忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]


 最近、仕事の都合で週の真ん中がポカンと空くことが多い、というのは前にも書いた話。そんな時は家で映画見るか、映画館に行くしかない。映画ばっかりだよ。




 火曜日はシネコンの会員サービスデーなので、『ローガン』を見ることに。
X-MENシリーズ最新作であり、ウルヴァリンスピンオフ映画第三弾、ではあるけど、今までの流れをぶっちぎり、老いた男の物語を描く、切ない暴力映画になっていた。




 ミュータントはほとんど死滅した未来の世界。ウルヴァリンことローガンも、かつての勢いはどこへやら、で、ぜえぜえ言いながら、足を引きずり、リムジンの運転手稼業に身をやつしていた。でも、自動車泥棒は容赦なく鉄の爪で殺す。以前のキレがないから、たたきつけるように何度もアダマンチウム合金の爪を叩きこむ。そしてよろよろと車を転がす。そんなローガンにとある少女を送り届けてほしいという依頼が。幼い少女は人工的に作られたミュータントで、ローガンと同様の能力を備えていた。うなり、叫び、標的を切り刻む少女という異様なビジュアル。しかし、強い。そんな少女とローガンの逃避行がお話の中心。そこにすっかり認知症が入って、能力が制御できないプロフェッサーXも同行。あの冷静沈着なプロフェッサーもすっかりボケ爺。老いたローガンは彼の下の世話もしないといけない。老々介護はつらいよ。一行はミュータントの楽園を目指す。でも本当にあるのかどうか。コミックでかっこよく描かれてるXメンなんて本当はいない、楽園だって……。



 全体を覆う、重く、やるせない空気。ミッキーロークの『レスラー』を思わせる、わびしい雰囲気。アメコミ映画のヒーローも老いさらばえ、かつてのように活躍できない。果たして少女を無事送り届けることができるのか? 




 大五郎の方が強い子連れ狼か、あるいは座頭市血笑旅か、子供を連れた旅は何かと障害が降りかかるもの。プロフェッサーを交えた疑似家族の中で少女は人間らしさを身に着けていく。でも、邪魔者は切り刻むけどね。
 
 


 子供たちの中では、年老いたローガンもコミックのウルヴァリンなのだ。子供たちとヒーロー、逃避行の手助けというところで『マッドマックス・サンダードーム』をおもわせる。
 


 
 でも、この先もキャストを変えてXメンの映画は作られるんでしょうね。Xメン映画は、番外の方が面白い、という不思議。今度はコミック通りに、覆面被ったウルヴァリンも見てみたいものです。


 

拍手[0回]

PR
 またまた京都。このままでは京都みなみ会館レポートになってしまう。みんなSNSがあかんのや。使いまくってる自分も悪いんや。

  

 先日の京都みなみ会館、ウルトラ大全集は『ウルトラマンマックス』、超大怪獣SDXは『大怪獣空中戦ガメラ対ギャオス』+α。『ウルトラマンマックス』は『わたしはだあれ?』『燃えつきろ!地球!!』の爆笑編2本。シリアスからコメディまで、多彩な監督が入り乱れ、独自のカラーを残していったマックスらしいコメディ回。人間の記憶を消していく宇宙化け猫に、人間のやる気を燃焼させる宇宙人、スカイドンの頃から本当に恐ろしい怪獣はコメディ回に出てくる冗談みたいな連中なのだ。コメディとはいえ、その根っこにあるウルトラの精神を忘れておらず、ギャグから自然にヒーローの活躍への流れはさすが。





 そして『ガメラ対ギャオス』、その前に『緊急指令10-4・10-10/アマゾンの吸血鬼』を16ミリで上映。なぜこれなのか? ギャオスと同じく吸血怪獣が出てくるから。『怪奇大作戦』の対象年齢をぐっと下げて当時流行していたCB無線を絡ませた『10-4・10-10』だが、全体に牧歌的なムードが漂う。恐ろしい事件が起こっているのにどこかのどかな感じ。アマゾン土産のお面に付着していた生物が人間の血を吸って湖で巨大化……。電波特捜隊にとって脅威だったのは、危険なのに湖でダイビングを敢行したがる連中だったりする。16ミリはとても状態がよく、きれいでした。


