忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
・ようやく一仕事終え、ゆるゆるとあるかどうかも分からない、次の準備もしているわけですが、どうにも人間が丸くなった気がする。体型も丸くなったような。そういや三食きちんと食べているせいか、体重も増えてきている。
 これではいかん、野性を取り戻すぞ!
 ハリマオ戦でかつての自分を取り戻したケンカ屋、矢吹丈の様に、俺も強烈な刺激を受けて野生のカンを取り戻すのだ!
 というわけで、来るまでに時間、和歌山は白浜のアドベンチャーワールドに行ってきました。かつては温泉で賑わい、今やすっかり『パンダの町』となった白浜。でも全部中国からのレンタル。決して野良のパンダが大量発生しているとか、そういうわけではない。確かにパンダの数は多い。ここで生まれたパンダもいるし、双子のパンダが話題になったこともある。でもレンタル。大昔、カンカン・ランランの二頭で日本中が大騒ぎしていた頃がウソのようだ。

 エントランスをくぐると、東京ディズニーランドに倣ってか、おみやげ物やさんがずらりと軒を連ねる。でも、アチラの動物たちは人工物だが、こちらは本物だ、噴水ではペンギンが泳ぎ、ガラスケースの中ではレッサーパンダがうろうろとしている! ジャイアントパンダに『パンダ』の称号を奪われたレッサーが、入り口入ってすぐの場所で、まるで前座のように客を待ち構えるというこのわびしさ。


 
 パンダも人気だが、ここに来れば、まずはサファリでしょう。ここで野生動物を堪能して次に備えるのだ! ケニア号に乗ってごとごとと動物の世界を見て回る。しかし、みんな、昼飯前だからかゴロゴロしてるぞ。メシ食ったら食ったでまたゴロゴロするんだろうが。普段あまり見れない動物たちを目の当たりにすると、なんだかわくわくするもの。おそらく彼らの野生の血が俺の野生を呼び覚まそうとしているのだ、とそう思うことにした。ケニア号を回って、目的の半分は達成されたようなものだ。続いてはパンダ! 珍しくゴロゴロしてない、笹をうまそうにほおばっているではないか! 多分これはシフト制で『屋外でお客さんの前で媚びる役』が決まっているのだと思う。屋内のパンダたちは揃って尻を客に向けてゴロゴロしていた。





パンダまん。パンダ肉は使っていない、と思う。

パンダの次は海の動物、ということで、ペンギンやイルカも見たし、かなり満足。いや、まだ時間はある。


そこで、さっきのサファリのコースを歩くことに。ここでは他に、自転車や貸し切りカートでのサファリ見学も可能なのだ。
出発前に動物の餌を購入し、先ほどのコースをてくてくと歩く。そして決められた場所で動物たち直に手渡しでえさやりができるのだ。ラクダ、獏、象……えさと一緒に手を食われないかとひやひやしたが、なれてくるとかわいいもの。


とはいえ、キリンがその長い首をもたげ、迫ってきたり、ラクダがくしゃくしゃの口をパクリと開けたりと、かなりの迫力がありました。しかし、サファリ内でもオーソドックスで、その数も多い鹿でも、近づいてこられると、かなりでかい。こんなのとケンカしても勝ち目はない。







充分彼らから野生をいただいた俺は最後に軽く、ふれあい広場でアヒルに餌をやり、ラーマの糞を踏みしめながら、帰ることにした。と思ったけど、せっかく白浜に来たので。

 自殺の名所として名高い三段壁も見学。絶景、そして絶海の絶壁。柵はしてあったものの、奥に行くにつれそれもなくなり、本当にひょい、と飛び降りれそうになっている。よく見れば、崖の下では、どこを伝ってきているのか、釣り人もいた。
 
 レジャー、じゃない、野生の成分を充分に蓄えることができたので、次に望みを繋げる、と思ったが、帰りに入った銭湯の電気風呂にしびれて、野生のカンもこれからのこともすっかりと忘れてしまった。

拍手[0回]

PR

 終った、何もかも。多分。
 実際は先週末に全工程を終えて一息ついて、一息ついて、一息ついて……つきすぎだ。そして今日、次の仕事に取り掛かる前にインフルエンザの学級閉鎖やら代休やらで、家族がほとんど家にいる状態ですよ。なんだかのんびりしてるなあ、いいのだろうか。

