、鎮痛剤のせいなのか、どうにも頭がぼーっとして考えることができない。しかし、せっかくの休みに何もしないのももったいない。と、何とか映画館へ。昨日のアカデミー賞で作品賞、監督賞含めて4部門受賞した『シェイプ・オブ・ウォーター』を見る。怪獣愛が炸裂した『パシフィック・リム』のデルトロ監督が、今回も異形への愛情を注ぎこみ、それがまさかオスカーを獲るとは。怪獣映画がアカデミー賞を獲ってしまった。賞を獲ろうが獲るまいが見たい作品だっただけに、喜びもひとしお。うずく歯茎とぼーっとした頭で何とか劇場へ。 

 言葉が話せず、手話でコミュニケーションをとる主人公イライザとアマゾンで捕獲された半魚人とのラブストーリー。デルトロ監督は『大アマゾンの半魚人』にリスペクトを捧げ、しかも自分なりのオチをつけている。

 冒頭、イライザが靴を丹念に磨きながら出勤し、途中で靴屋のショーウィンドウを覗き込むシーンがある。言葉のない女性と靴、という事でこの物語は『アマゾンの半魚人』でもあり『人魚姫』の裏焼きの設定なのだ、という事を匂わせている。魔女から人間の足をもらう代わりに言葉を奪われた人魚姫は……と、映画を見ている最中、うずく歯茎を舌でいじっていたら、患部が破裂し、どっと膿が出た。口内に広がる苦い感触。それと同時に、痛みも腫れも嘘のようになくなった。そうか、今日の歯医者の予約が遅くなったのも、この映画を見に行ったのもすべてこれのためだったのか! これで歯医者に行かなくて済む、ありがとうデルトロ監督! 

 人間と半魚人の生と性、そして恋を描くこの作品はデルトロ監督らしくブラックで残酷な味付けも盛り込まれて普通のラブストーリーには終わっていない。そこが好悪別れそうなところだが、声のないイライザ、その同僚の黒人女性、ゲイの同居人、共産圏のスパイ、それに人ではない半魚人等マイノリティーに向けられた眼差しは暖かくユーモラスで、どこか先日のカウリスマキ作品と繋がるところがあったりする、ように感じた。音楽と手話で半魚人とコミュニケーションをとるイライザは、施設から彼を脱走させ、自宅(映画館の二階に住んでいる設定もいい)で匿ううちに恋愛感情が芽生えてしまう。その辺の描かれ方も特に盛り上げるでもなく実にあっさりと処理しているが、それが逆に印象強くしている。

 異種族間の恋愛をファンタジーで終わらせないのもいい。『パシフィック・リム』で怪獣の排泄物や死体の始末等、普段怪獣映画では触れない部分にあえて踏み込んだデルトロ監督らしさがある。

 前編に流れる音楽も優しく、ミュージカルを見てステップを真似るイライザが終盤近くに見る夢のシーンの美しさはこの映画唯一のファンタジーなのかもしれない。そしてファンタジーを乗り越えたラストで、思わずうるっときてしまう。

 怪獣映画の新たなステップを目指し、それがオスカー受賞という快挙を成し遂げたのだが、これ以降、怪獣恋愛映画が量産されたらどうしよう、といらぬ心配もしてしまった。

 とにかく痛みから解放された上に最高な物語を見せてくれたデルトロ監督には感謝しかない。そしておめでとうございます。
 




拍手[1回]



忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 3 5
6 7 10 11 12
13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析