 『ガメラ対ギャオス』は完全なる悪役ギャオスに立ち向かうヒーロー、ガメラと官民一体になった人類の攻防が気持ちよく、怪獣映画の王道といった雰囲気。作戦立案から実行までの時間が早い! 子供のバカバカしいアイデアをそのまま実行する大人たち。3ラウンドにも及ぶガメラ対ギャオスの死闘に、回転作戦、山火事作戦が盛り込まれて90分弱という尺の短さ。体感時間が長く感じるのだろうか。丁寧かつスピーディーな展開がそう感じさせるのか。シネスコ画面いっぱいに怪獣が並び立つと、なんだか得した気分になります。




 そして翌日も京都。恒例ウルトラ大全集のトークショー司会です。今回のゲストはヒジカタ隊長こと宍戸開さん。一体どんな人だろう、うまくお話しできるかな、というのはいつも思うことで、会ってみればみんないい人ばかりでした。今回の宍戸さんもとてもお話上手で、本番ぎりぎりまで映画の話で盛り上がってしまいました。トークショーもウルトラ愛に溢れる内容、お客様も満足していただけたかと思います。ちなみに宍戸さんの好きなウルトラマンは『アストラ』とのこと。持ち出し厳禁がトークの鉄則ですが、あまりにも意外かつ面白かったので、これは例外とさせていただきました。





次回ウルトラマンレオの上映があれば、ぜひお越しいただき、アストラ愛に溢れたトークをお願いしたいものです。そしてコメンタリ-上映、サイン会へ。サイン会でも宍戸さん自らお客様に声をかけるサービス精神。『ローガン見た? よかったよね、あれ!』
イベントは無事終了、続く映画館の上映でも宍戸さんは残ってくれたのでした。隣に座らせていただき、ここでも生コメンタリー上映を。出演者の方と一緒に出演作品を見るという不思議で贅沢なひと時でありました。


 最後まで盛り上がった上映イベント、でも最後に残ったのはアストラでした。
 
 

拍手[1回]

 昨日は、平日だけどお休み。なんだか世間に申し訳ないと思いつつも、これが俺の仕事だから仕方ないじゃん、と京都へ。何度目だ、京都。

 映画行くなら近所のシネコンでいいじゃない、でもみなみ会館でしか見れない映画もあるしさ、それに、ドラゴン食らわば皿まで、という事で、オールナイトから、キンフー、ドラゴン×マッハ、イップ・マン、デブゴンと来た京都ドラゴン祭(勝手に命名)、ひとまずの最終作『コール・オブ・ヒーローズ/武勇伝』を。正直、予告見たときになんだか微妙だな、と思いました。だって『黒澤明とセルジオ・レオーネに捧ぐ』なんて言われたら期待しちゃうじゃないですか、でも今まで黒澤風味、レオーネ風味と言われたアクション映画が成功したためしがない。なんだかちょっと雰囲気足してみました、ぐらい。だからどうしようかな、と思いましたが、ここは行って、見てから文句言おう、それに月曜日はマンデイ割引、ドンパチとカンフーが盛り込まれた、マンデイにふさわしい映画じゃないの。