 12月から延々と続いた仕事は文章を書く、ひたすら書くといういつもの作業。
 これが今までと違っているのは、それが未経験の媒体のお仕事で未知なるジャンルで、短文をひたすら書くというもの。オソラク、これが世間に発表されることはないし『自分が書きました』と声高に言えるものではないので、守秘義務に触れないようにここに書いておく。
お話をもらったときはあまりにもジャンルが違うので、断ろうかと思ったのだ、いつの間にか引き返せない状況に。『ええい、やってやるぜ!』と引き受けたものの、600文字、原稿用紙にして一枚半の短文を書くというのは結構しんどい作業でした。さらに、好き勝手に書いていいというものではなく、テーマが決まっている。そのテーマにそって調べものをしないといけない。1テーマにつき、600文字を17項目。それが最初は、9テーマ、それが終って一安心といったところに『一月、空いてますか?』で引き受けちゃって8テーマ、最後に誰も手がけるものがいなくなって15テーマ! これ、普通に小説一本書けたんじゃね? 一体自分はどれだけ書かないといけないのか? それを計算しちゃうと、その文字量に圧倒されて書けなくなってしまうので、何も考えずひたすら、ただひたすら書く。買ったDVDも、録画した番組も見ずにひたすら書く、機械のように書く。
何でもやる物書きに、洗濯の権利はないのだ、やるんだよ、でもやるんだよ。

 ひょっとしたら、これが終ると、自分はとんでもない能力を身につけているんじゃないか? と思ったのだが、終ってみれば、そんなこともなく、気の抜けたような日々を送ってます。でも、次の準備にかからんと。今度は、小説をやりたいな。ぜひやろう。
 ようやくすべて終え、時間ができたので、レンタルした『服部半蔵・影の軍団』を見てました。

 

これと必殺シリーズは夜十時からの放送だったので『大人のドラマ』というイメージでした。でもJAC総出のアクション大会は、大人だけに見せるのはもったいないし。逆に考えると、ちびっ子の好きな『JAC』『忍者』をよく大人の見る時間帯に持ってきて、なおかつ大成功を収めたものだなあ。

 ここでも火野正平はいつもと同じ役回りだなあ。大掛かりな爆破シーンでは『赤影』のフィルム使ってるな。
いろんな人が演じてきましたが、服部半蔵と柳生十兵衛といえば、千葉真一ですなあ。

そして作品内容にぐっと合ったエンディング。
  
そして誰がわかるんだ、これ。


拍手[0回]

 



あけましておめでとうございます
本年もぼちぼちと、まじめに不真面目にいきますので、よろしくお願いします。
去年よりも作家業を頑張るぞ、そして、ついに環境の復活したブルーレイのために、仕事して、ソフト買うぞ。あぁ、小さい。
とりあえず今は『ダーティハリーボックス』みてますよ。なんて画質だ。

というわけで、新年早々のカラオケ一発目は干支にちなんだこれでした。


拍手[0回]

前回のお話。広島・宮島へドライブ旅行。疲れ果てて寝た。あぁ、歳だなあ。

 

 そう、歳だった。翌日の朝。ゲストハウス菊がわにて、銀河帝国ザンギャックのワルス・ギルの最期を見届けながら、その日が自分の誕生日であることを思い出した。旅先で誕生日を迎えるのは生まれて初めてだ。
 ついでに言えばその前夜、生まれて初めて抹茶アイスクリームを食べた。

二日目はガッツリと宮島で遊ぶ。何の根拠もないが、誕生日を神様の島で迎えるなんて、なんだか縁起がいい。


 チェックアウトすると、まずは厳島神社参拝、そこで再び『勝手なこと書いてすみません、仕事増やしてください』と謝罪&お願い。そして前回は改装中だった宮島水族館へ。
 
 小ぢんまりとした印象だが、小さかろうが、大きかろうが水族館や動物園はいつ来ても楽しいものだ。



内外の魚介類を堪能し、ロープウェイで弥山(みせん)へ向かう……予定だったが、乗り場まで山を少し登らなければならないので、たどり着く前にへばってしまい、紅葉谷公園で昼食を取って下山。観光客と鹿でごった返す参道を抜けつつも、みやげ物を物色。ここでも『これは!』と思うものが……。当たり前だ。
 島内の書店で『宮島文庫』のビラが貼られているのを確認するも、あいにくと、お店は休み。
フェリーターミナルにて両親に頼まれた『宮島文庫』を購入し、宮島を離れる。
さようなら、宮島の三女神。また機会があれば、来ます。
 
 旅の締めは、最寄のブックオフ。って、またかよ。そこで誕生日プレゼント代わりに『オーズ・電王・オールライダー・レッツゴー仮面ライダー』のDVDを購入。むう、微妙。
 そして帰りも、休憩込約五時間のドライブの末、自宅についたのは深夜だった。
 
 次回行くことがあれば、地元のマッサージのおばちゃんから聞いた『白い狸』をぜひ見たい、と思う。いつかまた、宮島の神様に呼ばれる日まで。
 

拍手[0回]


 先週末、広島へ行って参りました。思えば、宮島文庫で入賞し、授賞式で訪れたのがきっかけで、家族で『また行きたい』という声が上がっておりましたので、何とか宿を取ることが出来たのです。うちの家族は一度気に入ると、近いうちに二度目に行くのが習慣のようになってまして、三重、名古屋に続く『お気に入りの街』になってました。

