忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[424] [423] [422] [421] [420] [419] [418] [417] [416] [415] [414]
お相撲さんが狂った! 発狂ーいのこった!
 
 先日の満足すぎる和歌山遠足から、興奮冷めやらぬまま新しい週を迎えてしまいました。
新入園、新入学のちびっ子のいる家庭はまだまだお迎えの時間が早くっててんてこ舞いさ。
でも、お母ちゃん連中に混じって子どもを待つのは変な緊張感が走るぜ。毎日顔を合わせていたら『やだ、このお父さん、無職よ!』と思われてるに違いない、あぁ蔑めよ、気の済むまで蔑むがいいさ(たちの悪い妄想)

 俺もあした、新入学の人たちと初顔合わせなんですが、どの面下げて会えばいいんだ? としばしへこんだりもします。お仕事だから頑張ろう。

さて前回写真撮りまくった中から、漏れた写真を。

 
ゴモラ!
 横顔もいい。尻尾の先端は無知のように細くなっていた。って顔のどアップにそんな解説つけてもねえ。

 
メトロン星人、あおり気味に
あのセットを使ってもっと面白いことができたはずだ。やはり、ウルトラガンとモロボシダンのコスプレで行くべきだったか。

 
アントラー真正面
まさか生きてるうちにアントラーを真正面で見るとは思わなかった。カラーリングから察するに『ウルトラマンマックス』に登場したものだと思われる。金子監督が演出したアントラーだ

 
やっぱり怖いケムール人。
体色は青いのだが、オリジナルもそうだったのか? 最近復刻されたソフビに合わせているのか? もしくはソフビがこちら合わせているのか? イメージとしては顔はブラウン系で、体は黒地にギザギザ模様なのだが。近日発売されるウルトラQのカラー版ではどうなっているのか気になる。
どんな色にせよ、こんな人と夜道で出会いたくない。

 
愉快そうなチブル星人。
おもちゃを操って人を襲うなんて、今いい年した大人がおもちゃを買うようになった現代こそ実施してほしいものである。美少女フィギュアに殺されるなんてオタクの本望じゃないか、俺はごめんだが。

書き忘れましたが、会場内にはホールがあってそこでセブンの『狙われた街』とウルトラQ『1/8計画』を交互に上映しておりました。運良く『1/8』をど頭から見れたのですが。うーん不条理なオチ。いくら撮影に使われた小道具を展示しているとはいえ、ヒーローの出てこないこのお話を来場したちびっ子はどんな思いで見たのでしょうか。うちでは漠然と『こんなお話が続くシリーズ』と把握しているようでしたが。

さてさて。怪獣熱冷めやらぬまま翌日を迎え、いつものように、ぶらぶらと近所の中古ショップに足を運んだのですが。
これが困ったことに否、嬉しいことに、結構なブツが出ておりまして。まるで怪獣熱に浮かれる(年中ですが)自分を待ち構えているようにも思えました。

これ

 
こいつらが定価の半額以下で無造作にコンテナボックスの中やフックに吊られておりました。
キングシーサー、バルタン星人二代目、ウルトラマンネクスト、ゲスラ。
いずれも現行では流通していない『あの時買っておけば』な奴らです。

キングシーサーはどうサイズのものを持っておりますが、こちらはリペイント版で、黄銅色を用い、ぐっと着ぐるみに近い体色になっております。色が変われば不思議なことに印象も変わるものであります。

ウルトラマンネクストは、映画『ULTRAMAN』に登場。現行のラインナップから漏れてしまっております。生物感あふれるデザインが独特。

ゲスラは、旧タイプ。

そして今回の一番の収穫はバルタン二代目! ショップや億でもプレ値がついており、なかなか手の出なかった商品。いっとき、何をとち狂ったかバンダイがバルタン星人の全バリエーションを出したことがありまして、気付いたときには店頭から消えていた、というよくある話で、今頃になって探していたのですよ。
いつか、安く手に入る、そんなことを思いながらショップを巡っておりました。信じれば夢はかなう!

バルタン勢ぞろいの図。

 
これ以外にもコスモス版バルタン、メカバルタンもいるのですが、未購入。だって、なんとなく好きになれないデザインだから。でもここまできたらただ並べてニヤニヤするためだけに購入しようかとも考えております。いやな大人。

ゲスラ軍団。
 
旧ゲスラの似てない造形が不細工っぷりに拍車をかけております。このほか、新旧のミニソフビがあったのですが、どこかに出かけており、不在。

あぁバルタン二代目を入手しただけでも満足な休日。ただ、このバルタンには頭部を塗り替えただけの三代目(メフィラス星人に操られて顔見世程度に出た同じ造形のもの)も商品化されていますので、それを探し出すのが至難の業です。
ソフビ道は修羅の道、こんなことばっかりやってると、いつかチブル星人に操られたソフビに殺されてしまいますね。




拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
9 11 12 13 14 15
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析