忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[646] [645] [644] [643] [642] [641] [640] [639] [638] [637] [636]
 恒例京都みなみ会館の『超大怪獣大特撮大全集』もレギュラー上映はこれでおしまい。最後は『宇宙怪獣ガメラ』『怪獣総進撃』の、総勢18匹もの怪獣が出演する豪華絢爛な2本立て。


 さて、今回も子供たち、空埜先生と京都に行くか……と思ったのですが、子供らの学校行事の都合でかなりタイトな時間に。じゃあ日曜日にするか? いやそれだと帰りが遅くなってしまう。じゃあ、行くところまで行くか? 夕暮れ時の込み合う時間、若干焦る気持ちを抑えつつアクセル踏んで高速へ。ああ、このまま行っても間に合わないな、でもせめて『宇宙怪獣ガメラ』はあの両津勘吉似の巡査が登場する、ガメラと関連性は全くないけど笑いを取る、あのシーンが見れたらいいな。でもいいや、しかしスクリーンであの怪作を見れる機会はもうないだろうし……。



 どうあがいても開演までには間に合わない、さてどうする、仕切り直して明日にするか? その時、子供たちが言った『ガメラはもうええわー』。そう、今までみなみ会館で見て来たガメラシリーズを再編集したものだから、もう見なくても怪獣対決シーンは知ってる。それでなくとも、過去作品において何度ダイジェストを見せられてきたことか! 


 京都について早速夕飯、そしてのんびりみなみ会館へ。去年の『地球防衛軍』から欠かさず見てきたけど、今回初めてスルーしてしまった、せざるを得なかった。でも少しも後悔しないのは、それが『宇宙怪獣ガメラ』だから。おかげで準備中の物販の様子やスタッフさんとあれこれお話しできた。


 そして『怪獣総進撃』。その前に、最後ということで、キャストF氏より毎回うろ覚えな記事を書いてきた謝罪、ではなく、締めくくりのあいさつ、のようなものを、ということで皆様の前に。来年もあれば書く、ということをお客さんの前で約束させられる、いや、約束する。するのか?
 
 怪獣図鑑でお馴染み11大怪獣総出演、というのは嘘じゃないんだけど、結局キングギドラ戦に参加するのはゴジラ、アンギラス、ゴロザウルスの3匹。まあ、いろいろ大変なんでしょうな。
 小笠原、東京、そして月面基地に富士裾野へと舞台が目まぐるしく変わり、まさにパノラミックに展開する怪獣忠臣蔵。国際秘密警察が3人しかいないのは、まあ、うん。
 最後の最後に、ちらりと映るバランを見て娘が『あれ、誰?』と聞いてました。
 
 やれるのか? と思ったうろ覚え新聞もこれで最後。帰宅してから珍しく一杯ひっかけました。去年から、怪獣と南果敢の縁でたくさんの人たちと知り合いになり、面白いことをしたり、させられたりしました。さて、来年はどうなるでしょう。と言ってもまだ年末のオールナイトがあるんですけどね。
 そして翌日、やっぱり気になるので『宇宙怪獣ガメラ』を。やっぱり過去の怪獣対決シーンはかっこいいし、新撮ドラマも、変だけど見どころがある。バカにできない作品ですよ、たぶん。フィクションとノンフィクションの狭間をいく、メタのようでいてそうでない構成。あの物語はすべて、主人公の少年が死ぬ間際に見た理想の世界だったのではないか? と深読みしてしまう。
 で、再び娘と『小さき勇者たち』を見た。


拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 17
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析