忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[615] [614] [613] [612] [611] [610] [609] [608] [607] [606] [605]
・すっかり月イチ更新になってしまいました。まあ、何とかやってます。どうにも仕事をやってると他の事をしにくい、というか。映画に行かない、ビデオレンタルしない、ただ仕事して家でぼーっとしてる毎日を送っております。大丈夫か? 
 
 そして仕事がひと段落した、ような二月も終わり。やはり、京都には行く! 
 超大怪獣大特撮大全集プレ企画『海底軍艦』『劇場版超星艦隊セイザーX・戦え!星の戦士たち』の二本立て! ちょっと妙な組み合わせだと思われますが新旧轟天号の活躍を描いた二本なのであります。
 
 ぽかぽかと暖かい土曜日。珍しく、一人でぶらぶら、車で京都へ向かう。時間もあるので高速に乗らずのんびりと向かう。途中、渋滞に巻きこまれたりで二時間半かかった。高速使えばよかった。
 
『海底軍艦』はいわずと知れた東宝特撮映画の傑作。というか、この映画はひとえに海底軍艦・轟天号のかっこよさに尽きる。だが、動き出すのは中盤から。突如、全世界に宣戦布告した海底ムウ帝国。同じころ、万能戦艦轟天を使って世界に挑戦せんとする神宮司大佐。立場は違えど、目的は一緒だったかもしれない。だが、そこに親子の情愛も絡め、轟天はムウ殲滅に乗り出す。
『さあ、行きますかな』と轟天を発進させる神宮司大佐。海を割り、空を駆けるその姿はスクリーンで見ると何とも頼もしく見える。そこにかぶさる伊福部メロディ、劇中の言葉を借りるなら『キチガイに刃物』である。
  
そして現在のところ最新の轟天作品『セイザーX』は、テレビシリーズの劇場版。東映よりも早くに大人数ヒーロー大乱戦、そして巨大ロボ勢ぞろいという贅沢で、密度の濃い映画。そして川北紘一監督の手掛けた最後の劇場作品である。
 とにかく、70分という短い尺を突っ走る。ややお話が散漫ながらも、本来の対象である子供を退屈させないてまにこれでもかと繰り出される見せ場の数々。
 セイザーXをはじめ、ジャスティライザー、グランセイザーが活躍すると主題歌が流れるのもポイント高し。
 圧巻なのはクライマックス、超巨大な怪獣マンモスボスキートに立ち向かう7体の巨大ロボ、という高密度な画の上に、美味しい場面をかっさらう、迎撃戦艦轟天! 敵ロボのどてっ腹に風穴開けて倒したり、マンモスボスキートの弱点を破壊し、セイザーさんたちに反撃のチャンスを与えるなど、初代轟天よりも大活躍している……気がする。
 そして来月からは超大特撮大怪獣大全集の本番スタート。オープニングは『地球最大の決戦』『ガメラ対バイラス』の宇宙怪獣二本立て! やはり、行くのか?
 

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 11
12 14 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析