 20世紀初頭の中国は内戦の真っただ中。とある山村を襲う残虐非道な軍閥と、村を守る自警団と流れ者の攻防を描く、『七人の侍』っぽいけど、黒澤でもレオーネでもない、まったくの香港映画テイストに仕上がっている。20世紀だけど、どことなく武侠片を思わせる雰囲気。冒頭の流れ者エディ・ポンと盗賊のやり取りは、ソバが出てくるあたりも『残酷ドラゴン』を思い出させるし、エディ・ポンは黒澤映画の三船っぽいキャラだけど、義に厚く過去のある男を演じ、借り物では無い新たなキャラを作り上げている。もちろん強い。そう、香港映画だから、主要キャラはどいつもこいつも強い。虐殺から逃げてきた女教師と子供たち。そして、一緒について歩いてる犬。子供と犬が、殺伐とした物語の緩和剤となっており、ラストのかっちょいい決め台詞につながる。子供と犬、といえば『マッドマックス2』だ。黒澤とレオーネどころじゃない、この映画は欲張りにも古今東西のアクション映画のいいところを集め、それを模倣するだけでなく新たな香港アクション映画に作り変えてしまっている。



 カンフーをメインに置きつつも、鞭、刀、銃と多彩な武器による戦闘シーンがふんだんに盛り込まれており、時として台所道具のオタマやザルすらも人殺しの道具になる。バラエティに富んだ立ち回りは武術指導のサモハンのアイデアか。




 大軍勢に対する大逆転の大秘策、悪い奴は徹底して悪く、正義を貫く男たちがそれを叩く。単純明快、ドストレートに胸のすくアクションをこれでもかとばかり見せてくれる。おもろい! それに香港映画の女優さんはみんなキレイで強い。でもひどい目によくあいがち。古典に敬意を表しつつ、新たなアクションの世界を見せてくれた一本。またこんな映画を見てみたい。かつての香港映画だったら、便乗作品がわんさと出たけど、今はどうなんだろうか。




 胸のすくアクションを見た後は、もう一本『真白の恋』を見る。どうせ京都に来たなら、はしごして帰らないと。カンフーでも怪獣でもない、なんというか『ささやかな映画』。富山県のある町に住む軽度の知的障害者、真白と東京から来たカメラマンとの交流を淡々と描く。障害者とその家族、そして周りとの関わりをさらりと描いているのが実にうまい。ほとんど照明を用いず、ナチュラルに聞こえる会話の中で繰り広げられる物語は、ドキュメンタリーを思わせる。『障害って何?』『障害があるから、どうなの?』そんなテーマも内包しているけど、あまり前面に出さない。カメラを通じて真白が一人の男を好きになって、夢中になっていく様子を淡々と描いていく。人を好きになることで、彼女、そしてその家族に訪れる変化は何だろう、そんなことを考えながら、映画は終わる。ブツン、と終る。ひょっとして、そんなこと忘れてしまうかもしれない。それでもいいかもしれない。障害があるから何もできない、しちゃいけないの? だからといって好きなことをさせていいのか? 劇中でも語られる、障害者とそれを取り巻く問題は、答えの見つからないまま、これからも討論される問題なんだろう。でも、彼女は生きていく。普通であること、そうでないことってそんなに差はないんだよな。



 真白を演じる佐藤みゆきの演技が素晴らしい。障害者を演じるというのは奇妙な言動だけではない。ちょっと視線を外し、相手と微妙にかみ合っていない感じが必要だと思っている。彼女は見事にそれをやってのけていた。ひょっとしたら、本当にその街に行けば、自転車に乗った彼女に会えるかもしれない。そんなことを思わせるぐらいに、ナチュラルだった。でも真白の父親が長谷川初範だったので、頭の中にウルトラマン80のBGMが流れていたのも、事実。




 安易に感動した、とは言えないけど、なんだかじーんとくるものがあった。ラストで『え?』と思ってしまったけど、あれがないと終わらないか。障害者を扱う映画って作るのが難しいと思うけど、感動を押し付けない良作。ドンパチと感動、両極端な二本を見て、大阪に戻る。あ、週末また京都に行かないと。今度は大好物な怪獣ですので。



拍手[0回]

