忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]


 最近、梶原一騎作品を再読している、と前にも書きました。しかし、偏食はよろしくない、なんでももりもり取り込んでいかないと。

 梶原一騎が劇画魔王ならば、今回はその対極にある『漫画の神様』の元へ行ってみようと思いました。  漫画の神様といえば、手塚治虫です。車で一時間ばかりの距離なのに、今まで行くことのなかった宝塚市の『手塚治虫記念館』へはじめて行ってきました。



 手塚先生はその昔、『巨人の星』を手に、『これのどこが面白いのか、説明してくれ!』とべそをかいたとか。

火の鳥!

 そしてハリウッドばりに手塚キャラの手形、足型が刻まれた玄関前。


マグマ大使と魔神ガロンの二大巨人の手形。


エントランスのサファイアとアトム。 マグマ大使のガレキは展示してたけど、サンダーマスクはなかったなあ。

 そして、手塚先生の中学時代の作品を見て『こりゃかなわない』と、すぐにでも帰りたくなりましたが、そうじゃないだろ。  漫画の神様へ触れ、ものづくりの源流のようなものを得よう……というのは建前でして真の目的はこれ


企画展『鉄腕アトムからマジンガーZへ』。マジンガー40周年、アトム60周年のダブルアニバーサリーの企画、手塚先生ごめんなさい、やっぱり、アトムよりマジンガーなのです。


 展示は小規模ながら、それでも、当時の原画や、短編『思い出のk君』『衝撃!H編』もフォローしたマジンガーシリーズの変遷、そして超合金など、グッズの展示。そして、オナジク40周年のデビルマン、昨年発表された永井先生の読みきり『どろろとえん魔くん』にちなんでの、どろろんコーナー。

 小規模ながらも、濃い、実に濃い、原画の線一本一本、鉛筆で手書きのネームに凄まじいエネルギーを感じる! あいにく原画は写真撮影禁止でしたので、紹介できません。

 しかしながら、永井先生が来館された時に、さらさら、と書いたアトムとマジンガー。どう真似ても出来ない、マジンガーの凶悪な面構え!これだ、この顔だ、本物だ! アトムは、ツノ長いですが。 モニターには何度も何度も見た『マジンガーZ』オープニングが。何度も何度も見たはずなのに、ついつい見てしまう。もう、モニターの前で一日過ごしてもいいほどに。


 記念写真コーナーの俺。マジンガーの手に乗ってるつもり。硬い、実に硬い! 外国人女性から『写真撮ってください』と言われたので、お返しに撮ってもらったもの。女性、しかも外国人の方に奇行は見せられない小心者でした、実に小さい! 『マジーンゴー!』の一声でも教えればよかった、と悔やむ。

 
マジンガーとマジンガー。

 

そして、塗り絵コーナーに置かれたマジンガー塗り絵で遊ぶ。

 子供らにしては手塚治虫、鉄腕アトムと言ってもピンと来ない感じ。アーカイブも豊富、漫画読み放題なのに。 それよりも塗り絵や、地下で簡単なアニメを作るほうが楽しかったみたいです。

     
宝塚で大量の光子力エネルギーを蓄えた気がするので、これをなんとか次に生かしたいと思うのでした。  あ、手塚先生の記念館でした。

拍手[0回]

PR

新年明けましておめでとうございます。

今年は喪中につき、年賀状が送れないので、ここで新年の挨拶と変えさせていただきます。

昨年は『なんとかやったった』一年でした。思いがけずゲーム関係の仕事が続き、絶え間なく仕事ができたのは主を持たないモノカキとしては実にありがたいことでした。 今年はそれを更に飛躍させていきたいと思っております。小説、シナリオ、その他諸々、モノカキ仕事は随時受けます、そして売り込みます。

 

 干支にちなみ、毒蛇の如く、世間に牙を突き立てたいですね。何かせんと。

Pyoroi.jpg

拍手[0回]

・モノカキ稼業を初めて何年経っただろうか。
色々な仕事をやらせてもらったが、自分の腕より何より『縁』が実を結んでくれたことが多いなあ、と改めて思う。

ということで、絶賛発売中『幻奏童話アリステイル』のシナリオを一部お手伝いさせてもらってます。
 
年齢制限ゲームですが、ぜひぜひ。 ポスターやパッケージに自分の名前があると、いまだにどきどきしますな。
 
これもまた、昨年末より作業をしていた『あっぱれ!天下御免』のノベライズ作業が生んだ縁。
 ゲームの製作元からお声がかかり、本社に出向いて、資料を簡単な打ち合わせ、そして作業、という流れです。 『キャラをブラすなあ!』という叱咤を受けながらの作業はなかなか楽しいものでした。

