忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[473] [472] [471] [470] [469] [468] [467] [466] [465] [464] [463]
◎ボックスあれこれ。 また調子に乗って何やかやと買物。


 北米版平成ガメラブルーレイは、三本の映画をディスク二枚に収めた不思議な構成。もともとG1G2のカップリング版と、G3の単体版が出ており、それを箱にまとめただけの代物。しかもかなりきつく箱詰めしてるので一度出すとも元に戻すと箱が変形してしまう。しかも困ったことに、これだけうちのデッキで再生できた。ブルーレイが壊れてるのに、なぜ? 子供曰く『中身はDVDなのでは?』とのこと。ありうるかもしれない。  

50年大怪獣映画をまとめた『クラシックモンスターボックス』の1、2巻。これも単品をフィギュアつきで箱にまとめたもの。

 

 恐竜グワンジ対放射能Xというマニアックな対決ごっこが出来るのだ。


 ◎大事なことは俺の留守中に何でも決まる。仕事明けて帰ってくると、家族が俺を待ちかねていた。『早くジョーシン行くで!』 どうやら、なぜだか分からないが、おじいちゃんが孫のクリスマスプレゼントのために任天堂Wiiを買いに行くとのこと。いつ決まったそんな大事なこと? ゲーム機なんて決して高くない買物だぜ?折込チラシのおもちゃ特集見ただけで決めてもいいんかいな? まあ、今まで購入の話はあがっており、『中古でもいいんじゃないの?』ということになっていたのだが、いきなりの新品、いきなりのスーパーマリオ。 うちに家庭用ゲーム機が来るのは、エポック社のテレビベーダー以来だ。 ゲームキューブともソフトの互換が出来るので『ゴジラ怪獣大乱闘』でも買おうかな。


  ◎そして翌日。『映画行くで!』 封切り翌日に行くのかよ、それも俺のいない間に決まったことらしい。というわけで、日曜朝、テレビで本編を見てから『仮面ライダー×仮面ライダー・フォーゼ&オーズMOVIE大戦MEGAMAX』を見に行くことにする。多彩なゲストキャラ満載で見るものの期待値をあげるのがヒーロー映画の常になってきているのだが、春のライダーで全員集合やってるし、今度はどんな手で来るのかいな? それ に年末のライダー映画は過去二作とも、少々アレな内容だっただけに、期待半分で見た。




 物語冒頭、世界中で悪の財団Xと戦う一号~ストロンガーの7人ライダー。バックに流れる『戦え!7人ライダー』のアレンジBGM! おぉぉ、ここで心鷲づかみにされ、後は息つく暇もなく(尺が短いせいもあるが)、一気にラストまで突っ走る!  しかし今年は春、夏のライダー映画(ライダー戦闘シーンの主題歌アレンジと暴れん坊将軍のテーマ)、それに今回とザボーガーで菊池俊輔サウンドを劇場で聞くことの多い年だった。幼少時より菊池サウンドを当たり前のように聞いていたおっさんは、劇場で1フレーズでも流れようものなら『おぉ!』と反応してしまうのだ。 オーズはテレビ最終回からの後日談、フォーゼはテレビ本編の一遍的に物語が処理されていて、よどみのない流れ。ほんの顔見世程度かと思っていたWもガッツリと本編に食い込む活躍、平成3人ライダー&昭和7人ライダーがそろい立つ! こうも大勢だと『現行ライダーを立てるために、過去ライダーはその他大勢扱い』な展開になりがちだが、奇跡的にどのライダーに見せ場が用意されている! W、オーズ、フォーゼの関係もうまく旧作から引き継いでますし、戦闘場面では出し惜しみせず、3人の主題歌を流す。戦闘中に主題歌が流れると俄然燃えてくるのは日本人だけの習性なのか? 何度もいうけど、歌は大事なんだよ!  しっかしまあ、なにこの喉越しのよさ!   何で今までこうしなかったの? という野暮は置いといて、短い尺数の中に(主にアクションを)詰めるだけ詰め込んだ奇跡の傑作だったのでした。 途中のある場面で『鬼太郎が半魚人にかまぼこにされて、それを仲間が買い戻すエピソード』を思い出したが、たぶん自分だけだろう。



 

映画が終わって、劇場下のゲームセンターでもらった、ライダー塗り絵。 白一色のフォーゼはどこを塗れというのだ?


 


前回の日記より。試写で先行販売されていた『WILD7』のパンフと、思わず読み返した原作漫画。パンフは、銃器とバイクのことが知りたくて、買った。つくづく惜しい映画だった。いや、アクションはいいのよ。せっかく70年代の7人ライダーが大活躍してるのに、こっちのライダーさんたち(あ、こっちも7人か!)ももっと頑張ってほしかった。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
9 11 12 13 14 15
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析