 今更先週末の話をするのもどうかと思いますが、珍しくバタバタしていたし、ここには自分が見た映画のことは一行でも書き留めておこうと思って始めているので、ご容赦願いたい。そういや日常のことを書かなくなったな、たぶんSNSで事足りてるし、自分のことを世間に知らしめてなんになる? 食の写真載せて楽しいか? 自分の中に他人の子供の写真見て嬉しいか? というイヤな、どす黒い気持ちがあるからだと思う。




 さて先週末の事。『イップ・マン継承』を見た興奮冷めやらず、再び京都みなみ会館へ。怪獣はなくともみなみ会館通い、あのドラゴンオールナイトから、不定期に近年の香港アクション映画を上映してくれるから、どうしても見たくなってしまうのですな。毒食らわばドラゴンまで、であります。しかし京都は遠いし、一本だけ見て帰るのももったいない。できればハシゴしたい、見たい映画が重なるとき、それが京都へ行くサインなのですな。シネコンの超大作も見たいけど、まずは京都へ。




 先週末はそんな感じで『おじいちゃんはデブゴン』『I AM YOUR FATHER』の二本を見てきました。どちらもおじいちゃんが頑張る映画でした。







 『おじいちゃんはデブゴン』は、サモハンが久々に主演、監督を務める作品。というか、生まれて初めてスクリーンで見るデブゴン。ゴールデン洋画劇場で『燃えよデブゴン』を見て以来、サモハン主演映画は全てデブゴン扱いでした。今回もそれに倣って全く違う原題だけど、デブゴンに。デブゴンって日本でしか通用しないネーミングじゃないか。




 中国の要人警護の職に就いていた男、サモハンが引退し、ロシアと中国の国境の町で隠居生活を送っている。何も変わりのない、平凡な毎日。ただ、物忘れがひどくなってくる。家の鍵が分からず、針金で開けようとするけど、鍵は首にぶら下げていた、そんなこともしばしば。彼はかつて孫娘を見失った苦い過去があり、娘とは絶縁状態。孫娘を死なせたのではなく、見失った、というのがかえって辛い。もちろんいまだ孫娘は見つかっていない。そんな孫娘が描いたであろうサモハンの絵が壁に掛けられている。この絵をアニメにして今までの経歴をサラッと紹介する憎い演出。子供の描いた拙い絵だからこそ、逆につらい現実が胸に刺さる。








 そんなサモハンの生活が一変する。サモハンの隣人の娘が、ロクデナシ親父アンディ・ラウに愛想をつかし、サモハンの家に遊びに来るようになった。あまり表情には出さないけれど、一緒に釣りに行ったり、アイス食べたり、楽しそう。サモハンはそんな隣家の娘に自分の孫娘を重ねていたのかもしれない。でも、認知症は徐々に進んでいく。




 ところが、そんな隣家のロクデナシ親父が借金の方にロシアンマフィアの宝石を盗んだことから、事態は急変。ロクデナシ親父は殺され、サモハンはその娘を守るべく、老体に鞭打ち、ロシア、中国のマフィアに戦いを挑む……。




 ジョン・ウェインに『ラスト・シューティスト』、クリント・イーストウッドに『グラン・トリノ』があるように、老いたアクション俳優が、自分のアクション人生にサヨナラするような作品を残すことがたまにある。とはいえ、イーストウッドはまだまだ現役の映画監督で、サモハンも、監督、武術指導でまだまだ元気。一応、自分のキャリアに区切りをつけようという事なんだろうか。



 
 アニメや短いカットの積み重ねによるサモハン演出は実に若々しく、また音楽の使い方も絶妙。ロシアと中国の国境の町という、あまり見たことないロケーションも新鮮である。二つの国をつなぐような広大な鉄道の停車場が印象的。



 
 認知症は進んでるけど、戦う時には昔の血が騒ぐ! ただのデブジジイと思うなよ! カンフーパンダとは言いえて妙だけど、悪い奴らは許さない! とにかくサモハンは素早く手を動かして相手をつかみ、手足をへし折る。要人警護についていたという設定なので、従来の軽やかな動きではなく、相手を動けなくするために、とにかくへし折る。へし折った瞬間、その様子がレントゲンで描写されるのは昔の必殺シリーズのようでもあり、ジェット・リーの『ロミオ・マスト・ダイ』で試みられたX-RAYバイオレンスの復活を思わせた。



 切なくも幸せなラストもまた、いい。これから娘を守っていけるだろうか、とか自分と重ねると余計切ない。でもデブゴンは強い。



 サモハン久々の監督主演作という事で、かつての仕事仲間たちが駆け付けゲスト出演。え、ユン・ピョウ出てたの? ツイ・ハーク? 