おとぎ話の能力を身につけた少女達と狼軍団を描く作品、というのは前にも説明したかもしれません。 今回はその中で、2エピソードほど担当させてもらいました。 とあるキャラがやたらと体育会系になってしまったのは俺のせいかもしれない。 特訓エピソードだったので、頭のどこかで『ウルトラマンレオ』があったからなあ……。



ともあれ、『幻奏童話アリステイル』よろしくお願いします。

拍手[0回]

 子供よりも夏休みを満喫しているような今日この頃。いや、仕事にはちゃんと行ってますし、次の準備も早くしないと思うのですがね。

 先日テレビで『小さき勇者たち・ガメラ』をやってました。伊勢志摩から名古屋というローカルな風景の怪獣映画。公開時は怪獣ものということを前面に押し出さなかったせいか、微妙な内容になってしまったのですが、伊勢も名古屋も後年訪れたせいもあって、憎みきれない映画なのです。良くないのはガメラの顔が可愛すぎるからかな。地方都市にひょっこり現れて、地元民を恐怖に陥れる怪獣ってのも悪くない。
 

 そんなこんなで公開時に発売し、複雑な心境でスルーしたフィギュアのセットを今更オクで購入。リクガメをモチーフにしたガメラは、子供の頃と大人になってからだと、極端に顔つきが変わりますね。
映画の冒頭に登場した大人ガメラ(アヴァンガメラ)は、やりすぎた感が強く、病気にかかっているようにも見えますな。
 
 そんなわけで三重です。またまた三重。今回、ちょいと野暮用で、三重のいなべ市というところに行ってきました。おなじみ阪和国道を抜けて、東名阪から桑名インターを降りて、山の中へ。
 田舎、である。ぽつぽつと集落が立ち並ぶ田舎である。文化の象徴とも言うべきコンビニも見当たらない。しかし、自然豊かな土地で、大阪で見られないような蝶々が飛んでいたり、川にはタガメが泳いでいたり。住んでみたい気もするが、田舎暮らしに憧れるのは、街暮らしに疲れた人間の見る幻想だったりすることがある。そんな人間が住むと、一ヶ月もしないうちに音を上げるかもしれない。

 それに冬は豪雪地帯なのと、映画館が近くにないのは困ったものだ。
 
 そんな自然に触れてからの帰路、北に行けば岐阜県、南下すれば名古屋という場所でもあるので、寄り道して大須にでもいってみるか、ということになった。
 名古屋市街までは桑名インターから高速に乗って30分もかからない。

 と、インターの近くで、巨大なリサイクルショップに出くわした。地方でよくある郊外型のあれだ。似たような店は滋賀でも、岐阜でも見かけた。大阪の郊外にもある。大体が、空き店舗を改装したベニヤ張りの内装で、中は、何かを誤魔化すように音楽がフルでガンガンかかっている。売っている者は古着に釣具、家電、そしてオモチャに古本、DVDと、『生活にあまり必要でないもの』がほとんどだ。または『文化の掃き溜め』。
 大須に行く代わりに、と立ち寄ってみたが、ここも、音楽がガンガン鳴っていた。これは人間の感覚を麻痺させたり、判断力を鈍らせる効能でもあるのだろうか? しかし、こんなところで思わぬ掘り出し物を探してしまうのが俺の悪いクセでもあり、楽しみでもある。しかしながらフィギュアはネットで調べているのか、相場はどこも似たり寄ったりである。

 まあ、でかいだけであまりたいしたことないか、とご丁寧にマンガが出版社別に並べられた書籍コーナーに行ってみた。

tLWy8.jpg







 ぐちゃぐちゃ言うくせに色々買ってしまったのだ。
『遠出してるからなんか買っておこう』という思いと、先に書いた音楽ガンガン効果だと思うが。逆に嫁さんは集中できずにほしいものがあったにもかかわらず、やめたそうだ。 
 巨大インペライザーソフビは100円だった。そうだよ、こういう出物を待っているんだよ。

