忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
 年末年始は同じような番組ばかりやってるし、番宣のための再放送というよくわからないことやってるし、見なくていいなら見ない、でもつい見てしまう。ならば、と先日の京都怪獣映画祭ナイトから一夜明け、再び京都へ。



 いつもだったら怪獣ナイトが終わると京都みなみ会館は正月まで休館するのだが、今年は3月の一時休館に向け、できるだけ様々なイベントを用意しているとのこと。その一つが大みそかの年越し上映会だった。上映作品はアキ・カウリスマキ監督『ル・アーヴルの靴みがき』。ちゃんとタイトルも覚えてはいなかったが、久しぶりのアキ監督という事で見てみようと思った。学生時代はヨーロッパ映画の新しい波が来ていた、ベネックスとかカラックスとか。いきがってそのあたりもかじってみたけど、よくわからなかった。でも『レニングラード・カウボーイズ』はバカみたいで好きだった。バカみたい、じゃない、バカなのだ。バカという表現が不適切ならどこか間が抜けてる映画である。アキ・カウリスマキはフィンランドの監督で、兄のミカと、映画館を経営しながら映画を作ってるという事だった。その間が抜けた作風が気に入って『マッチ工場の少女』『ラヴィドボエーム』等も見た。 派手さはない、つつましやかに生きてる人間のどこかおかしい人生を描いていた。
   
久々に見るカウリスマキ映画は、学生時代に見たあの映画たちは変わってはいなかった。フランスのル・アヴ―ルで靴磨きをする男、マルセルの姿を描く、ただそれだけ。淡々と、仲間と一緒に働き、妻を愛し、飲んでタバコ吸って、犬と散歩し、買い物をするマルセル。しかし妻の入院に、密航者の少年が転がり込んでくるところから、その生活が変わってくる。実は余命いくばくもないが、真実を告げられないまま妻を見舞い、少年のためにロンドンへの密航を助けるマルセル。そんな彼をつけ狙う警視。しかし、どれも淡々と物語は進んでいく。




 突き放したような余白のある画面作り、赤や青の原色を使った、冷たいけど、どこかぬくもりが感じられる配色は学生時代に見たカウリスマキ映画そのままだった。少年をかくまい、マルセルを助ける近所の人たち、冷徹そうでいて、人情にほだされる警視、悪人のいない、どこか抜けた人間たちの集まり。そんな人間たちにただ寄りそっている犬のライカ。ホッとするラストの展開も劇的に盛り上がることもなく至って淡々としている。でも、そこがいい。大みそかに、この映画をチョイスしてくれたみなみ会館様に感謝。


 
 映画が終わると、館長からの新年のあいさつに、入場者全員にお年玉が配られた。中身は五円玉。これからもご縁があるように、という意味かもしれないけど、これまでもこの映画館でたくさんの出会いやご縁に恵まれました。どうにもならん人間が、ただ映画を見に来ただけなのに、いつの間にか人前で司会をしている、そんなこと、4年前には想像もしてませんでした。3月まで、できるだけこの映画館には通いたい。
 年が明けて、それでも初詣で慌ただしい京都の街に、きれいな満月が出ていました。
 
 
 

拍手[0回]

PR
 いつの間にかクリスマスが来て、そうこうしているうちにすっかり年末の慌ただしさが来て。それで新年を迎えて、いつものような毎日が始まるんでしょうね。正月休みもクリスマスもない介護の世界ですが、今年はなぜかクリスマスからぽかん、と休みができてしまった。今のうちに休もう、と思ったけど、子供らは冬休み真っ最中。借りてきたウルトラマンレオを見る間もないままに、子供たちの相手をしないといけなくなった。とはいっても、子供らもすっかり大きくなったので、ある程度は放っておいても大丈夫、ある程度は。やっぱりどこか連れてけ、あれ買ってくれ、というのはいつものこと。子供らが学校行ってる間に、親父はアニメゴジラもジャスティスリーグも見ていたのですよ。すまん、でも待ちきれなかった。アニメゴジラは終わってしまったけど、クリスマスの日に、ジャスティスリーグだけでも、と映画館に出かける。しかし、こちらも終了間近でどこの映画館も上映回数が減ってる上に吹き替え版ともなるとさらに少ない。レイトショーはまだきついし、と探したら奈良に一件だけ日中に上映している映画館があった。ドライブがてらに行ってみるか、と向かったイオンシネマ西大和。全てに映画館があるわけではないが、奈良はイオンが多い、という印象である。初めてのイオン、初めての映画館というのもなんだか楽しいものである。