 続く『I AM YOUR FATHER』はがらりと変わってドキュメンタリー。カンフー映画と並んで、世界中の少年を熱狂の渦に叩き込んだスターウォーズにまつわるお話。世界映画史上最高の悪役と言われたダース・ベイダー。そのベイダー卿を演じたデビッド・プラウス氏にスポットを当てた作品。スターウォーズは一通り見ているけど、それほど熱心なファンじゃない。だからエピソード6『ジェダイの復讐(ジェダイの帰還はしっくりこない。『帰ってきたウルトラマン』をウルトラマンジャックと呼ぶのには抵抗なないけど)』でダースベイダーがマスクを脱いだ時、特に何も思わなかった。ただ、当初は三船敏郎にオファーがいった、といううわさ話は聞いていた。本来ならばエピソ-ド4からベイダーを演じていたデビッド氏が素顔をさらすはずだった。でも些細な出来事がきっかけで、その素顔は別人に代えられた。映画はそんなデビッド氏の姿と、関係者の証言をまとめつつ、監督の野望『デビッド氏によるエピソード6ラストの再撮影』という野望、というかファンの夢を追っていく。








 この映画はスターウォーズのある側面(ダークサイド)を描くと同時に、ある一人のスーツアクターの物語としても作られている。仮面の下で彼らは何を思い、どう演じていたのか? 映画の冒頭は無声映画時代のフランケンシュタインから始まる。デビッド氏もまた、ハマー映画でフランケンシュタインの怪物を演じている。作られた怪物の悲しみ、これはダースベイダーを演じたデビット氏に降りかかった悲劇にも通じる。一体何がどう間違ってしまったのか? かつての映画のように怪物は殺すようなことはしない、真実を明かし、怪物に安住の地を提供するだけだ。 





 コンベンションでファンに囲まれ嬉しそうなデビット氏、そしてファンの夢、監督の野望がかなった瞬間の至福感。あいにく、ルーカスフィルムの許諾を得られないので撮影されたフィルムは見せられない。一般にも公開できない。でもやるんだよ! 世界中のスターウォーズを見て育ち、それぞれにスキルを持ち合わせたファンの力が、真の暗黒卿を復活させ、そして真の最期を作り上げた。




 デビッド氏はいまだルーカスフィルムとは断絶状態で正規のイベントには招待されないらしい。許してやったらどうや。ファンイベントで山のようなサイン用ブロマイドと大量のペンを前にニコニコし、ファンへのサービスも旺盛なデビット氏。隣には元祖ハルク、ルー・フェリグノもいるぞ。なんだかいつもみなみ会館で見てきた光景がそこにある。規模は全然違うけど、ファンの熱狂ぶりは万国共通だ。





 エンドクレジットはそんなスーツアクターたちに捧げるサプライズ。ここでもまたウルッとしてしまう。ウルっと、ウルト、ウルトラ……という事で今月も形は違えどそんなファンとゲストがやってくる。宣伝かよ。最強、最速の超人に大怪獣空中戦! ご家族そろって楽しめる怪獣大会。





 そして俺は、サモハンが武術指導している『コールオブヒーローズ』を見に行こうかどうか迷っている。大阪でもやってるはずなのに、なのにあなたは京都へ行くの? 何とハシゴしようか? そんなことばかり考えている。



拍手[0回]

