忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[465] [464] [463] [462] [461] [460] [459] [458] [456] [455] [454]
◎フンヌー! 基本的に露出狂である自分はfbだろうが、ミクシーだろうがブログだろうが同じ文書を残さないと気がすまない性分であるので、うかつなことはかけない。いや、うかつなこと書いても誰も気にしないでしょう。有名人ではないが、物書きという表現者の端くれなもので。

『僕はー日曜日ーがないー♪』と歌っていたのは『グレートマジンガー』の兜シロー君。お父さんが多忙で日曜日も遊んでもらえない気持ちを切実に歌った『シローの日曜日』という歌の一説だ。俺も昨日は午後から仕事でした。分かるぜ、その気持ち。

昨日、職場で(これがもう、深夜まで……ってあまり介護関係の内情を書くと、それこそやばいので。まあ、夜勤ですよ)BS11で放送していた『ウルトラマンA  タイムマシンを越えてゆけ!』を見た。なんだよ、たまに見たらこれかよ、という感じ。登場する超獣はダイダラホーシ。日本の昔話に出てくる巨人から取ったのだが。名前と顔が一致していないと申しますか。間抜け面に長い首、寸胴、頭には潰れた脳みそが乗っかったような装飾。そういうパーマのおばちゃんいるよね、という感じ。写真どうぞ、こいつ↓。



『どこが巨人やねン!』と突っ込まざるをえない姿。

 お話は時空を超えて跋扈する超獣に翻弄されるTAC、そして舞台は奈良時代に移り、近代兵器のTAC対刀剣類の地方豪族(『戦国自衛隊』のようだ!)、そして大仏建立(ちゃんとミニチュア作ってますが、奈良の大仏なのか?)のタイミングを見計らうように現れるダイダラホーシ、噴火する火山(奈良に火山があったのか?)……と、書いているとウルトラで伝奇物をやるというすごく意欲的な作品のように思われるかもしれない。

 でも、なぜ奈良時代からやってくるのか? 巨人伝説と超獣との関連性、大仏と火山は物語に必要だったのか? など、惜しいところが多数。

 まあ、結局エースが超獣を倒し、奈良時代に残されたTAC 隊員を現代に連れ戻すという……シナリオでは『これがやりたいんだよ!』な部分がそぎ落とされたような感じ。でも嫌いじゃないです。タイムとラベルものとウルトラをあわせた異色編だと思います。でも、当時は怪獣番組粗製濫造、円谷も迷走していたのかああ、と思ってみたり。

 オープンのあおりで逃げるダイダラホーシを捉えたカットは結構斬新に見えました。不細工やけど

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析