 イオン西大和は俗にいう『残念なイオン(失礼)』。かつて別のスーパーだったものがイオンになった店舗。あの広大なイオンモールとは違う。しかし、こんなところに映画館が、と車を止めてその外観をみても、とても映画館が入れそうな大きさではない。あとで入ってみたらスイミングプールはあった。『どこに映画館が?』振り返ると、道路を隔てた立体駐車場の隣に映画館が立っている。たぶん、元ジャスコだかイズミヤだったものがイオンになってから、映画館を建てた、ということか。店舗内になく、独立して建っているので、なんだか不思議な感覚である。オシャレな外観ながら、どこか、昔からある街の映画館を思わせる。



 
 2度目のジャスティスリーグは、世間で言われるほど悪くない。アベンジャーズほどまとまってる感じがしないけど、各キャラの個性がきちんとかき分けられてる。無敵のスーパーマンをあまり戦闘に参加させなかったのは賢明な判断で、彼はそれよりも人命救助を優先したがるのだ。アメリカのヒーローはどちらかといえば戦闘よりも救助しているイメージの方が強い。今回の映画でもそんなシーンがいくつか見られたのでそれだけで満足なのである。



 子供らと映画を見ると、ストレートな感想、質問が飛び交うのでおもろい。次回作はどうなるのか? などと話しつつ、すっかり辺りが暗くなり、クリスマスのイルミネーションがちらほらと瞬く中、大阪へと戻った。



 
 その翌日。娘が行きたがっていたディズニーアート展へ。会場は大阪市立美術館なので、少し離れた駐車場から徒歩で新世界を突っ切って会場へ。久々の新世界は、串カツ屋とガチャガチャが並ぶ、作られた大阪の街だった。観光目的だから仕方ないし、では本当の大阪とは? と言われると何も答えられないが、少なくとも、今の新世界ではない。猥雑さを求めてはいけないが、それでも昔あった店がなくなってホテルと串カツ屋に変わっているのは寂しい。もし観光客が無くなったら? 再びあの猥雑さが蘇るのであろうか?




 ポルノ映画の看板と、立ち小便しながら俺に微笑みかけたおっちゃんだけがいつもの新世界らしさを醸し出していた。仕方ないね、時代が変わったら街も変わるものなのです。でもなあ、あのデッドストックの茶間だったおもちゃ屋がつぶれていたのは惜しい。
 
 ディズニーアート展はアナログからデジタルへの変遷、その美しき原画、コンセプトアートを思う存分堪能できた。『これ、見た?』『これ公開してたの○年前かー』等、なんだかんだとディズニー作品ってなんとなく見ていたりするし、子供が小さい頃はよく連れて行っていたので、その時を思い出したりと、会話ツールに最適である。ゴジラ展では素通り気味の娘もじっくりと見ていた。





 そしてその翌日。今度はファーストオーダーに入りたい次男と『スターウォーズ最後のジェダイ』へ。新3部作第二弾だが、エピソード2、5と今までもシリーズの2作目はどこか危うい雰囲気はあった。今回もそんな空気を感じた。2時間45分とシリーズ最長、とにかく散漫になりそうだけど、どこか一本で線に繋がっている。主人公レイのジェダイ修行とレジスタンスの敗走、そして脱出と同時多発にドラマを見せる従来の構成で、長さを感じさせない。圧倒的に数が少ないレジスタンスに『銀河の平和守れるのか?』と不安になりつつ、帝国のコピー組織だったはずだけど、圧倒的な装備とか人数を誇るファーストオーダーに脅威を感じてしまう。でもトップがあれだからなあ。完結編の次回はどうなるんだろうか。白兵戦、主人公側の敗走と、似せてないようでいて、どこか『帝国の逆襲』を思わせる。隠居したかつてのヒーローを尋ねる新主人公に、バカでかい大砲、という2点だけで原作のゲッターロボ號を思わせるし、宇宙空間を泳いで逃げるレイアの姿に、フンドシ一丁で宇宙遊泳をした『魁!男塾』の江田島平八塾長がダブって見えた。
 今更だけど、『スターウォーズ』ってダースベイダーあってナンボですな、と個人的には思うのです。帰りの車中では次男とスターウォーズ談義。いつの間にかこうしてやり取りができるようになったのか、と思うと子供らの成長が頼もしく見えるし、同時に自分も老いてきたな、と思う。
 


 久々に子供らと充実した冬休みを過ごせたが、世間が仕事納めの頃にまた夜勤が待っている。そして明日はみなみ会館の怪獣納めだ。今回はあの『グレートマジンガー対ゲッターロボ』がラインナップにあるので、今から興奮している。ついにみなみ会館で劇場版マジンガーが拝める、まるで夢のようだ。



拍手[0回]

