忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

 先週末、広島へ行って参りました。思えば、宮島文庫で入賞し、授賞式で訪れたのがきっかけで、家族で『また行きたい』という声が上がっておりましたので、何とか宿を取ることが出来たのです。うちの家族は一度気に入ると、近いうちに二度目に行くのが習慣のようになってまして、三重、名古屋に続く『お気に入りの街』になってました。

 その前に。出発日の朝『怪獣大奮戦・ダイゴロウ対ゴリアス』『直撃地獄拳・大逆転』のDVDが届いた。



 どちらも我が心の映画。怪獣も人間も根っからの悪党がいない牧歌的かつリアルな『ダイゴロウ~』と、どいつもこいつもこずるくて悪党(そしてバカ)ばかりの『大逆転』、いい年した男たちが己の信念を貫き通すファンタジーだ。

 

 そして続いて『将軍コレクション』が届く。北米版DVDで、千葉真一主演の時代劇を四本セレクトしている。アチラは、すぐ関連性のある作品をセット売り、ボックス売りしたがるが、そのチョイスがたまによかったりするので、見逃せない。内容は『将軍家光の乱心・激突』『柳生一族の陰謀』『赤穂城断絶』『忍者武芸帖・百地三太夫』。どれもこれも、千葉ちゃんは脇役で、しかも将軍ではない。将軍様がメインで出るのは『激突』ぐらいでは? いやしかし、この強引さと作品チョイスがいいのだ。

 これらをまとめて見たかったが、出発の時間だ。妻の実家の枚方から23時30分に出発。一時間しないうちに眠りだす家族、そして妻の両親。結局深夜の一人ドライブだ! しかも山陽道は霧が立ち込めている、危ない、

眠い! なので、サービスエリアでこまめに休憩を取りながら、のろのろと西へ。





睡魔が襲ってきて、いよいよ危なくなってきたので岡山県の吉備で仮眠。






外は満月でした。
6時起床。座席でもガッツリ眠れるものだが、隣の車が一晩中エンジンをかけており、その音が気になってしかたなかった。



 ベロクロンが襲った町、福山市で朝食を取り、広島へ。
 今回の旅行の目的は三つ。まずはそのうちの一つ、長男の『ズッコケ三人組像を見たい』という要望にこたえるため、西広島駅へ。『ズッコケシリーズ』はこの街がモデルとのこと、偶然だろうが近くにあったコンビニの名前は、『ズッコケ』の版元と同じ名前の『ポプラ』。



 広島なので、カープっぽい帽子で。

 続いて、二つ目の目的、前回ふらりと立ち寄った横川駅近くのおもちゃ屋へ。『こ、これは!』と思うものにめぐり合えず、残念。チェックインまでまだまだ時間があるので、南区民センターへ。偶然にも、そこで行われているサブカルイベント『あにこむ2011』に、『宮島文庫』で俺の作品を担当していただいたイラストレーターの炉火さんが来られているということで、ご挨拶に。
 会場のエレベーターを降りると、いきなりコスプレさんたちが。国際アニメーションフェスティバルに端を発し、今回のようなイベントなど、広島はサブカルチャーに対して積極的に盛り上げていこうとしている。宮島文庫もその一環だ。宮島の神が取り持つ縁か。 イベント会場だったこともあり、おどおどしつつ炉火さんにお会いし、お礼と、あつかましくもサインのお願い。サインの代わりに生イラストをいただく。

47de9cc6.jpeg

 お邪魔してはいけないので、そそくさと家族が待つ車へ戻る。あぁ、挿絵の原画、一枚もらえばよかった、と少し後悔。

 昼飯がまだだったので、本通り商店街へ。初めは広島焼きを、と思ったが、見つからなかったので、麦とろ定食を。そこでもおもちゃ屋に立ち寄る。デッドストックなど、魅力的なものや、プライスダウン商品も数多くあったが『これは!』と思うものが、見つからず。通りから外れた巨大ブックオフもまた同様。って、大阪とやってること変わりませんな。
 

