忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
 昨日は京都みなみ会館(またかよ! まただよ!)で『ドラゴン危機一発すぎィッナイト』へ。この世知辛いご時世『ドラゴン』である。『カンフー』でも『マーシャルアーツ』でもなく『ドラゴン』。かつてジャッキーチェン登場以前は香港からくるアクション映画はすべて『空手』『ドラゴン』だったことがある。それはちょうどイタリア映画が一時期『マカロニ』と呼ばれていたのに似ている。ちょっと違うか。
 そういえば、怪獣、特撮抜きのみなみ会館オールナイトは学生時代の『西部劇特集』以来ではないだろうか。
 
 怪獣の時と違って開演は深夜0時30分と、遅いスタートなので、余裕をもって京都へ。ロビーにはお客さんがちらほら。人であふれかえる怪獣オールナイトは異常だったのか?



 今回は3月から香港映画が続々京都にやってくるので、その前哨戦としての意味合いもある。上映作品は『ドラゴン危機一発97』『女ドラゴンと怒りの未亡人軍団』『片腕ドラゴン』の3本。タイトルに『ドラゴン』のつく作品ばかりである。




 上映前に、待機中の香港アクション予告編大会と、イップマンからの劇場マナーCM 。イップマンに言われちゃ、みんな従うしかない。
『ドラゴン危機一発97』は、ドニーイエンの日本初お披露目映画。とにかく監督を兼任するドニーさんの『俺を見ろ!』アピールがすさまじい。しかし、その超絶な技の数々に言われなくても見入ってしまう。回想形式のミステリアスな展開、記憶をなくした男ドニーさんの正体は何だったのか? とにかく動く、よく動く、素手でも強いのに、鉈をふるって敵を叩き切る! まるで何とかに刃物、である。オリジナルとは何の関係もないが、ドニーさんのアクションにどこかブルースリーのオマージュが入っているのがうれしい。









『女ドラゴン』はみうらじゅん、安西肇両氏によるコメンタリー上映。本国でも大いにこけたこの映画は、この二人を起用するととかしないと見れるものではなかったのか? 夫を殺された一芸に秀でた未亡人が軍を率いて敵軍に迫る。夫の敵だ! でも鎧株価ぶったらだれがだれかわからなくなるのがこの映画の致命的なところ。それとせっかく一芸に秀でた未亡人軍団なのに、その特技をうまくいかせていない気もした。人馬転がす巨大な糸車状兵器、紙気球爆弾、人間吊り橋など、アイデア満載だけど、それがうまくいってないように見えたのはコメンタリーのせいか。この映画で寝てしまおう、と思ったけど、コメンタリーが面白すぎたので、起きてしまった。あんな気の抜けたコメンタリーやりたい。あと、誰が女ドラゴンだったのか。未亡人軍団の奇抜な鎧がドクトルGみたいだった。
 そして今回の個人的目玉『片腕ドラゴン』である。カンフー映画でおなじみ、道場間の諍いごとに巻き込まれた主人公が、ライバル道場の雇った琉球空手家によって片腕を失う! とそこまでが割と長いので『誰が片腕になるんだ?』と不安になりそうである。主演のジミーウォングがその名のごとく地味なフェイスなので、一瞬主役不在の映画に見えてしまう、そのギリギリのラインをかろうじてアクションで主張しているからだ。片腕のジミーさんは、残った左腕を強靭なものに変え、復讐をする。特訓ではなく腕を改造して強くなる。地味フェイスのおかげで、後半から見ると、まるでジミーさんが道場破りの極悪人に見えてしまう。




 全編を流れる『黒いジャガーのテーマ』が猛烈にかっこいいけど、それって無断使用では? とか香港映画では言わない約束。あっけない幕切れで、仲間と師匠の敵を打って映画は終わる。
 


 いつもの怪獣オールナイトと違い、遅い時間に粛々と始まり、朝早くに粛々と終わった。でも、心の中ではむくむくとドラゴンが頭をもたげていた。多分、みんな同じ気分だった。と、思う。旧作から新作まで取り合わせた香港映画の超絶技巧、『帰ってきたドラゴンナイト』に期待したい。
 ロビーで売ってたドラゴン焼きそば。固焼きドラゴンである。

拍手[0回]