 その前に。出発日の朝『怪獣大奮戦・ダイゴロウ対ゴリアス』『直撃地獄拳・大逆転』のDVDが届いた。



 どちらも我が心の映画。怪獣も人間も根っからの悪党がいない牧歌的かつリアルな『ダイゴロウ~』と、どいつもこいつもこずるくて悪党(そしてバカ)ばかりの『大逆転』、いい年した男たちが己の信念を貫き通すファンタジーだ。

 

 そして続いて『将軍コレクション』が届く。北米版DVDで、千葉真一主演の時代劇を四本セレクトしている。アチラは、すぐ関連性のある作品をセット売り、ボックス売りしたがるが、そのチョイスがたまによかったりするので、見逃せない。内容は『将軍家光の乱心・激突』『柳生一族の陰謀』『赤穂城断絶』『忍者武芸帖・百地三太夫』。どれもこれも、千葉ちゃんは脇役で、しかも将軍ではない。将軍様がメインで出るのは『激突』ぐらいでは? いやしかし、この強引さと作品チョイスがいいのだ。

 これらをまとめて見たかったが、出発の時間だ。妻の実家の枚方から23時30分に出発。一時間しないうちに眠りだす家族、そして妻の両親。結局深夜の一人ドライブだ! しかも山陽道は霧が立ち込めている、危ない、

眠い! なので、サービスエリアでこまめに休憩を取りながら、のろのろと西へ。





睡魔が襲ってきて、いよいよ危なくなってきたので岡山県の吉備で仮眠。






外は満月でした。
6時起床。座席でもガッツリ眠れるものだが、隣の車が一晩中エンジンをかけており、その音が気になってしかたなかった。



 ベロクロンが襲った町、福山市で朝食を取り、広島へ。
 今回の旅行の目的は三つ。まずはそのうちの一つ、長男の『ズッコケ三人組像を見たい』という要望にこたえるため、西広島駅へ。『ズッコケシリーズ』はこの街がモデルとのこと、偶然だろうが近くにあったコンビニの名前は、『ズッコケ』の版元と同じ名前の『ポプラ』。



 広島なので、カープっぽい帽子で。

 続いて、二つ目の目的、前回ふらりと立ち寄った横川駅近くのおもちゃ屋へ。『こ、これは!』と思うものにめぐり合えず、残念。チェックインまでまだまだ時間があるので、南区民センターへ。偶然にも、そこで行われているサブカルイベント『あにこむ2011』に、『宮島文庫』で俺の作品を担当していただいたイラストレーターの炉火さんが来られているということで、ご挨拶に。
 会場のエレベーターを降りると、いきなりコスプレさんたちが。国際アニメーションフェスティバルに端を発し、今回のようなイベントなど、広島はサブカルチャーに対して積極的に盛り上げていこうとしている。宮島文庫もその一環だ。宮島の神が取り持つ縁か。 イベント会場だったこともあり、おどおどしつつ炉火さんにお会いし、お礼と、あつかましくもサインのお願い。サインの代わりに生イラストをいただく。

47de9cc6.jpeg

 お邪魔してはいけないので、そそくさと家族が待つ車へ戻る。あぁ、挿絵の原画、一枚もらえばよかった、と少し後悔。

 昼飯がまだだったので、本通り商店街へ。初めは広島焼きを、と思ったが、見つからなかったので、麦とろ定食を。そこでもおもちゃ屋に立ち寄る。デッドストックなど、魅力的なものや、プライスダウン商品も数多くあったが『これは!』と思うものが、見つからず。通りから外れた巨大ブックオフもまた同様。って、大阪とやってること変わりませんな。
 

 広島の動脈ともいうべき国道二号線を行き来していたのだが、今回も原爆ドームは見えず。代わりに、広島城は見た。
 そろそろいい時間なので、バイパスに乗って廿日市市へ、そこで、前回同様フェリーに乗って宮島へ。神の住む島、そしおて行ったことないくせに小説の中で滅茶苦茶にした島。そのおかげで呼ばれることになった島である。フェリーを降りると、おみやげ物売り場で『宮島文庫』発見!  
2da75cd6.jpeg

今回の目的の三つ目『宮島文庫が売られているのを確認する』をクリア。
 
 まずは旅館にチェックインし、散策に。
 表通りから外れた旅館で、借りた部屋は大人数用に、ロフトのあるおしゃれな部屋。子供たちはもちろんロフトに登り、ばんばん物を落として遊んでいた。
 宿を出るとすぐに鹿の出迎え。ここは神と鹿の住む島だった。
 


夕陽差す厳島神社の大鳥居。
 

日が暮れると潮が引いて、干潟に下りることが出来た。




 夕食を食べ始める頃から、体が熱く、意識が朦朧としてくる。仮眠を取ったとはいえ、夜間走行の疲れが出てきたらしい。風呂を済ませると俺は泥のように眠った。本当は夜の散歩とかしたかったのだが、体がもう言うことを聞かなくなっていた。もう歳か……。

拍手[1回]



忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 26 27 28 29
30 31
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析