 広島の動脈ともいうべき国道二号線を行き来していたのだが、今回も原爆ドームは見えず。代わりに、広島城は見た。
 そろそろいい時間なので、バイパスに乗って廿日市市へ、そこで、前回同様フェリーに乗って宮島へ。神の住む島、そしおて行ったことないくせに小説の中で滅茶苦茶にした島。そのおかげで呼ばれることになった島である。フェリーを降りると、おみやげ物売り場で『宮島文庫』発見!  
2da75cd6.jpeg

今回の目的の三つ目『宮島文庫が売られているのを確認する』をクリア。
 
 まずは旅館にチェックインし、散策に。
 表通りから外れた旅館で、借りた部屋は大人数用に、ロフトのあるおしゃれな部屋。子供たちはもちろんロフトに登り、ばんばん物を落として遊んでいた。
 宿を出るとすぐに鹿の出迎え。ここは神と鹿の住む島だった。
 


夕陽差す厳島神社の大鳥居。
 

日が暮れると潮が引いて、干潟に下りることが出来た。




 夕食を食べ始める頃から、体が熱く、意識が朦朧としてくる。仮眠を取ったとはいえ、夜間走行の疲れが出てきたらしい。風呂を済ませると俺は泥のように眠った。本当は夜の散歩とかしたかったのだが、体がもう言うことを聞かなくなっていた。もう歳か……。

拍手[1回]

PR
 このブログを始めてからもう五年が経ちました。その間、たいした活躍も無いまま日々あがいております。
ラノベ、ゲームノベライズ、ゲームシナリオ、雑誌記事……節操無くやってきたなあ。いや、そのフットワークの軽さが大事なんですよ。と、思いたい。
 この先どうなるか分かりませんが、ごらんの皆様、今後ともよろしくお願いします。
 お仕事は随時受け付けております。ッてこっちから動かないとなかなかないんですな、これが。

拍手[0回]

 ラノベ業界の端っこで死んだ子の年を数える男、昨日の敵は今日も敵、馬場卓也です。

 信じようが信じまいが……のフレーズですっかり市民権を得た感のある『都市伝説』という代物。『乗せたはずがいつの間にか消えていたヒッチハイカー』『いくら走っても燃料の減らない車』『ベッドの下に潜む片腕の凶悪犯』等々、『そんなバカな?』と思いつつもどこか信じてしまう噂話がアメリカには数多くあります。日本では『口裂け女』『人面犬』『地図にない村』などが有名どころだと思います。


 そして本題。
 二次元でも三次元でも可愛い女の子は何でも載せちゃうというコンセプトが、このカテゴライズされた世の中では異端であり、SF特撮雑誌でありながら『マグネロボ ガ・キーン』や『破裏拳ポリマー』を特集した昔の『宇宙船』のような、ごちゃ混ぜのカオス感が心地いい竹書房の雑誌『特冊新鮮組DX』
改め『TOP YELL』 10月号『萌える武器大全』という記事を書かせてもらいました!

 三国志、はたらくくるまに続く第三弾、今回は『銃』、名づけて『モエルガン』!
 銃を構えた女の子ではなく、銃器類を女体化、言われなくっちゃ誰か分からん!
 ホラ、初代のメガトロンもロボ体型から銃にトランスフォームにするあのニュアンスで。どのニュアンス? 銃器のスペック、レビュー等を参考に女体化しております。今回はイラストが先にあったので、それがありがたく、そこからイメージを膨らませて書きました。
 趣味に走ると007とマカロニとダーティハリーだらけになってしまうので、その辺はバランスよく書いたつもりです。

 誌名も変わり、今後もこのシリーズを続けらればいいな、とは思うのですが、どこに行っても売ってない。

 ネット上でも『やっと買えた』『○件まわってやっと購入』という声と『どこにいってもない』『見つからない』と、意見が二つに分かれており、まるでUFOかUMA のような雑誌であります。
 俺のところにもまだ見本誌がきていないのでなんともいえません。ひょっとしてそんな雑誌存在しないのでは? 俺も何軒か探しましたが一向に見当たらない。代わりにポパイ編集の『仮面ライダーコレクション』を買ってきました。あぁ、フォーゼ。



