忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[463] [462] [461] [460] [459] [458] [456] [455] [454] [453] [452]

◎円谷、東映に続くテレビ特撮の第3勢力ピープロの作品がリメイク、それも映画化、しかも主演は芸人の板尾創路! 思えば、掴みは十分すぎるぐらいだった。第一報を知ったのは去年の6月だから随分と待たされてしまった。しかし待った甲斐があった。
『(ピッ)電人ザボーガー、GO!』
 

 意外すぎるニュースに一瞬わが耳を疑った。しかし、事実なのだ。板尾があの役を、まるで似合わないじゃないか? でも見てみたい……そして次々と入ってくる情報から、見たいという気持ちが膨らんでいく。チープな旧作を笑い飛ばしたようなコメディか、最近のアメコミ映画に正面切って戦いを挑むドシリアス作品なのか。でもザボーガーだぜ。

 頭が小さくなり、今風になったザボーガー。これは期待できるかもと思ったらネットで見た特報でハートはわしづかみにされてしまった。そうだ、これだよ。これアナログとデジタルの幸せな融合。今風にかっこよく変形するザボーガー!

     雑誌やネットで情報を得るたびに沸きこる不安と期待。海外の映画祭でも評判はいいらしい。ドイツは無理でも、沖縄ぐらいならいけるんじゃないか? いや無理だろ。そんなことを考えていた三月。なんにせよ、早く見たい! 

 そして、公開日も決まり、満を持しての今日。ついにザボーガーを試写会で見ることが出来た。試写状が届いたとき、今年の運をすべて使い切ったような気がした。いや、帰り道に事切れても満足、俺の死に顔は安らかなことだろう、そう思わせてくれる作品であればいい。
1bda2985.jpg

 児童誌でも取り上げられていたこともあり、会場である梅田ブルク7へうちの小学一年生を連れて行った。
 プレミアム上映、ザボーガーに井口監督、主演の大門豊・青年期の古原氏、ライバル秋月玄役の宮口氏も舞台挨拶に駆けつける豪華なものだ。連休のトリを飾るにはふさわしすぎる。

 舞台挨拶に続き本編の上映が始まる。何でも、本邦初の国内編集版とのこと。
 一年以上も待たされた『電人ザボーガー』は一体どうだったか?
 傑作か駄作か、それとも傑作な駄作か?

f4bd6ba8.jpg
 タイトルに全身がしびれ、そしてエンディングで思わず涙しそうになった。

 本編の内容を書くのは上映前だし、野暮なこと。燃えと萌え、ギャグとシリアスのブレンド具合が程よく、エログロ度も、それほどきつくない。現代に甦る菊池サウンドは殺人的にかっこよく、ちびっ子から年配の方まで安心して見られる一大娯楽巨編に仕上がっておりました。全人類必見! といえば大げさだが、言い過ぎではない。どっちだ。円谷でも東映でもない奇妙な手触り、そうだ、これこそがピープロだ。

 熱血と若さの暴走を描く青年期とその後のヒーローを描く熟年期。豪華二部構成の特撮オペラ、というか特撮歌舞伎! 
 
 白紙だらけの俺の人生の予定で、まさか『ザボーガーで涙する』日がこようとは夢にも思っていなかった。

 上映後はティーチイン、そしてゲスト総出のチケットの手売り。その時、俺は迷っていた。もう一度見に行こうか、どうしようか。
ae4713df.jpg
 ザボーガーと井口監督。
 子供は大満足の様子。それに、なんだか照れもあるので手売りは遠慮しよう。まあ、後日考えようか……。
 しかし、主題歌が頭の中をぐるぐると回る帰りの車内で、子供がもう一度見たいと言った。あぁ、あの時買っておけばよかったと激しく後悔。もっと早く言ってくれよ! 
 
 前回の『猿の惑星』に続き、親子での会話が弾む良質な映画だった、だから多くの人に見てほしい、今はそう言うしかない。さあ、久々にムック本買うぞ。


d4d9593e.jpg

拍手[0回]

PR

コメント
素晴らしい鉄鋼材料
 特撮もいいが、機械屋として一言いいたい。材料学って回りくどい。例えば鉄炭素系状態図。これを知ったからといってすぐに何かがわかるわけではない。しかし、年を重ねると鋼の意味をふとしるようになり、その本質の理想形が状態図で
あったのだと。
【2012/08/08 05:19】 NAME[勉強不足の機械屋] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析