忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[620] [619] [618] [617] [616] [615] [614] [613] [612] [611] [610]
・最近、ちょっと無駄遣いが過ぎやせんか? と自重していますが思わぬ出費になく毎日です。


 それはさておき、恒例、京都みなみ会館の『超大怪獣大特撮大全集』4月は川北紘一監督を悼む二本+αの上映となりました。パイロットフィルムにテレビムービーそして劇場映画。怪獣こそ出ないけど、川北監督の演出が存分に楽しめるバラエティに富んだ組み合わせになっておりました。


    

 まずは『FUHITO 不比等』人形劇にアナログ、デジタルの特撮を融合させた新たな映像表現、ドールラマのパイロットフィルム。2006年だから、超星神シリーズの後ぐらいか。


 日本の神話をモチーフにしたファンタジーということで『ヤマトタケル』の路線を受け継ぐものになったのではないかと思います。人形劇をベースにしつつも合成で操演者を消すことで滑らかな動きを見せたり、巨大なミニチュアで爆発や怪獣を暴れさせてみたりと、やれる限りのテクニックをふんだんに使っており、パイロットにするのが惜しい一本。日本特撮=着ぐるみ怪獣じゃないんだぞ、という川北監督の強い意志が表れているように見えました。




 続いては16ミリ上映の『東京大地震マグニチュード8.1』なにせテレビ作品なのでソフト化の機会もなく、東京でイベント上映が行われたに過ぎない幻の一本。見る前は『まあ、二時間ドラマだし』と思っていたけど、トンデモナイ作品だった。1980年放送、『地震列島』よりも少し早くに作られたこの作品、他作品からのフィルム流用を禁じられたために、テレビ作品とは思えないクオリティと斬新な特撮で、これでもかと大災害を描いている。


 出世欲に駆られた男、失恋した女、九州へ帰る子供と祖母……様々な人間のドラマが災害で一つにまとまり、生き抜こうとする姿と、無力すぎる政府の対応。笠原和夫の脚本は緻密な調査の元によって、東京大地震を完全にシュミレートしているようで、川北監督の特撮もそれに合わせるかのごとく、務めてリアルな描写を心掛けている。熱波が街を覆い、


 ビルの窓からは人や机、ピアノが落ちて、高速道路では自動車が連鎖的に爆破……。津波以外は全部出し切ったのでは? と思えるほどの阿鼻叫喚の地獄絵図。これ本当にテレビかと思えるほどの大ミニチュアセットに大胆な合成。
 

 フィルムが退色し、やや赤みがかっているので合成の粗が目立たず、かえって生々しい。
 

 東宝制作ながらも主演は東映のイメージが強い千葉真一なのは、この地獄絵図を潜り抜けるほどにタフな人間が必要だったからと推測される。


 そして最後は『ガンヘッド』。

 

 
 世界初の実写ロボットアクション映画! 公開当時期待に胸ふくらませて見に行ったものの『ああ……うん』となったあの作品をもう一度。


 
 しかし近年再評価の波が高まり、プラモやイベント上映が相次ぎ、カルト的人気作となっている。

 
 あの重機に手足の生えたガンヘッドの姿は今までにないスタイルで確かにかっこいい。しかし……再び見たガンヘッドはやっぱり『ああ……うん』だった。使い古された言い回しをすれば『特撮はすごいんですよ、メカニックとか、やっぱりここでも日本特撮=着ぐるみ怪獣という概念を川北監督が打ち破ろうとする気概が見られます。でも本編が……』ということでしょうか。


 よく画面が暗い、とか言われますが問題はそこにない、と思います。上映後に聞いた話だとフィルムのリールが前後していた、ということですが、そんあこと気にならないぐらいに……うんまあ、そういうことです。


 全体的にいいパーツはあるのに組み方がちょっと……という感じ。


 しかし、みなみ会館はそんなガンヘッド目当てか、いつもよりも若い客層が大勢来ていたという印象。


 

 ロビーもいつもの物販に、絵コンテ、ロビーカード、そして撮影用プロップの展示とちょっとしたガンヘッド祭り。劇中、主人公がくわえる人参スティックも販売された(そして完売)! でも映画を見ているとどのタイミングかじっていいのかわからないので、食べずに上映が終わった人も多かったようだ。

  
 今回、公開時のポスターがないということで、私物の前売り特典ポスターがなぜか二枚もあったので、提供させていただきました。




 そして劇場配布の新聞に今回もふざけた文章を書かせてもらったのですが、劇場内で他のお客さんがそれを読んでいるのを見てなんだか申し訳ない気分になりました。

  
くじで当たったりもらったりしたもの。ビオランテポスターが当たってしまったのは、今回が川北監督特集だからだろうか。



 そして来週は……
 尼崎怪獣市場!  出ます、やります、うろつきます

  

拍手[2回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 5 7 8 9
10 11 12 13 14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析