忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[212] [211] [210] [209] [208] [207] [206] [205] [204] [203] [202]

 最近小学生の間ではお母さんのお手伝いをしながら『銭のためなら何でもするズラ』と言ってお駄賃をもらう子が急増とか。」

 本当なら、あのドラマ化は決して無駄ではなかったのだなと思います。需要があるっていい事だ。最近、漫画、アニメ、映画のリメイクとか実写化に寛容になってきました。

 そう、まだ俺の心が寛容でなかった頃、新ライダーのデザインが発表されると毎年のように
『なんじゃ、この電線マンは!』
『なんじゃ、この懐中電灯みたいな顔は!』
『なんじゃこのとんがった頭は! イカか?』
『なんじゃこののっぺらぼうは!』
 と、期待と不安の混ざった声を仲間内で出し合ったものでした。
 でも、そうすることも疲れ果て、心が優しくなったのかどうでもよくなってきたのか
『カブトムシね、ふふん』
『桃がモチーフね、ふふん』
『コウモリがモデルね、ふふん』
と、何が来ても驚かなくなりました。
ちなみに『ふふん』の部分はおしゃれなフランス人が人を小馬鹿にしたような感じで。
 だから、今年の新ライダーさんにも
『ピンク色で不細工な顔ね、ふふん』としか思ってません。
 不細工です、ディケイド。史上まれにみる不細工さです。
テレビマガジンの表紙を見たちびっこが『不細工やなー』と言っていました。

 でも昨日の第一話は……。
あぁ、今までの平成ライダーシリーズのいい奴悪い奴、どうでもいい奴が大挙して押し寄せる、『つかみはオッケー』な展開に、文字通り心をわしづかみにされました。

あぁ、ベルトが久々に欲しいと思ったさ。くるっとまわったり、カパッと開いたりするギミックに弱いのさ。

あぁ、分かったぞ、ディケイドの不細工面とピンクの体色はわざとダサくして歴代ライダーを引き立てようって言う魂胆なんだな。
 多分、そうだ。
 来週放送の『仮面ライダーG』の方がかっこいい。

この調子で石橋レンジも変身せんかな。

 とかとか言ってまたいい年こいて毎週仮面ライダーを見るのですよ、たぶん。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析