PR
 
 昨年、軽い気持ちで見に行ったらとんでもない目にあわされた映画『この世界の片隅に』は、はじめは小規模公開だったのが口コミで評判が広がり、上映館が増え、今でも絶賛ロングラン中という奇跡的な作品。それがおなじみ京都みなみ会館でも上映中。昭和の雰囲気漂うみなみ会館にぴったりの内容である、アメコミ映画もリメイク荒野の七人もみたいけど、ここはまずみなみ会館だ、ということで、先日京都へ。


 火曜日はカップル割引の日ということで、一人で来館するお客さんを捕まえ、割引に成功。せこいか? いや、ルールの中で遊んだだけだ、と言い訳しよう。


 ロビーは小さな資料館の様相で、関連書籍、イメージボードが飾られている。入場者は高齢者の方が多い。そういえば、平日の昼間から映画に来れるのはふらふらした俺のような人間を除いては、この層が多いだろうし、映画の内容が内容なだけのことはある。そんな中、ひっそりと貼られた『狂い咲きサンダーロード』。



 二度目だというのに、ポツリ、ポツリと『悲しくてやりきれない』が流れ、青い空にすっと『のん』の文字が浮かんだだけで、心をぎゅううううとつかまれ、物語の中に入っていく。この世界には人の営みがあれば、戦争もあり、オバケもいるんだなあ、という映画なのです。そしてよくわからないけど、じんわりする。なんだこの感情の高ぶりは。
 映画の後、野暮用があったので、元の状態に戻すのに難儀した次第。子供らと、また見たい。

拍手[1回]

 あけましておめでとうございます。一応肩書が作家なので、今年こそは自分の企画を実現させたいと思っています。このままだと介護職になってしまいます。



 元日、とはいってもテレビは長いだけで面白くないし、ちょうどサービスでいということもあるので、『仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー(相変わらず長い)』を見に行く。冬のライダー映画を見るのは何年振りか。ライダー映画から足が遠ざかっていたのは、最近のライダーにのめりこめていなかったのと、おっさんを喜ばすネタが仕込まれてないから。春の『仮面ライダー1号』はオールドファン歓喜?の内容でしたからね。じゃあ、なぜ行ったのか? そりゃキレキレのアクションと、きちんと設定を押さえた演出で定評のある、坂本浩一監督作品だったからですよ。


 お話は現行ライダーのエグゼイドと一つ前のライダー、ゴーストがドクターパックマン率いる怪人軍団に挑む、というまあ、いつもの感じなんですが。あのパックマンが敵キャラになるのは『ピクセル』の影響でしょう。とにかく悪役が強くないと映画は面白くない。今回は主役を含めライダーたちがズタボロになっても戦います。今回はサブも含めライダーが10人登場、それも主役&サブの共闘の前半、主役と先輩ライダーとの共闘という後半と、ダレさせない作りになっています。最近のライダーは必殺技も変身もエフェクトと音が派手になってきているので、賑やかすぎて一瞬でも見落とすと何がどうなったのかわからないぐらいです。だからなのか、今回は変身前の肉弾戦がやたらと多い。香港アクションをほうふつさせる肉弾戦の数々、もうこのまま変身しなくてもいいやと思えるぐらいです。



 ただでさえキャラが多いのですが、きちんと先輩ライダーのドラマも盛り込まれてきちんとキャラが立っており、ただの客演には終わらせず、それぞれのファンにも嬉しい作りになってます。もちろん、坂本監督お得意の主題歌に乗って全フォーム披露もあります。




 実にお正月らしい、賑やかなおせち料理のような映画でありました。あと、見終わった後、太ももしか記憶に残ってないのも坂本作品の特徴ですね。東映は早く坂本監督に七人ライダー対デルザー軍団を撮らせてあげてください。
 
 

拍手[1回]

 前回『この世界の片隅に』を見て。大いに心動かされ、淡々と生きよう、ああ戦争はやだやだ、本当に嫌だよと思ていたのに、今度は宇宙戦争映画ですよ。駄目だなあ。ようやく冬休みに入った次男と一緒に『ローグワン・スターウォーズストーリー』へ。3D日本語吹き替えです。3Dメガネは暗くって見にくいのが何とかならんかな。



 お話はエピソード3から4の間、あのデススターの設計図をだれがいかに持ち去ったのかを描く外伝的作品。外伝とはいえ、あのキャラとかあのメカとかが出ていて十分『スターウォーズ』足りえる内容になっています。



