忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[516] [515] [513] [512] [511] [510] [509] [508] [507] [506] [505]
 一体俺はいくつなんだー、タイムスリップしたのか? と思えるほどに、80年代リスペクトな毎日。

 とはいえ、先日の『宇宙刑事ギャバン』ぐらいですけど。思えば、あの時。金曜日の夜はドラえもん→宇宙刑事→プロレス→ハングマン→必殺と、怒涛の四時間でした。

 いずれも『戦い』が主軸になており、『善とは?悪とは?』と、毎週視聴者に訴えていたように思えます。
  悪人がいればそれを秘密道具で懲らしめるのか、3カウント取るまで叩きのめすのか、社会的な制裁を加えるのか、ええい面倒くせぇとばかりに闇に葬るのか……。時間帯が下がるにつれ、その手法もえぐくなってました。でも宇宙刑事は、ご飯時に悪人を一刀両断してましたな。

 宇宙刑事が小学生時代の思い出なら、今日見た『エクスペンダブルズ2』は中学生時代の思い出。和歌山に住んでいた頃、よく繁華街の映画館に通いました。アカン、話が長くなる。80年代後半の洋画アクション映画はシュワルツエネッガー、スタローンを二本柱とする『筋肉アクション』の全盛期。
 
 東宝東和系の映画をよく流していた和歌山国政劇場で2人の映画をよく見ましたよ。
  ここぞという映画のとき、俺は決まってチョコフレークを買って手をチョコでベタベタにしながら見てました。

『レッドブル』(同時上映アナザーウェイ・D機関情報)『バトルランナー』(同時上映ドラキュリアン)『プレデター』(同時上映エンゼル・ハートバタリアン)『コマンドー』(同時上映バタリアン)『ランボー大会』(1となぜか3の二本立て)、学校の映画鑑賞会で見た『オーバーザ・トップ』そして二人に続けとばかりに若手筋肉俳優も多数現れました。『サイボーグ』(同時上映ジャッカー)のヴァンダム、『レッド・スコルピオン』(東映シネマ2・同時上映ゾンビコップ)のドルフ・ラングレン。二人の競演した『ユニバーサルソルジャー』(ニューパレス・同時上映は……あったと思う)は、まるでハンバーグとカレーを一緒に食べたような満腹感。

 しかも『エクス~』はそれ以上! レジェンド筋肉俳優+新進気鋭の筋肉俳優大集合!

 『アベンジャーズ』は面白かったけど、アメコミ知識があったほうがもっと楽しめたかも。それに引き換え『エクス~』は学生時代に散々見てきた国際劇場系俳優が勢ぞろいするから、予備知識は充分!
 スタローンにラングレン、それにジェイソン・ステイサムとジェット・リー、そして『ナインハーフ』で軟派野郎のイメージが未だ強いけど、『ハーレーダビットソン&マルボロマン』のミッキー・ローク!  今回は前作でチョイ役だったシュワルツェネッガーと『ダイハード』で筋肉アクションに終止符を打ったブルースウィリスの出番が多い! 中学生時代に自分に言っても『うそだぁ』と言われるような豪華俳優陣! くわえて、ヴァンダム、それにチャックノリス!  それが一堂に会して戦う! これ絶対自由帳とか落書き帳にプロット書いただろ! と思えるほどのボンクラ節が炸裂しまくっております!


 中学時代の妄想が具現化、これぞ真の中二病映画!  映画はストーリーの薄さを圧倒的な筋肉俳優の存在と火薬量で補うと言う実に正統派な作り。『仲間の復讐に行くぞ、おー!』、これだけ。  スタローン、シュワルツエネッガー、ウ
ィリスの揃い踏みだけ見れればいいやと思ったけど、映画はそれだけでは終わらなかった。  悪役で儲けもんのヴァンダムはいつものようにターンキックを何発も披露。

   そしてダークホース、チャックノリス!

 昔は線の細さとヒゲ面、マッシュルームカットで、中学時代の俺には『ビデオやテレビ放送の人』と勝手に決めていた。 『野獣捜査線』も『デルタフォース』もスルーしてしまった。
 
 唯一『スペースインベーダー』の併映で『地獄のコマンド』が東映シネマでかかる予定だった。しかし『ロッキー4』の大ヒット、大ロングランのために結局上映されずじまいだった。(ちなみに『インベーダー』は『スペースバンパイヤ』『エルム街の悪夢』との3本立てでひっそりと上映。これはこれで嬉しかった)

 極東の地で、自分の主演映画を潰されたのにもかかわらず、チャックノリスはスタローンの危機に駆けつけた!   一件釣り人のような風貌だが、その実は一匹狼の殺人マシーンという実においしい役。バックに流れるエンニオ・モリコーネ、ずるい、かっこよすぎる!

 しかも、それをチャックノリスがやるからいいのであって、シュワルツェネッガーやウィリスでは大袈裟になりすぎる。  『エクスペンダブルズ2』は国際劇場系俳優総出演の上に、あの時見落としてたチャックノリスの魅力をこれでもかと見せ付けてくれる素敵な一本だった。

 ごめん、ノリス。でも、国際劇場はじめ、和歌山の繁華街にあった映画館はみんなコインパーキングになってしまったんだよ。

  国際劇場最後の映画は『エイリアン3』でした。

  あ、俺チョコフレーク買うの忘れてた。

拍手[1回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析