 ひょっとして……。
 俺は存在しない雑誌に記事を書いたのか?(そんなことはない)
 未来、もしくは異次元からの原稿依頼だったのか?(そんなことはない)
 おぉウルトラQの『あけてくれ!』のようだ。俺はこの先、南海高野線に乗って異次元に連れて行かれるのではないか?(ない) 

 次があれば何しよう? そろそろ寿司ネタの女体化やりましょうよ。





拍手[1回]

前回。まんだらけでキュアサンシャインを見た、という話を書きましたが。あれには続きがございまして。
やるの東名阪道、大阪へ向かう車中でのこと。今日の出来事っを面白おかしく話す俺に子供が一言。
『あれ、キュアパインやで』

な! ビデオテープの逆再生のように俺の脳内でその日の記憶がぐるぐると戻っていく!
そうだ、レジにいたキュアさんは髪が短かった!
サンシャインなら

sunshineAfter.jpg
こうだ!

片やパインさん(親は獣医)は

curepain_l.jpg
こうだ!
そうだ、あれはキュアパインだったのか! 不覚、というかパインさんにすりゃ
『この親父、間違えてるギャ!』と名古屋弁で毒づいていたに違いない!
子供らは『胸のマークで分かった』そうな。

名古屋まで来てコスプレ店員見てすっかり舞い上がっただけだ!

この場を借りて申し訳ございませんでした!
今度行くときはよろしく!

というわけでキュアベリーこと喜多村英梨さんが表紙の『特冊新鮮組DX』9月号の見本が届きましたよ!
アイドル誌なのか、アニメ誌なのか、渾然一体としている上にリニューアル前はあれな内容だったので、本屋さんのどこの売り場にも置いていないという声が続出しております。

32c288c5.jpg
もう、がんばって買ってほしいというしかない、もしくはアマゾンで、でも18禁扱いだよ!

中を見ると、おぉ
『萌 働くクルマ大図鑑』がどどんと! 素晴らしい、そしてお恥ずかしい、しかしながらこの次がないと生きていけないので、そこんとこよろしく!

c4015da8.jpg
しかし、どのこも車に見えない、ソレがまたいい!

◎大阪のショッピングモールで見かけた某浄水メーカーのマスコット、チャプリン。
着ぐるみを見たら撮れ! でもコスプレは撮れなかった。
5c6bba78.jpg

◎尾張名古屋の旅の帰り、徳川御三家のひとつ、紀州藩出身の将軍がメダル怪人と共闘する劇場版オーズの主題歌を買う。結局今回は名古屋で何も買わなかったなあ。
しかし、CD(レコード)買ってポスターもらうっていつ以来だ・・・・・・。


eff36720.jpg

拍手[1回]

7830d718.jpg

名古屋二日目。
地方の何がいいかというと、この時期は関西だと高校野球で中止している日曜朝のちびっ子タイムが見れるということ。あ、がメル死んだ!
朝食とって、さてどこ行こうか? 先発隊の家族は昨日、港の水族館に行ったそうで、その時、『科学館がおもろいらしい』との情報を得たそうだ。
ということで科学館へ。前にも書いたが、京都のように碁盤の目に区画整理されている名古屋市はとても行き来がしやすい。道路も広いので、引っかかることがない!
そして緑が多い、公園が、そして噴水がやたらと多い!

そんな公園の一つにある科学館に着くと、長蛇の列が! ダメだ、あきらめよう。しかしなぜ、科学館に人がこんなに? 他に娯楽がないのか? 何か素敵なイベントが?
d805493e.jpg
特別展示『中国の恐竜展』がそんなにすごいのか? 警備員さんに聞くと、行列はプラネタリウム待ちだそうだ。なんでも日本一の大きさを誇るプラネタリウムだそうで、並んでまで見たいのも無理はないか、と思った。恐竜展は並ばずには入れました。

 1477a9f8.jpg
恐竜、でかい!

