忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[605] [604] [603] [602] [601] [600] [599] [598] [597] [596] [595]
・先日まで半袖で過ごしていたのに、めっきり冷えてまいりました。
 それはさておき、先週に引き続き塚口サンサン劇場へ。今日は『フランケンシュタインの怪獣・サンダ対ガイラ』です。二週続けて傑作の誉れ高い東宝フランケンを見れる幸せ。
 

 もう語りつくされた感はありますが、久々に見る『サンダ対ガイラ』はやはり、傑作というしかない。言い過ぎですかね? 前作とは微妙につながっているようで繋がっていない、パラレルな設定の中、ゴジラの半分ぐらいのサイズしかない怪獣が大暴れ!

 フランケンシュタインから生まれた怪獣サンダとガイラが……というのは説明不要と思いますが、とにかく、ガイラが怖い。オープニングから大ダコを倒し、漁船を揺らして逃げた漁師をパクリ、羽田空港に上陸して逃げ遅れた女をパクリ、と非道の限り。40年以上前の作品とは思えないくらいにガイラは怖い。設定身長が20~30メートル、見上げると目が合いそうな大きさである。ゴジラのようにドシンドシンと足音も立てることもなく、ノーマルスピードでひたひたとひょい、とやってくる捕食者。人気のなくなった夜の街をひたすら食べ物(人間)を探しにうろうろするガイラは怖い。
 対してサンダは人間に育てられたからか、ガイラの食尽習性を許さず……でも、どこか怖いので、あまり応援できない。
 そんな絶望的な状況の中、圧倒的にかっこよく見える自衛隊。今まで怪獣の引き立て役に徹していた自衛隊がここぞとばかりに大活躍。作品の中盤からはまるで記録映像のように対怪獣のL作戦を黙々と設営していく。そしてガイラに向けて一斉攻撃を仕掛ける爽快感。新兵器メーサー殺獣光線車もさも昔から使ってますよ、とばかりにさりげなく登場。ガイラに対し、圧倒的な威力を披露する。
 それ以降はひたすら怪獣を追う自衛隊、何とかサンダだけでも保護したいと考える科学者たちの物語が交互に織りなされていく。退屈か? 否、そこに至る事件の積み重ねがあるから、後半はやや一本調子気味でも気にならない。
 サンダに叱られて逆切れするガイラとそれをいさめるサンダの戦いは市街地から海へ。ここで見事なのは、自衛隊はひたすらサンダのみを攻撃する。サンダを味方しているのか、それとも、火力を一匹に集中させて先にガイラを仕留めるつもりだったのか。
 ラストの唐突さは前回と同じ。しかしここは人が作りし生命を戒める自然の怒り、とうまい具合に解釈しておきましょう。
 今回も、というかいつものごとく空埜先生も同行。前作と微妙にパラレルなのは、某魔法少女アニメのように、水野久美を軸にしたループ世界だから、という新説を発表。水野久美はいつかフランケンと共存できるために世界をやり直しているのだ。ならば『僕と契約してフランケンを助けてよ』と言ってくるインキュベイタ―は水野久美と同じく、世界が変わっても存在しているタコだ。
 もし、三作目があったら、次は空のフランケンしかない。その時はタコ(凧)に乗ってやってくるに違いない。 
 しかし、スクリーンで見る傑作怪獣映画は、なんやかんや言うてもおもろい。
怪獣は怖く、そしてかっこいい。それでいいのだ。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 17
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析