 やることを終えて、やることがない。一仕事終えて、ポカンと空いた時間、平日の休日。社会人としてどうなんだろうか? そもそも社会人か? という話がある。とはいえ、学生でも、かろうじて無職でもないから社会人なんだろう。まあ、そんなときは映画でも見に行けばいいのです。映画は一時、そんなもやもややうじうじした心を忘れさせてくれるどころか、作品によっては明日への活力になったりするものなのです。



 話は少し前にさかのぼる。あの日、京都みなみ会館で何とかウルトラのトークショーを終え、すべての上映が終わった後、遅い夕飯を済ませた俺は大阪へ帰る……前に、再び京都みなみ会館の階段を上っていた。



 『イップ・マンの前売り一枚!』



 気になる映画だ、でも京都へひょいひょいいけるものではない。では、前売り買って行かざるを得ない状況を作ればいいのだ。前売り券を買えば、お安く見れるし、京都に行く理由ができるというもの。とはいえ、別にそんなことしなくてもひょいひょい行ってるのですが。



 そして昨日。ポカーンと空いた時間を埋めるべく、京都へ。ちょっとした日帰り旅行だ。遠い遠いと思っていたけど、ほぼ月イチで通ってるから、あまり気にならなくなってきた。



 
『イップ・マン3』は詠春拳の達人でブルース・リーの師である実在の人物、イップマンを主人公にしたシリーズ第3弾。実在の人物とはいえ、そこに『裸の大将』や『水戸黄門』のようにフィクション要素をぶち込んで娯楽作品に仕上げている。



 
 街で評判の拳法家、イップ先生のもとには毎度トラブルが持ち込まれる。それを詠春拳でバサバサとさばいていくイップ先生。今回は小学校の地上げ問題に同じく詠春拳の使い手(パパ友)との対決がメイン。そして単なる格闘映画に終わらず、家族との絆、愛情を描いているのもこのシリーズの特徴。今まで共に喜びも悲しみも味わってきた最愛の妻が病魔に侵され、余命幾ばくもない。できるだけ妻のそばに寄り添い、看病に励むイップ先生。そんな二人の姿が涙を誘う。



 しかし、これはただの難病映画ではない、拳法家の物語だ。見たいのはイップ先生の華麗な技の数々、襲い来る強敵たちだ!


 今回の敵は地上げ屋集団にムエタイ選手、そしてマイクタイソン! 地上げ屋のリーダーはやってることも羽織ってる赤いジャケットもまるで吉本新喜劇のカラーやくざのようだ。 


 以前、とある編集の人が言った『男は魔界転生が好き』という言葉がよみがえる。流派の違う者同士が戦って、誰が一番強いのか? そんな対決が、異種格闘技戦が男は好きなのだ。広い工場での集団戦から、狭いエレベーター内でのムエタイ戦、柱の多い室内での対ボクシング戦、とシチュエーションを変え、見飽きない構成。



 ラスボス感を醸し出すマイクタイソンの、軽やかに動く巨体から繰り出される、重く、早い拳を肘で受け、裁くイップ先生! しかし対決はこれでは終わらない、最後に待っているのは同じ詠春拳の使い手。異種格闘技戦の後は同門対決である。そこに至るストーリーも妻との愛情が絡んでいる。単なるカンフー映画ではない、家族の映画だ。 



 イップ先生を演じるドニーイエンの動きは相変わらず素晴らしい。何をどうやったらあんな動きができるのか、わからない。そしてもちろん、強い。時折遠くを見つめる目つきと、ぴったりそろった前髪が気になる。


 
 イップ先生に弟子入り志願する若き日のブルースリーは、くどいくらいのブルースリー演技だ。でもそのくどさがないと分からないかもしれない。


  2月のドラゴンオールナイトから、何かと香港アクション、ドラゴン映画を上映している京都みなみ会館、まだまだ二本控えている。俺は、行けるだろうか。

 

拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 5 7 8 9
10 11 12 13 14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析