 個人的に驚いたのはデジタル技術の進歩によって復活したあのキャラ。生き返ったのかと思いました。



 ならず者、はぐれ者が集まっての秘密作戦は戦争アクション映画のテイストだし、ドニーイエン扮する盲目の僧侶はどう見えても座頭市だし、ギャレス監督は『ゴジラ』で控えめだったオタク要素が全開になった感じ。本当はこっちのほうが好きなんだろう。


 
 『バリヤーが破れない』と『設計図』はシリーズ通しての重要なキーポイント。これをばっちり押さえておけばスターウォーズに見えるから不思議なものです、スターウォーズには疎いけど、小ネタが多すぎて終始にやにやしっぱなしでした。



 鹿個々の映画が素晴らしいのは、見終わったら、すぐに続きを買うか借りるかして見られるということ。壮大な後出しじゃんけんはこの辺が有利なのです。まだ公開して一週間なので、詳しく書けませんが、とにかく、あの当時の雰囲気がよみがえる作品になっていることは確かだと思います。



 晴天の下、海辺での大戦闘というのはシリーズ初?


拍手[0回]

 
 もうすぐ今年も終わり、振り返れば、映画館で見たものといえば、怪獣か宇宙人か超人が出てくる映画しか見ていない。スターウォーズは子供と約束しているので、ひとりで行けない。しかしどうにも偏食気味である。これはいけない、というわけではないけども、たまには毛色の変わった映画、ほんの少しでも『見たいな』と思ったものを見ておこうと思い立ち、普段はあまり行かないMOVIX堺へ。 

『この世界の片隅に』は、うちの近所ではここでしかやっていない。それも評判が評判を呼んでの拡大上映である。いったい何がいいのだろうか、そんなこともあり、見てみることにした。



 ネットの評判では映画が始まった瞬間、号泣するぐらいにオーバーに掛かれていたが、果たしてそうなのだろうか。まず『泣ける』『感動する』と人に言われることほど心が動かないものはない。そんなものは自分で決めることなのだ。
 映画は戦中、戦後の広島、呉を舞台に一人の女性の目から見たその当時の様子が描かれる。日ごとに激しくなる空襲、そして原爆。しかし、これは戦争を生きる人たちのドラマではなく、『生きてたら戦争があった』人たちのドラマなのだ。



 
 主人公、すずが淡々と生きる。特に大きなドラマもなく、淡々と生きる。ただそれだけで、なんだかホッとする。丸っこいラインのキャラと、緻密に描かれた当時の街並みが温かい。しかし、それだから余計に、ぐりぐりとえぐられるような場面に出くわすこともある。
 


 
 そしてラスト近く、とあるエピソードでウルウルとしてしまった。なぜ? どうしてかはわからないけど、涙流れ、鼻の奥がしくしくと湿り出す。なぜだ? 見終わった後、パンフレットを購入する声が震えていた。



 普通に生きることが難しく、それでいて力強い。そんな日常の積み重ねに、なぜか涙してしまうということは、よほど今の生活がすさんでいるからなのだろうか。



 この映画には怪獣も宇宙人も超人も出ない、でもお化けが出た。ドラマに密接にかかわることもなく、ぼうっと現れるオバケ。オバケにもオバケの事情があり、元からオバケだったり、オバケにならざるを得なかった者もいたり、オバケだったもの、オバケになりかかったものもいる。オバケと戦争が共存する日常は決して創作の中のものではなく、案外近くにあるのかもしれない。そして、すずが進駐軍から残飯をもらう戦後の呉の闇市の片隅では復員兵の菅原文太や、無銭飲食で千葉真一に青竹で袋叩き似合う北大路欣也がいたりするかもしれない。この映画も、同じく戦後の呉から始まる『仁義なき戦い』もどこかで繋がっているようにも思えた。オバケもいるんだから、極道者やテキ屋だって『この世界』にいるはず



 そして『手』の映画でもある。全編通して、手がキーポイントになる。細やかに作画された手の描写は人と人との繋がりを意味しているのかもしれない。人の繋がりもあれば、別れもあっけなくやってくる。それも淡々と、やってくる。ああ、普通はそういうものなのかなあ、と思ってしまう。




 失ったものと、代わりに得たもの、という構造は韓国映画『グエムル』にも似ていると思ったのだが、それは気のせいかもしれない。




 年の瀬に、とんでもなく、愛おしい映画に出会ってしまった。パンフレットが怖くて開けられない。




 
  

拍手[1回]



忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 17
18 19 21 22 23 24
25 26 27 29 30
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析