忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[625] [624] [623] [622] [621] [620] [619] [618] [617] [616] [615]
 いつもの週末。本来なら、いつものように寝屋川に行って怪獣談義に花を咲かせて怪獣くじに一喜一憂するはずだったのだが、奈良に住む長男から電話があった。
私には子供がいる。ラノベ作家と言われているが、子供がいる。それはあまり関係ないか。今年、エヴァンゲリオンに乗らないといけない年齢だ。俺も早く南極で巨人を見つけてこないと。



『バカヴォンが見たい! どうしても見たいんだよぉ!』とのこと。上映中の映画『天才ヴァカボン~蘇るフランダースの犬~』俺も見たいでもえらく急な話だ。調べると上映は金曜日までで、館数も減っている。もうこれまで、と思ったら学校行事で金曜日が半ドン、この奇跡の瞬間を逃したくない、とのこと。その執念は、かつての自分に被る。



 そこで奈良の山奥からのろのろと下の道を通って難波へ。最終日の一回上映に何とか間に合った。



 なんばパークスの映画館でアニメ映画、といえばご存知『ラブライブ!』が絶賛上映中なのだが、長男はそんなもの眼にもくれない。流行りものから背を向け、自分の好きなことにまい進するその姿はかつての自分にも重なる。



 そういや、ジャンプ黄金時代をスルーして『カムイ外伝』『子連れ狼』『無用ノ介』とか、時代劇漫画ばかり読んでたなあ、と思い出す。



 突如沸き起こったバカボンの復活宣言、それだけではない、なぜかフランダースの犬との異種格闘技戦。原作者も違えば制作会社も違う、どうするんだよ!





 でも『鷹の爪団』のFROGMANだから、まあ、何とかなるか、と思い見た。


 いつものFROGMANだった。世界征服を企む悪の組織が、バカボンのパパの本名を知るため策をめぐらし、刺客としてフランダースの犬、ネロとパトラッシュを地獄から呼び寄せる。狂っているが、これが本当のあらすじなのだ。



 FROGMANのいつもの小ネタに、まばらな客数の劇場で、みんな笑っていたのだ。
怪談作家の木原先生もなぜか出演、子供はコロコロコミックでお馴染みドクター木原の登場に少し驚いていたのだ。



 でも、天才バカボンなのだ。その辺は大丈夫なのか、と思ったのだが、ピュアであり過ぎるあまりにバカ、なテレビシリーズ初期をほうふつとさせるバカっぷりだったので一安心したのだ。


 確信犯手にバカをやらかす『元祖』以降はあまり好きにはなれないのだ。あくまでもバカなのはパパだけで、周りがそれに翻弄されるという展開。今回は世界規模なのだ。



 映画を見た帰り、日本橋の外れにあるサブカル古本屋で、長男はマリオ64のコミックを買っていた。あくまでも時流に逆らうその姿、ますます自分と被る。そしてワシはデビルマンのフィギュアを買ったのだ。


 奇しくも今回の映画に続く異種格闘技『サイボーグ009VSデビルマン』の発表がネットを騒がした日なのだ。



  そして明日は、父の日なのだ。

拍手[3回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 11
12 14 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析