忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[606] [605] [604] [603] [602] [601] [600] [599] [598] [597] [596]
  
・思えば、まだ寒い三月の最終日曜日。『そうだ、京都へ行こう!』と思ったのが運のツキ。京都みなみ会館、大怪獣大特撮大全集第一弾『地球防衛軍』で、主催のキャストさんにあいさつした時から……『バカと戦車』のチラシ作ってもらったり、イベントにゲストに出たり、人生初ラジオだったり、寝屋川に通ったり……。そんな中で色んな人との出会いがありました。もちろん、三月以降もみなみ会館には『時間があればまた来ます』と言いながら毎月通っていた。毎回おもちゃ持って、頭のおかしい奴だと思われてなかっただろうか。途中からは空埜先生も加わり、月末になれば二人して第二京阪を走ったものでした。
       
 そんなみなみ会館の特集も今回の『妖星ゴラス』『ヤマトタケル』の二本立てで最後。何やかやと言いながら完走してしまった。今まで何をやっても中途半端な俺が、よくも通ったものだ。これもゴジラ60周年の節目の年だからなせることだろう。それにしても、俺はヒマだったんだなあ。

    
 最後ということで、バカでかいヤマタノオロチを担ぎ、次男坊を連れて京都へ。9月あたりから、確実に客数が増えてきている。その頃ぐらいから先着プレゼントがもらえないぐらいに人が来ているのだ。
   
 『妖星ゴラス』はSF映画でありながら、超兵器や超科学戦、怪獣や怪人がメインではなく『ゴラスとの衝突を避けるために地球が移動する』という奇天烈なアイデア一点のみを売りにした作品。南極に作られたジェットパイプ基地建造の過程をこれでもかと広大かつ精巧なミニチュアセットで見せていく。クライマックス近くで登場する怪獣マグマも必要ないのでは? と思われがちだが、終盤のサスペンス描写に一役買っているのでよし。そのまんまセイウチなのだが、爬虫類というところがいい。志村喬がそういうのなら仕方ない。


 舞台設定は公開年より未来の1980年だが、心意気は60年代。何かあれば大騒ぎし、歌い、踊りだすところが何とものんきである。
   
『ヤマトタケル』は公開時に一度見ただけなので、記憶があいまいだったが、結構もったりとした展開、10分ほど切り詰めたらもっとテンポよかったのはと思った。とにかく、藤岡弘のやることなすこと、阿部ちゃんと高嶋兄の目からビーム合戦、衣装がごつすぎて首が埋まってるように見える目黒祐樹、空手家だけど妖術使いの石橋雅史、沢口靖子の『オン!』など、俳優側で色々とアレな見せ場の多い映画。
 

 
 クライマックスのヤマタノオロチとウツノイクサガミの対決ももったり……いやいや。ウツノイクサガミはカッコいいし、ヤマタノオロチはそのスーツがバカでかい。


 映画を見終わると『タマトタケル』の主題歌よろしく、RAIN、雨が降っていた。

 今回の上映は11月1日と3日。2日は東京でゴジラ誕生祭を控え、誕生日当日は京都で。『ヤマトタケル』の大河原監督のトークショーもあるとのこと。



 半年以上にわたり、通ってきたみなみ会館とも今日でお別れだ。と言いつつ、年末のオールナイトチケットを早々に購入したのでした。

拍手[1回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析