 桑名の街はそれなりに賑わっており、そこにはおなじみ巨大イオンモールと、巨大ブックオフがあった。

 帰りの高速道路で『俺は何をしにここまで来たんだっけ?』と思いながらハンドルを握っていた。自然に触れつつも、最後は俗世間にまみれてしまうのでした。

 
桑名のものすごい夕景


拍手[0回]


写真はランダムです

◎あれは三年前の夏。窓いっぱいに映る花火に大興奮したあの夜。外で蚊に刺される事なく、のんびりと花火見物が出来たあの感動をもう一度。
ということで、花火大会が行われる週末を利用して信州の叔父の家に遊びに行ってきました。夜勤明けてそのまま長野県は泰阜村へ。
中央線で飯田山本のインターを下りて小一時間ほどの場所にある泰阜村は、静かな農村で、特に観光名物というものがない。あるけども、目立つものはない場所。
隣町にはコンビニはあるものの、深夜誰が買い物に来るのか?と思えるぐらいにひっそりとしている。そして、行く道々では、狸の轢死体をよく見かけた。
でも、そこがいい。何もない静かなところへ行くのもいい。しかもテレビもネットもないので、外界から遮断された気分になる。

途中、渋滞に巻き込まれながら着いたのは夕方近く。早く風呂に入らないと花火が始まってしまう! その日は泰阜村、隣の阿南町、下条村、飯田市でも花火大会が行われるとのこと。

山々のあちこちで戦争が起こったかのように轟音が響き、閃光が走る中を、泰阜村の村民グラウンドへ向かう。

山間が赤や緑で輝く中、車を走らせていると『未知との遭遇』の一場面のような気分になる。
 しかし……。これが山道を行けども行けどもたどり着かない。
 道を間違えたのか? と思った頃にようやく到着。
 グラウンドから打ち上げられる大輪の花火。かぶりつきで花火を見るのは生まれて初めてだった。

 鹿が車の前を横切るサプライズもあったりで、帰宅するも、花火は終らず、その音を聞いて眠りにつく。

 


 翌朝。朝もやでけむる村を散策したのち、『どちらかといえば、大阪よりも近い』という単純な理由で東京へ。あの『特撮博物館』を見るためだ。

 しかしこれが直線ルートというものが存在せず、一度山梨県を経由しないといけない面倒なコース。しかし、行くしかない。
諏訪湖のあたりを頂点とし、ちょうど大阪・長野、東京と『へ』の字型に進む事になる。

 諏訪湖の人気者、諏訪姫。これがサービスエリアにあるんだから世の中分からない。普段はこの手のフィギュアは買わないのだが、つい購入。

 山梨を抜け、少しだけ神奈川をかすめ、『東京かよ、ここ?』と思えるぐらいに緑の茂った八王子を抜け、都心部へ。ナビがないと絶対たどり着けそうにないぐらいに入り組んだ首都高速をぐにゃぐにゃと進み、ようやく木場インターで下りて、東京現代美術館へ。

『特撮博覧会』とは、 怪獣、ビル、軍事兵器、超兵器、超人……日本の特撮映像で使用された現存するミニチュアが会社の枠を越え、一堂に会する展覧会である。

 『よくもまあこんなものが……』と思うものが多数展示。そしてその大きさに驚かされもした。個人的にはメカゴジラⅡが見れただけでも満足。ここでの様子を書くときりがないのでとにかく『すごかった』の一言。布団しいて会場に住みたいぐらいである。
そしてこの展覧会の売りの1つがスタジオジブリの特撮映画『巨神兵東京に現る』であるが、前回のモンスター研究所同様、うちの兄貴達は恐れをなして逃げてしまった。
 CGいっさいなし、巨神兵の力でなぎ払われる町をこれでもかこれでもかと見せる実に濃い10分間。
 
満腹状態の展示のトリを飾るのは、ミニチュアの町並み。会場内で唯一撮影オーケーな場所だけあって、来場者はこぞってシャッターを切っていた。

そして、再び信州へ。その前にちょっと足を伸ばしてスカイツリーへ。間近で見るよりも、遠景で見るほうが巨大間と迫力がある。


飯田市の温泉に浸かり、泰阜村へ。

 最終日は阿南町にある温泉『かじか荘』そばの川で遊び、温泉に浸かり、早めに出発。くたくたになりながらも、大阪へ。
 
 戻ってみるとオリンピックで世間は盛り上がり、そしていつもの生活が待っていたのであった。信州はいいなあ、また行きたい。


拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析