064d1b4e.jpg
 

いつも思うのだが、大昔はこんなでかいトカゲがのそのそと動き回っていたのかあ、と思うと感慨深い。
科学館は他にも、遊んで学べる展示が多数あり、飽きない。というか、子供多すぎて遊べない。

科学館を出て、午後からは名古屋市の繁華街、大須へ。街の作りも似ているが、じわじわーと来る暑さも京都のようだ。これは周りが盆地で、地形が似ているからだそうだ。
前回はいけなかった大須! 大須、大須、大須、オース、カモーン!
大学生の頃、一度いったことはあるが、やたらと古道具屋、古本屋が多く、ほとんどシャッターが閉まっており、まるでゴーストタウンのようだったが、あれから色々あってものすごく活気にあふれていた。

b960f400.jpg
大須演芸場は健在! 『納涼怪談祭り』をやっていた。
 

f1a90c5c.jpg
町中に寄席があるっていいねえ。東京に行ったときも新宿でスエヒロ亭を見つけ、少し感動してしまった。

名古屋の料理はどれもボリュームがある。あんかけパスタを食ったが、山盛り! ワンコイン(500円)でお釣りが来るってのに大盛り! 子供の注文したオムライスも然り。それに卵がふわふわしている。手羽先をはじめ、鳥料理が名物だけあって、卵もまた美味しいのかね。ついでに豚も名物だ。トンテキはうまいよ!

昼食後は各自別行動。俺は、いつものようにぶらぶらとおもちゃ屋を巡る。調べると、まんだらけがあるというので、行ってみた。
いつものように、商品が多すぎて何がほしかったのか和歌楽なってしまった。

子供が漫画を買うというので、レジに持っていくと、黄色いプリキュアがいた。
コスプレさんを目の前に緊張する俺と娘。小さな声で『サンシャインや、キュアサンシャインや!』と呟く俺。子供に優しい黄色い店員さん……。
 
ちなみに店の外にも、黄色いメイドさんがいた。首に鈴、チェックのポケット、赤いリボン……。
『ドラミちゃんやろ?』
彼女は俺の美しくない方言に、笑顔で答えてくれた。

fd8c2c99.jpg
そして数十年ぶりの再会、『だるまや玩具店』!
仮面ライダーがオバQを轢いている看板は健在。
69230a49.jpg
著作元からクレームがついて看板を外したのかと思ったよ。

1739545e.jpg
バラゴンもいるぜ、しかしなぜゴジラではなく、こいつ? 中は普通のおもちゃ屋さんで、次男はここでガメルのソフビを買いました。

大須を離れ、昨夜はみんな寝てしまい見れなかったテレビ塔へ。

ba9284bf.jpg
公園通りにでんと立つ鉄塔。街のつくりといい、どことなく、フランス、パリのエッフェル塔を思わせる。とはいえ、パリには行った事ありませんが。
近くには『大日本人』で竹内力が暴れまわった観覧車が。

地下街を抜けて、展望台まで登ってみた。

 74b031f5.jpg
おぉ、絶景。 建立は昭和29年というから、東京タワーよりも古い。
展望室のギャラリーにはタワーの歴史がパネルで紹介されていたが、ゴジラとバトラに壊されたことには触れられていなかった。
29c93a95.jpg
名古屋城。
四日市→名古屋城→テレビ塔って、あの時のゴジラは迂回しながらふらふらと歩いていたことが分かる。

4c04757e.jpg
ここも緑が、噴水が多い。公園好きだなあ。逆に言うと、大阪はガチャガチャ新しいもの作りすぎだあ。
Uターンラッシュに巻き込まれないように、市内のスーパー銭湯でのんびり、そして山盛りのトンテキを食って大阪へ。
また行きたい街です、そのときはよろしくお願いします。


 

拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析