忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[643] [642] [641] [640] [639] [638] [637] [636] [635] [634] [633]
 今、世間は宇宙戦争映画の新作の話題で持ちきりなのですが、個人的にはそっちも見たいけど、スパイ映画の新作も見たい。なんとかかんとか時間を作って『007スペクター』の先行上映に滑り込んできました。
 007かと思ってみたら、これが007だったという面白さ。当たり前のようでいて、これが結構難しい。面白い、ただひたすら、面白い。007はやはり007であった。
 ダニエル・クレイグのボンドもこれで4本目。ピアース・ブロスナンと並び、時間をかけてボンドというキャラとその周辺が形作られてきた、という感じ。『カジノロワイアル』から、何もかも一新したスタイルで受け入れられてきたボンド映画、今回は……。
(以下、内容とラストに関する記述アリ。ごめん、書きたい)



























 見終わって思ったのは、初期のシリーズ、ドクターノオから女王陛下の007辺りをクレイグでブラッシュアップしたような内容。いつかどこかで見たような、でも新しいといった感じ。今まで自分の内面と向き合ってきたようなボンドがいよいよ外を向き、従来の路線に戻った。と思いきや、やはりパーソナルな話題から事件が肥大化していく。これが今のスタイルなんだろうな、と思った。



 しかし、雪山のチェイスや、寝台列車の格闘など、かなり旧作を意識したつくり。クレーターにできた秘密基地は『2度死ぬ』の阿蘇山基地、ヒロインがチャイナ風ドレスに着替えるのはドクターノオか、と旧作のファンを楽しませるくすぐりは、前作以上。それに、ユーモアも増量。レギュラーキャラが増えた余裕か、次回作ではロジャームーアボンドのリメイクに行くのか。
 今回の敵はスペクター。キングギドラ復活ぐらいにファンが待ちに待った強敵の再登場である。だけど、単純な悪の組織じゃない、ここに現代のボンド映画的なひねりがある。


 今までのクレイグボンドの敵をすべて陰で操っていたのはスペクターという驚愕の事実。『全部俺がやった』としたり顔の首領。ル・シッフルもクォンタムもシルバもみんなスペクターの傘下。首領はかつてボンドとかかわりのあった人物。だから、シルバ以上に表裏の関係。バットマンとジョーカーの関係よりも濃い2人の立ち位置は、ひょっとしてボンドと製作者側の関係なんじゃないのか、と深読みしてしまう。だから、ボンドはスペクターをつぶせない、潰すとシリーズも終わるから。この後も続くんだろうな、という予感をにおわせ、映画は終わる。ネタバレ書こうと思ったけど、やっぱりだめだ。


 今回は吹き替えで見たので、もう一度字幕で見よう。


 
 

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 11
12 14 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析