忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[529] [528] [527] [526] [525] [524] [523] [522] [521] [520] [519]


 最近、梶原一騎作品を再読している、と前にも書きました。しかし、偏食はよろしくない、なんでももりもり取り込んでいかないと。

 梶原一騎が劇画魔王ならば、今回はその対極にある『漫画の神様』の元へ行ってみようと思いました。  漫画の神様といえば、手塚治虫です。車で一時間ばかりの距離なのに、今まで行くことのなかった宝塚市の『手塚治虫記念館』へはじめて行ってきました。



 手塚先生はその昔、『巨人の星』を手に、『これのどこが面白いのか、説明してくれ!』とべそをかいたとか。

火の鳥!

 そしてハリウッドばりに手塚キャラの手形、足型が刻まれた玄関前。


マグマ大使と魔神ガロンの二大巨人の手形。


エントランスのサファイアとアトム。 マグマ大使のガレキは展示してたけど、サンダーマスクはなかったなあ。

 そして、手塚先生の中学時代の作品を見て『こりゃかなわない』と、すぐにでも帰りたくなりましたが、そうじゃないだろ。  漫画の神様へ触れ、ものづくりの源流のようなものを得よう……というのは建前でして真の目的はこれ


企画展『鉄腕アトムからマジンガーZへ』。マジンガー40周年、アトム60周年のダブルアニバーサリーの企画、手塚先生ごめんなさい、やっぱり、アトムよりマジンガーなのです。


 展示は小規模ながら、それでも、当時の原画や、短編『思い出のk君』『衝撃!H編』もフォローしたマジンガーシリーズの変遷、そして超合金など、グッズの展示。そして、オナジク40周年のデビルマン、昨年発表された永井先生の読みきり『どろろとえん魔くん』にちなんでの、どろろんコーナー。

 小規模ながらも、濃い、実に濃い、原画の線一本一本、鉛筆で手書きのネームに凄まじいエネルギーを感じる! あいにく原画は写真撮影禁止でしたので、紹介できません。

 しかしながら、永井先生が来館された時に、さらさら、と書いたアトムとマジンガー。どう真似ても出来ない、マジンガーの凶悪な面構え!これだ、この顔だ、本物だ! アトムは、ツノ長いですが。 モニターには何度も何度も見た『マジンガーZ』オープニングが。何度も何度も見たはずなのに、ついつい見てしまう。もう、モニターの前で一日過ごしてもいいほどに。


 記念写真コーナーの俺。マジンガーの手に乗ってるつもり。硬い、実に硬い! 外国人女性から『写真撮ってください』と言われたので、お返しに撮ってもらったもの。女性、しかも外国人の方に奇行は見せられない小心者でした、実に小さい! 『マジーンゴー!』の一声でも教えればよかった、と悔やむ。

 
マジンガーとマジンガー。

 

そして、塗り絵コーナーに置かれたマジンガー塗り絵で遊ぶ。

 子供らにしては手塚治虫、鉄腕アトムと言ってもピンと来ない感じ。アーカイブも豊富、漫画読み放題なのに。 それよりも塗り絵や、地下で簡単なアニメを作るほうが楽しかったみたいです。

     
宝塚で大量の光子力エネルギーを蓄えた気がするので、これをなんとか次に生かしたいと思うのでした。  あ、手塚先生の記念館でした。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析