 
 昔は、映画業界ではお正月興行といえば『忠臣蔵』のようなオールスター映画が通例だった。今やすっかりその慣習もなくなった。いや、あった。ちびっこに向けて毎年作られる冬のライダー映画はまさにこのオールスター映画、顔見世興行ではないのか。




 『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINALビルド&エグゼイドWITHレジェンドライダー』(長い)は現行のビルド、それと一つ前のライダー、エグゼイドに加え、フォーゼ、オーズ、鎧武、ゴーストが共演というまさに変身オールスター映画。今回はちゃんと変身前の俳優も登場し、きちんと設定を踏まえた上の登板なので、ちびっこはもちろんファンにも嬉しい配慮がされている。ライダー集合映画といえば、だいたい変身後のスーツで登場しますから。




 
 ビルドとエグゼイドの住む世界を融合させる悪の科学者、これに敢然と立ち向かうライダーたち、というのが大まかなあらすじ。CGも多用しているが、火薬にワイヤーを使ったアナログなアクションが多いのも、古いファンには嬉しいし、悪の科学者(大槻ケンジ)が駆使する次元融合マシンが巨大な手に一つ目という『宇宙鉄人キョーダイン』のガブリン、あるいは『ジャイアントロボ』の巨腕ガンガーそのまんま、というのもおっさん泣かせ。




 ただの集合映画に終わらず、ゲストライダーやビルドの相棒、クローズを通して『仮面ライダーはなぜ戦うのか?』をきちんと描くドラマパートも実に丁寧。炎の中、6人のライダーがバイクを並走させる映像だけで満足してしまいました。


拍手[1回]

 ここ数年お世話になってる京都みなみ会館が一時閉館するというニュースを聞いたのは、ちょうど前回『KUBO』を見たあとだった。ショックだ。でも完全に終わるわけではない。とにかく、自分がすべきこと、できることを最後までやろう。そして見たいものは見ておこう。という事で、先日。といっても先週末だから、ずいぶん時間が開いてしまったが、みなみ会館へ『エル・トポ』を見に行った。新作公開で組まれたホドロフスキー特集の一本、昔の宇宙船に広告が載っていた伝説のカルト映画。数々のアーティストに影響を与えたといわれる作品、さてどんな内容だ?


 馬に乗って砂漠を行く黒づくめのガンマン、エルトポ。その後ろにはなぜか全裸の子供。子連れ狼っぽいぞ。ガンマンは村を荒らしたおかしな野盗を倒し、助けた女から『最強になって』と言われてその気になって、砂漠に住む四人のガンマンと戦う。前半はそんな感じ。純然たるウェスタンではない。凄腕ガンマンたちもおおよそガンマンらしくない。盲目ガンマンには落とし穴を掘って、落とし、マザコンガンマンはその母親を襲い、弾は一発限りの一撃必殺パーフェクトガンマン(大量に兎を飼ってる)には、心臓をガードして挑むというように、トンチの利いた戦い方で勝ち進む。最後の最強ガンマンは『戦いなど無意味』と悟りきったヨガの行者のような老人。『お前は私を倒せない』といって自害する。まあ、そりゃ倒せないわな。この命がけのトンチにアイデンティティーの崩れたエルトポは、女にも見限られ、全身に銃弾を撃ち込まれ、倒れる。




 しかし、死んでいなかった。彼は、フリークスたちによって洞窟にかくまわれ、数年後に復活する。すっかり人の変わったエルトポは、フリークスのために、町までの近道になるトンネルを掘ると宣言。その資金集めのために、小人女と街でお笑いライブで稼ぐのがおかしい。憧れの場所である街も、どこかねじの外れた、欲望にまみれた人間たちの坩堝だった。


 



 立派なガンマンとなったエルトポの息子が街に来て、自分を捨てた父の命を狙う。しかし、トンネルが完成するまで待ってほしいというエルトポ。お前も手伝えと、小人女と3人でトンネル堀りとお笑いライブの毎日。やがてトンネルは完成し、フリークスたちは大挙して街へ。しかし、そんな彼らを街の人間が受け入れるわけもなく、皆殺し。怒ったエルトポは再び銃を手に、町の人間へ復讐するのだった。と、文章で書くと、割とまともなウェスタンのように思えるけど、かなり変な映画だ。宗教、生、死、欲、愛、様々な要素がぶち込まれているような気がする。要素が多すぎてどうにでも解釈できる。ひょっとしてええ加減に撮ってつないだのでは? とさえ思える。




 これを公開当時に見た人にはものすごい衝撃であったんだろうか。ガンマンから聖人のように生まれ変わったエルトポが、笑いで生きる糧を得るというシュチュエーションは面白かった。道徳的でもあり、非道徳的、大阪弁でいう『けったい』な映画だという事だけは分かった。




 最期の墓石にミツバチの巣を置くのも意味がありそうでなさそうな。とにかくやたらと動物が死ぬので、そういうのが苦手な人にはつらいかも。当時のことだから、ダミーや人形じゃなくって本物だろうな。




 けったいな映画を見たけど、それでも機会がある映画は、京都のこの映画館で見ていこう。と言ってるそばから、週末には行かないといけない。今度はいつもの怪獣に、帰ってきたウルトラ大全集だ!



