忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[401] [400] [399] [396] [395] [394] [393] [392] [391] [390] [389]
 昨日書いた東宝特撮3本立て『TOHO PACK』を早速見ております。
あっけない最後ながらもその中途半端な大きさが怖いモゲラの出る『地球防衛軍』。ミステリアンの攻撃に臆することなく、堂々と正面切って戦いを挑む地球軍の余裕がいいなあ。
 最終決戦は超兵器マーカライト・ファープが2機にベータ号だけという少数精鋭だが、絶対の自信を持って攻撃の手を止めない地球軍。
 
 今年もハリウッドで侵略SFが数本公開されますが、地球人がやられっぱなしの感が強いのでそろそろ超兵器で敵を迎え撃つような痛快なお話も見てみたい。『インディペンデンス・デイ』は、現用兵器だったからなあ。

 続いて『大怪獣バラン』。メジャーどころの多い東宝怪獣の中でもマイナーな存在。出演作がこれと『怪獣総進撃』のチョイ役だけだからか。
 ムササビのように滑空し、陸海空を縦横に暴れるまさに『大怪獣』なのに。

 これを見るのは、テレビ、三本立て800円の新世界日劇会館に続いて三度目。いや、まだ途中なのですがね。
 まず設定がいいのです。
 中生代に栄えた恐竜、バラノポーダの生き残りとされており、今は東北の山村にてバラダギ様という神としてあがめられている。 
 巨獣を神として崇める傾向は日本から数多くあり、1933年の『キング・コング』以降、怪獣映画でも定番の設定。
 コングは類人猿で、ある程度原住民と共存関係は取れていたのだが、恐竜を神として崇めるって設定は斬新。まあ、竜の類は神様扱いだったりするから、その辺から来ているののかもしれない。
 しかし、相手は恐竜、案の定復活したバランは、今まで神様扱いしてくれた村を踏みにじり、大都会に向かって飛び立つのです。爬虫類やからね。



 通常は四足歩行で、のしのしと歩き回るバラン。なるほど、恐竜っぽい。
後頭部から背面のラインが美しい。映像特典によれば、これは落花生(ピーナッツ)の殻のフォルムをヒントにしているらしい。なるほど。
しかし、立ち上がると
 

 手足は細く、筋肉質で、正面から見た顔は鬼のようであり、それが単なる恐竜の生き残りとは一線を画し、バラノポーダを湖のヌシから鬼神バラダギとして崇めてしまうのもうなずける。

 ゴジラは南海から、モスラは南の島、アンギラスはシベリア、と日本製怪獣の有名どころは実は外来種。純国産の怪獣といえばこれと、バラゴン、ラドンぐらいか(ウルトラシリーズになるとわんさか出てくるので、割愛)。
 
 バランの向かう先はもちろん東京。なぜ怪獣は東京を、都会を目指すのか?
 そりゃ絵になる場所がいっぱいあるからというもっともな理由があるのだが、地方出身者の都会への愛憎入り混じった思いから来ているかもしれない。
 この後、律儀にバランは空の玄関口、羽田空港に上陸するのです。
 東北の鬼神は果たして都会で大暴れできるのか? 
 田舎者は東京でサクセスできるのか?

 続き見てきます。
 なんにせよ、バランはかっこいい怪獣だから覚えておいて、ということで。


拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析