忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[196] [195] [194] [193] [192] [191] [190] [189] [188] [187] [186]

 昨日はお誕生日だったので、ハンバーグとスパゲティを食べました。子供か。

 その間に買ったものあれこれ。

2502be37.jpeg
『トップシークレット』『ホットショット』『オースティンパワーズゴルドメンバー』のサントラ、写真にはないけど『ヤングフランケンシュタイン』……。コメディばっかり!
 
 思えば去年の今頃は貸し切り状態で『仮面ライダーTHE NEXT』を見たんだっけ。月日が流れるの早いなー。

 で、コメディ集めてニコニコ大会でもしようかと思いましたが、西川伸司先生入魂のマンガ『ゴジラ狂時代』(講談社)を再読したので……。

bf2a75bd.jpeg
『ゴジラ2000ミレニアム』を再見。
これ、公開時は微妙だったんですよ。タコ宇宙人とか、微妙なCGとか。
それにボックスセット買って一度も見てなかったのもこの映画。
 
それで改めてみると……。

いいじゃないか、これ! 冒頭の霧深い根室、波打ち際での自衛隊との攻防とか、ふんだんに粉塵と瓦礫飛び散る細かく作りこまれた西新宿のミニチュアとか、この後のシリーズにもない、いい雰囲気、でもタコ宇宙人が……。

 そのタコ宇宙人、終盤で怪獣オルガに変身してゴジラと戦うのですが、これ、副音声の解説を聞くと、『ゴジラのエネルギーを吸収して怪獣化したのは意図的ではなく、たまたまそうなってしまったたために本人には戦う意思がまったくなかった』との事。

 そうか、オルガがやる気のないファイトを見せていたのは『俺、こんな体になっちゃたよー、どうしよう?』という事だったのか。
 もう少し外見が可愛らしければ、もしかしたら、宇宙からの移民として迎え入れられたかもしれない宇宙人(オルガ)は、宇宙船を壊され、その大きさと外見からゴジラにぼこられ、仕方なく地球で生きるために再びゴジラを食そうとしたら返り討ちにあってしまった……。
 ジャミラと同じく悲劇の変身怪獣だったんだなあ。


18a0fca0.jpeg
 背びれがでかいとか赤いとか、いろいろ言われましたが、かっこいいですよミレニアムゴジラ。

 で、仕事に戻る。

  
 

拍手[0回]

PR

コメント
お誕生日おめでとうございます
たびたび失礼いたします。
「ヤングフランケンシュタイン」ってコメディだったんですね。と、書いてる矢先にメル・ブルックス監督だというのを知りました。納得です。
メル・ブルックスといえば先日、「ブレージング・サドル」を見たのですが、見終わってから「プロデューサーズ」と同じ監督の人だというのを知り、何年経っても丸くならない破天荒な人というのもいるのだなぁと感慨深い物がありました。矢口史靖さんも「裸足のピクニック」の頃を思い出してくだされば…と願うことしきりです。商業的には今の路線の方がよろしいのでしょうが。
フランケンシュタインつながりだと、「フラッシュダンス」のジェニファー・ビールスがゴールデンラズベリー賞を取って干されてしまった、「フランケンシュタインの花嫁」のリメイク映画「ブライド」というのもあるようですが、海外ドラマ「Lの世界」で主役級クラスに復活したジェニファー先生の勇姿(百合本番あり)を見る度に、「ブライド」ってどんな映画だったのかと知りたくてたまらない今日この頃です。(干されて女優力が滅茶苦茶伸びたケースだと思います。役者としてすごくおいしい役でいい芝居しています)
【2008/11/15 08:37】 NAME[みなみくまごろう] WEBLINK[URL] EDIT[]
無題
ありがとうございます。
『ブライド』は確かスティングも出ていた
『フランケンシュタインの花嫁』
ぐらいの知識しか私にもありあんせん。これもコメディっポいんですけどね。
しかし『Lの世界』って、コード規制のはげしいアメリカでよく放送したなあ……。
【2008/11/16 11:12】 NAME[ばば] WEBLINK[] EDIT[]
無題
お答えありがとうございます。スティングが出ていたのは知りませんでした。スティングというと「砂の惑星・デューン」でゴルチエっぽい金色のパンツ一丁で登場し、文字通り金で金を隠す状態(失礼しました)になっていた人というイメージが頭に焼き付いています。ミュージシャンなんですよね。コメディアンではなく。
 放送コードですが、確かにアメリカの場合時間帯による放送コードが厳しくて、戦闘シーンが暴力コードに引っかかるので日本のアニメが電波に載せづらいという話は聞いたことがあります。旅行したときにテレビでアニメ系のチャンネルを試しに見てみましたが文字通りカトゥーンの延長線上の内容で、向こうでの扱いは「テレビ漫画」なんだなぁと感じたことを思い出しました。
 多分そういうニーズは「スターゲイト」や「LOST」「HEROS」のような一般ドラマとして楽しめる内容の特撮番組が拾ってるんじゃないかと思います。あ、そう考えると向こうは普通に夜のゴールデンタイムにハリウッド仕込みの特撮やってるわけですよね。
個人的にはお茶の間でも楽しめる推理系ゾンビラブコメの「Pushing Daisies」が日本に上陸して欲しいのですが…難しいようです。
主人公が幼なじみの女の子と胸キュンなプラトニックの関係(二人は触れあってはいけないという設定)を維持しつつ殺人事件を解決していくというかなりキャッチーな内容なんですけどね。
幼なじみがゾンビという点を除いては。
【2008/11/17 13:05】 NAME[みなみくまごろう] WEBLINK[URL] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析