忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[538] [537] [536] [535] [534] [533] [532] [531] [530] [529] [528]


 兵庫県尼崎のとあるアーケード街。そこに、マニア垂涎のスポットがあるという……。
某ラノベ(主人公が憂鬱だったり、消失したりするやつ)に出てくる商店街のモデルになったともいわれる、尼崎中央・三和・出屋敷商店街。その一角に毎回テーマを絞り催される酒場があった。『昭和プロレス酒場』『007酒場』『ブライアン・デ・パルマ酒場』『特撮ロボット酒場』……。要は、好きモノが集い、時にゲストを招いて飲み明かす、素敵な空間なのですな。元々シャッター商店街になりつつある市場の空き店舗を有効活用しようと、始まったのが発端とのこと。
 東京でいえばロフトプラスワンのようなものだ。

 以前より、お誘いを受けてはいたのですが、尼崎までは遠い、そして夜間外出は子持ちにとってはなかなか出来ない。
 
 しかし、今回このようなイベントが催されることに!

 怪獣市場! 関西を中心に活動する怪獣メーカーが集い、食べたり売ったり、飲んだりする企画! 自主制作映画上映会もあるよ、ゲストもくるよ!

 おぉ、これなら日中だし、『怪獣行こうぜ』と子どもも誘える! でも子ども達の興味はすっかり怪獣から遠のきつつあった!

 それでも行ってやる、と湾岸線に乗って会場近くへ。

 今回、あまりにも興奮気味だったので、会場の外観を撮影することをすっかり忘れていた。

 会場である市場の様子はこちらのブログで

 そして、会場前からずらりと並ぶ怪獣ガレキ! 空き店舗に作られた怪獣ショップ!

 周辺の食品店も露店を出して、イベントに便乗、否、援護射撃! その模擬店的雰囲気、これは大人の学園祭だ(子供も参加可能)。

 とりあえず、怪獣たちを撮りまくり、ショップで悩みに悩んで、怪獣まみれの素敵な空間に浸る。

 怪獣酒場の片隅に置かれた恐竜ヘッド。これは『恐竜怪鳥の伝説』のプレシオサウルスではないだろうか? オリジナルを造形した大橋史典の特徴でもある喉の袋と、皮膚の表現が見事に再現されている。

 そして、サンダとガイラのヘッド。こいつを見ながら一杯やるなんて、尋常な人間のやることではない。お姉ちゃんのいる飲み屋もいいが、怪獣のいる飲み屋はその何十倍も魅力的だ。

 そして、尼崎に甦る怪獣軍団。
        

 



 ショップではパチモンメンコを10枚、そしてかっこよすぎる『ゴジラ対メカゴジラ』『アイアンキング&シルバー仮面ジャイアント』のTシャツを購入。奥さんに『村では絶対着るな』と言われたが、それは、かっこよすぎるからだ。
  


残念な怪獣たち、そして残念なマジンガーとゲッターロボ。パチモンの中、唯一の公認様であるゴレンジャー。
    

 奈良に住み始めて一ヶ月あまり。たまにはこういう怪獣まみれなイベントに参加し、本来の自分を取り戻すことも大事だな、と思う、という言い訳。


拍手[2回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析