忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[601] [600] [599] [598] [597] [596] [595] [594] [593] [592] [591]
  
 昨夜は寝屋川の『怪獣談話室』でさんざん楽しい目に遭ってきた。ただ、帰りが夜明け近くになり、今日一日を寝て過ごした。まるで大学生のようでござる。
 
 怪獣談話室ではもっぱら先日の『惑星大戦争』『宇宙からのメッセージ』が話題になっていましたが、実は寝屋川に行く前に一本の映画を見てきたんです。
 今話題の宇宙アメコミ『ガーディアンズオブギャラクシ―』。スペースオペラに70~80年代のアメリカン文化をぶち込んだ傑作であります。さすがマイベストヒーロー映画『SUPER!』のジェームズ・ガン監督である。
 
 
 宇宙のアウトローたちがチームを組んで巨悪に立ち向かう。この一見使い古されたようなネタを実にうまく料理している。宇宙戦争のバックに流れる往年のヒット曲、というのも今までありそうでなかったかもしれないし、宇宙にカセットテープというギャップの新しさ。
 
 加えてキャラクターの立て方。一人一人の説明はすっ飛ばし、物語が進むにつれて各キャラの人となりが浮き彫りになる構成はさすがであります。
 ネットではこれ以上ないぐらいの盛り上がりで、自分も乗り遅れるな、とばかりに見に行ったのですが、面白いことは面白いものの、ずば抜けた面白さではなかった。
 あぁ、もう宇宙とかCGとか、仲間とかどうでもいい年齢になってきたのかなあ、俺。
 いや、違う、宇宙のならず者たちがチームを組んで顔色の変な悪者と戦う映画をつい先日京都で見たばかりだからだ!
 超有名店の美味いラーメンを食べたものの、頭をよぎるのは先日食べた癖があるけどそこそこおいしいインスタントラーメンの事……そんな感じである。
 恐るべし、『宇宙からのメッセージ』。映画を見るのも食い合わせが大事だな、と思った次第。『猿の惑星』にすればよかったかな
 

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 11
12 14 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析