忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[211] [210] [209] [208] [207] [206] [205] [204] [203] [202] [201]
ウルトラマンやゴジラにはなれないけど、人間頑張ればブルース・リーかジェームズボンドになれる、と信じていた時期があった。
 『007になろう』
 なんば高島屋でアストンマーチン・ボランテ(007リビングデイライツのボンドカー)を見た時から、そんな思いがふつふつと沸いた。
 イアン・フレミングの原作を読んで、まずは生活から変えていった。 朝はオレンジジュースとブラックコーヒー。それにベーコンエッグ。シャワーは冷水と温水を交互に。
髪型もショーンコネリーのようにしたかったけど、おかしな七三分けになっていた。そんな奴、友達に欲しくない。のちにコネリーのあの髪形はヘアピースだったことを知る。
 世界を股にかけ、美女を抱いて悪党を退治する……、そんな事を考えていたが、よく考えたら俺は日本人だ。アストンマーチンどころか、車の免許も持っていない。それに、将来アストンマーチンを購入出来ても、それにはミサイルも煙幕も脱出装置もついていない。
だめだ秘密兵器は『購入』じゃなくて『支給』されるものでないと!

 以上の理由で俺はバンダイの一分の一ライダーベルトを買っていない。高いし、買ったところで変身できないし、サイクロンもない。
 でも、『高額な雰囲気もの』としてあってもいいかも、と思っている。

 007になる事を諦めてから十数年……。ジェームズボンドはマイナーチェンジを繰り返しながら今も世界中を飛び回っている。
 ゴジラシリーズが途絶えた今、これの新作だけが、楽しみなシリーズものとなってしまった。

 で、 『慰めの報酬』を初日に見た。
 アクションは前作よりも多く、それも痛々しい。ボンドも血みどろになって戦っている。
 ダークナイトのバットマンがそうだったように、長年愛されてきたヒーローもそろそろファンタジーの部分を切り取ってリアルにやって行こうかな、というのが見えてくる。
 
 それは結構。リアル志向に見せて、旧作へのオマージュがあったりするところはさすが。

 でもなあ、敵がショボイ。いや、やってることはしょぼくないと思う。でも、007の敵ならば、書類で悪事を進めるんじゃなくて、ちゃんと絵にして見せないと! 『我々の作戦をお見せしよう』とか言って。
 前から言ってるけれどボンドの敵は『金持ちの変態』でないと面白くないんだ!
 でも、次回作ぐらいでまた元に戻って秘密基地大爆破!みたいなことをやってくれだろう。それがシリーズものの宿命だから。

  あ、仮面ライダーはじまってら。

 

 

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析