忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[647] [646] [645] [644] [643] [642] [641] [640] [639] [638] [637]
 思えば、いつの頃だったか。去年の末か年明けか。『新聞作るから記事書いてね』なんて言われ、何とか毎月書き続け……。京都みなみ会館『超大怪獣大直撮大全集』の『超大怪獣大特撮大新聞』を受け持ち、月一回の上映だけでなくイレギュラーのオールナイトも担当し、あっという間の1年間。厳密には3月のレギュラー開始からなのですが、それでも10か月プラスオールナイト4本で14枚の新聞が出来上がった。継続は力なり、なのか。



 そして先日、今年最後の怪獣上映『京都怪獣映画祭NIGHT5』へ。これで俺の新聞も終わる。
 『ウルトラマンティガ』最終回3部作に『空の大怪獣ラドン』『大怪獣ガメラ』『ゴジラVSキングギドラ』の、ウルトラ、ゴジラ、ガメラのそろい踏み。ティガは来年で20周年、ラドンは60周年、ガメラは今年50年、VSキングギドラもつい最近の映画かと思いきや、来年で25周年、それぞれがメモリアルな作品ばかり。



 ゲストに『ティガ』ムナカタリーダーの大滝明利氏に、VSギドラのお馴染み、ロバートスコットフィールド氏。


 ムナカタリーダーといえば、下戸の設定。なので、劇場ではミルクが販売されていた。分かる人は分かるシリーズの復活である。


 久々に見る『ティガ』最終作は思った以上にくどくなく、するすると世界の終焉と英雄の再生を描いていた。分かってはいるし、本放送からずいぶん経っているので大丈夫と思ったが、ラストで思わずうるっときてしまった。テレビシリーズを大画面で見られるという贅沢。

 『ラドン』は、ぬっと現れるメガヌロンと北九州市の大ミニチュアセットに尽きる。しかし、阿蘇山からラドン出現のあたりから睡魔が。
 『大怪獣ガメラ』は東宝に追いつけとばかりに作られた勢いを感じさせるシリーズ第1作。北海道で暴れまわったガメラが東京上陸、というところで記憶が……。俊夫君よりももっともらしく行き当たりばったりな日高博士を何とかせえ、と思った。

 『VSキングギドラ』は大音量上映の中、体を揺さぶられるような感覚の中、それでもゴジラ札幌襲撃がごっそり抜けていた。思えば、今年最後の土屋嘉男、かもしれない。


 ティガ以降はオールナイト恒例の大怪獣・睡魔との戦いだった。でも、怪獣が好きな人たちと怪獣映画が流れている空間を共有できるだけでも楽しくもあり、来てよかったと思う。

 各作品については、新聞の記事に書いたので、くどくど同じことを書かない。ただ、ゾイガーとキングギドラはラドンの声で鳴き、ゴジラザウルスはガメラの声で鳴くという、微妙な共通点を再発見。あと、『未確認飛行物体』というワードも頻繁に登場した6本立てだった。


 昨年の『地球防衛軍』から、月1回以上の頻度でやってきた京都。もういだろう、そろそろお休みしてもいいんじゃないか。不思議な縁で繋がった人間たちが集う素敵な場所でした、ありがとう、京都みなみ会館。
   



 と思ったけど、来年ももちろん、ある。そして新聞も出る、みたいです。

 ということで来年もよろしくお願いします。

拍手[1回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析