拍手[1回]

 ひょっとしたら、ここで何度も書いてることかもしれませんが、自分はとにかく『大集合』mのに弱い、怪獣大集合、ヒーロー大集合、とか。単体よりも大勢いた方が楽しいに決まっている。



 そこで『ジャスティスリーグ』がやってきた。バットマン、スーパーマンにワンダーウーマンその他ヒーロー大集合ですよ。昨年の『バットマンVSスーパーマン』でその片鱗が見られ、ちょっとがっかりだった『スーサイドスクワッド』でもちょっと前振りを入れてから今年の『ワンダーウーマン』で、期待値を大きく上げて遂に登場、であります。アメコミ映画の一方の雄、マーベルが着実に作品数を増やし世界観を広げ散っているのに対し、大きく水を開けられた感じはありますが、DCもここ2年ばかりで怒涛の快進撃、東映のライダー映画並みの感覚で新作を発表していっているのです。そのじらされない感じがとてもいい。




 以下、内容に触れるかもしれませんのでご容赦ください。



 昨年の戦いで、スーパーマンが死んでしまい、世界がおかしくなってしまった。前作で犯罪者レックス・ルーサーが予言した通り、宇宙から魔の手が伸びてくる。バットマンことブルース・ウェインは、スーパーマン不在の今、超人を集め、侵略者を迎え撃とうとするのだが……。




 『マンオブスティール』も『バットマンVSスーパーマン』も面白い映画でした。でも長い。超人大活躍までを見せるプロセスが長い。結婚式で早くごちそう食べたいのに、スピーチが長い、あるいは早く戦いたいけど、今はサナギマン状態なので、待つのが辛い、そんな感じ。





 今回はそういう事もあってか、いや、監督がやむを得ず交代したという事もあってなのか、冒頭よりヒーローの活躍とキャラ説明をしっかり見せてくれる。強盗を仕留め、それを餌に侵略者と戦うバットマン、世界の終わりでやけになったテロたちを懲らしめるワンダーウーマン。そしてバットマンが選んだ仲間は超音速のコミュ障フラッシュ、進化する機械人間サイボーグ、海の王者アクアマンの3人。こういったヒーロー集結ものは必ずと言っていいほど『いや、俺は……』とチーム参加を固辞するキャラがいるものです、今回フラッシュ以外はあまり乗り気ではない、しかし、故郷アトランティスを襲われたり、科学者である父が誘拐されたりと、家庭の事情が重なってアクアマンもサイボーグもすんなり参加。ついでにワンダーウーマンも実家が襲われて気が気でありません。





 強力なパワーを秘めた箱をを奪いに宇宙からやってくる侵略者。ひょっとしたらこの箱のパワーでスーパーマン蘇生できるんじゃないか? でスーパーマン復活。生き返ったばかりで、気性が荒くなってましたが、彼女とお母さんのおかげで元に戻ります。結局女かよ、とか言わない。




 さあ、いよいお敵の本拠地を叩くぞ、途中で仲違いもあったけど、すっきりさっぱりしてるぞ、今回のアメコミヒーローものはうじうじ悩んでないぞ! そしておなじみ大乱戦へ。ワンダーウーマンとアクアマンとは因縁浅からぬ敵、ステッペンウルフは強い。超人が束になってもかなわない。そんな中、基本的には普通の人間であるバットマン(武器は財力)はヒイヒイいいながら戦う。途中参加のスーパーマンは敵を倒すよりも人助けが優先。スーパーマンはじめ、アメリカのヒーローは戦うというより、人助けが似合ってる。無敵の力は人助けに向いている、今回もそんなシーンがあってニヤニヤしてしまう。




 一応バットマンがリーダーだけど、みんなワンダーウーマン姐さんのいう事だけは素直に聞くのがいい。『正直ロープ』持ってるから、嘘つけないですからね。



 基本的にみんな孤高のヒーローなので、チームを組んで、どこか嬉しそうでもある、ちょっといびつだけど。今まで世捨て人みたいだったバットマンも、仲間が増えて素直で前向きになってる。こんな前向きなバットマンは初めてではないか? 



 できることなら、このチームでもう一度見てみたい。あと、随所に昔のスーパーマン、バットマンの楽曲が使われているので『おぉ!』となりました。



拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 3 5
6 7 10 11 12
13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析