忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[440] [439] [438] [437] [436] [435] [434] [433] [432] [430] [429]

遅れてきた梅雨に週末、週明けと泣かされることになるとは。
週末は奈良県は天川村へ。映画にもなった浅見光彦シリーズ『天河伝説殺人事件』の舞台にもなった土地だ。
とはいえ、もちろんそんなおどろおどろしい場所でもなく、のどかな田舎町だったが。
家から二時間強、まずは『面不動鍾乳洞』へ。洞穴である。山の中腹にある鍾乳洞へはトロッコを使うのがユニーク。
乗車券を買って、待つことしばし、やってきたのは

b1b401f0.jpg
ちっさ!
 お猿の電車のようだ。みかん農園で収穫用に使う小型トロッコ、アレとまったく同じだ。
果たしてこんな小さなものに乗れるのか?いや、乗れるから今まで営業続けてこれたんだ。
4cbea4cb.jpg     efcd3aa6.jpg

70度近い急勾配を小さなトロッコががたごとと登る、後ろを向けば落ちそうになる。

bb6035b9.jpg 
鍾乳洞は何でも昭和7年に発見されたとかで、中はもちろんのこと、ひんやりとしており、寒いぐらいだ。人が入れるように手は加えられているものの、横穴が複雑に入り組んでおり、なぜかそこで発見されたテン、ニホンカワウソ、ニホンザルの頭蓋骨も置かれていた。

 帰りはトロッコに後ろ向きのなって乗らないといけないので、歩いて下山することに、いや、少し歩けば吊り橋があるそうだから、いってみないか?
と歩き出した途端。

ざぁっ!
 
 突然の大粒の雨。
傘も持たずに着たので、全身ずぶ濡れになりながら山を降りる。幸いにも、降りてすぐのところに車を止めたので、そのまま乗って帰ることができた。しかし、寒いので、近くの温泉へ。

雨はこりごりだぁ、と帰宅。

そして翌日は某専門学校

54f701d3.jpg   44f07838.jpg
こんな感じ。しかし、バルタンには触れずに恒例の映画大会。映画史に残るスキー映画の傑作『子連れ狼・地獄へ行くぞ!大五郎』は大ウケ、岡本喜八の傑作『ジャズ大名』はそのシュールすぎる、というかふざけまくったラストは平成生まれには『マジキチ』に見えたらしい。アニメや漫画でマジキチなものいっぱい見てると思うのだが。生身の俳優がとんでもないことをする実写映画はもっと見たほうがいいと思うし、こっちも見せた方がいいな、と思った。

で、その帰り道も豪雨に祟られた。それほど寒くないし、むしろ心地いい。家に帰ればすぐに風呂にはいれるし、とカッパも着ずに帰宅。それがいけなかった。

愛用の携帯がうんともすんともいわない。これは困った、週末は野暮用で名古屋に行くのだ。
 翌日、修理に出す。が、何せ六年以上も前の代物なので、あちこちガタが来ていて、修理費もバカにならないとのこと。

2acf6074.jpg
一晩考えた挙句、機種交換をすることに。六年間一緒についてきてくれた携帯P900IVとおさらばするのはとてもつらかった。大げさだが、まるで身内が亡くなったように思えた。
6年目にしての機種交換なので、何を買ってもよかった。P900IVよりはどれも性能がいいはずだ。携帯屋の店員が色々とサンプルを持ってきてくれる。
しかし、どれもしっくりこない、握れば折れそうなぐらいに薄い。
『ではこれなどは……』と最後に持ってきてくれたのは、元愛機P900IVによく似た、黒地にシルバーのいかつい奴。
しかもメタルボディ。おぉ、性能やシリーズ云々はおいといてこれぞまさにP900IVの後継機にふさわしい!
その名を、P-03C! P900IVが『Z』なら、こいつはさしずめ『グレート』といったところか。

ea74f16b.jpg
六年間おつかれ様、後は俺に任せろ!と傷ついたP900IVの前に颯爽と降り立つP03C。
よし即決! で、ガムを買うように簡単に行くはずもなく、その後色々と契約だ名義変更だ、母親の携帯の修理だわで三時間近くもかかってしまった。

背面?煮付けられたレンズのおかげで、まるでカメラのようにも見える。いや、これはカメラに電話機能をつけたものといってもいいぐらいだ。何せ1320万画素!
前任が195万画素だったことを考えれば6年という時間は携帯をそこまでのものに進化させるに十分だったということなのだ。
そして当たり前のようにテレビが見れる、ネットに繋がる、着メロではなく、着うた! 店員さんの一言一言にいちいち驚いてしまった。
まるではじめて日を起こした原始人のように、恐る恐るこの凶器とも言うべき新携帯に触れている。
 え、スマホ? いや、あれはどのメーカーもデザインが不細工だ。

この先、携帯電話はお弁当箱としての機能を有するになれば最強だ、と思う。

拍手[1回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析