忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[439] [438] [437] [436] [435] [434] [433] [432] [430] [429] [428]
 PSPソフト『Toheart2 ダンジョントラベラーズ』発売しました! 私は開発に何の関与もしておりません。が、このゲームもともとはPC版ファンディスクに入ったミニゲームを移植したもの!

 

 そう『ファイナルダンジョンクロニクル』のこと! 移植の際にタイトルが変わったのです。リバイバル時に『ゴジラ電撃大作戦』とタイトルが変わった『怪獣総進撃』のようなものだと思っていただきたい。いや、思えない。

 と、いうことなので『ダンジョントラベラーズ』をプレイして余韻に浸りたい人はその後日談『Toheart2 ファイナルダンジョンクロニクル・その後』を手に取ってくださいませ! という便乗宣伝でした!
 ゲームは面白いですよ、ゲームは!




◎宣伝終わり。半歩前進が大きいこともある、ということで、景気づけの意味も込めて映画『スーパー8』を見に行く。
公開前から謎の予告編やら完全秘密主義の撮影で、何かと話題になっておりました。
さすがひみつのJJエイブラムスちゃん。漏れ伝えてくる情報によれば『70~80年代のスピルバーグ映画へのリスペクト』だそうで。リスペクトも何もしっかりスピルバーグが製作に関わってる。

 タイトルの『スーパー8』とは、今はなき8ミリフィルムの種類のこと。コダック社が生産していた。屋内用のエクタクローム、屋外用のコダクロームの二種類がありました。日本ではフジカラーのシングル8の方が有名か。

 そのスーパー8で自主制作映画を撮っていた少年たちが偶然事故に出くわし、とんでもないものを撮影してしまう、というのが大まかなお話。

 郊外の街、片親、マウンテンバイク。なるほど『E.T 』によく似てると思って見てたら、えらいことになる。
貨物列車の事故が起こってから町に徐々に異変が起こる、そして何かを隠してそうな軍隊の登場。そんな中、少年は恋をし、そして映画を撮る。

(以降若干のネタばれあるかも)

 元8ミリ少年だった身としては『同録とか照明とか拙いなりにちゃんとやってるなあ』と感心したり、事故現場や本物の軍隊が来ればそれを背景を使わない手はないという低予算撮影の心得もキチンと踏まえている。
 エンディングはそんな元8ミリ小僧だった親父たちならぐっと来るはず。

 スピルバーグっぽくもあり、ところどころに変化球を仕込んでいる。主人公は付し家庭だ。本来なら母子家庭でもいいはずだ。しかし、この親父も息子とともに成長する。これは『激突』『ジョーズ』で見られた『ダメ男が危機を前に成長し、乗り越える』というパターンを踏まえている。少年物とダメ男物の両方を混ぜ合わせた欲張りな構成になっている。
 そういや『サイン』『宇宙戦争』も親父ががんばって宇宙人と戦ったり逃げ回ったりする映画だった。
侵略映画業界(そんなものはない)『おかあちゃんが強いのは分かってるから、今度は親父がんばれ』という流れになっているのでしょうかね。

 はじめは息子と相容れなかった親父が途中で町のため、息子のために立ち上がる様は少しかっこよかったですよ。俺も一応親父だから、がんばってみよう。

 
 ただ、あれのデザインがエイブラムス製作のあれに似ていたのが。そこは『80年代の人が考えそうなアレ』でやってほしかったなと思うのは欲張りでしょうかね。

 スピルバーグっぽさは随所に見られるものの同時期のホラー映画への愛もふんだんに盛り込まれている。低予算でホラーならこれでしょ、といわんばかりに少年たちはゾンビ映画を撮る。 俺は見ながら心のどこかで引っかかりを感じていた。
ホラー、軍隊、地下(これも本編に大きく関わってくる)、そしてこじつけるなら他人のような家族。
スピルバーグじゃない、これは、そうアレだ。

郊外の街で少年が怖い目にあって軍隊が地下に突入するアレ!

 トビーフーパー監督の86年作品『スペース・インベーダー』だ! 

 そっちの方がしっくりきた。『E. T』以降の友好的宇宙人映画が乱作された80年代、『スペースバンパイヤ』『スペースインベーダー』という2本の侵略SFで、流れに抗った男!
『スーパー8』には、そんな『スペースインベーダー』への愛も盛り込まれているのでした(ウソ)。

拍手[1回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析