忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[192] [191] [190] [189] [188] [187] [186] [185] [184] [183] [182]
知人のソラノ君の「死なない男に恋した少女 2.日常のカケラ」
も無事発売し、ご本人自ら日本橋散策と、熱心この上ないが、ポン友の和泉フセヤは『恋盾』が出ても放置プレイかよ、書店に見に行くなり、営業かませよ!
 とはいえ、俺はといえば、山城新伍の『おこりんぼさびしんぼ』の文庫復刻版を探す毎日。あぁ、これなら前の版をアベ地下の古本屋で買っておくべきだった。

 という事で本題。
 昔、よく小学校の校門で映画の割引券を配ってるおじさんっていませんでしたか?
 映画の内容も、ロードショーものもあれば、市民会館やホールで一日だけやる、アニメや特撮ものの寄せ集めとか、色々で。

 とくに後者は、『なんでこんなものを?』みたいなマイナータイトルから、まだ色々緩かった頃のディズニーの短編やら『キン肉マン(ドラえもんでも可)の交通安全』みたいな、ここでしか見れないんじゃないの? と思うようなイベントムービーまで本当に様々。

 で、俺はこの手の上映会に一度も行ったことのない子供でした。
 割引券の華やかさに心奪われながらも『ピンと来るのがねえ……』と、斜に構えていたこともあったり、親にねだらなかったりと、いろいろな理由がありましたので。

 そんな『ちびっこ上映会&割引券配りのおじさん』も新世紀に入って絶えて久しい……、と、思いきや、どっこい、まだ生きていた!
 近所の小学校で配っていた割引券を入手! 通報しないで!
 という事で、懐かしさもあって、ちびっこ上映会に足を運んでみた。

d4a81c83.jpeg





『ゲゲゲの鬼太郎・千年呪い歌』



 今夏見逃したやつを、レンタルリリース前に安価で見れる!
オトナは割引料金800円! でもこれって昔よくあった二番館のノリだ、うれしい!

 場所は巨大ショッピングセンターのちびっこホール。
 定期的に子供向けのイベントを行っており、上映会もその一環らしい。今まで知らなかったのだが、上映会は月一で行っていたそうだ。
 会場近くにぺたぺたと張られていおる『鬼太郎』ポスターが映画を見ようという気持ちを高揚させてくれる。
 そういや、映画のポスターや看板を町中に張ったりすることもなくなったなあ。俺よくパクったりはがしたり……してませんよ。

 会場にはいると、おぉ、ちゃんとフィルム上映だ!
 俺はてっきりビデオプロジェクターによる上映かと思っていた。
 大きな映写機が二台、会場の後ろにでん、と構えている。
 これはいいよ、ちびっこには『こうして映画は上映されるんだよ』って教えられますからね。今のちびっこって映画館の映画もDVDで流してるとか思ってるんやないやろうか?
 
 スタッフは見たところモギリのおじさんと映写技師のおじさん二人。時間があったので、モギリのおじさんに色々聞いてみた。
 何と、今回の上映会でちびっこ上いえ会はファイナルだという。その理由は、シネコンの台頭(近々、市内にもう一件……。もういいよ!)とか、フィルムレンタルに絡む大人の事情とか、客足の減少とか、いろいろあるらしいのだが、何ともさびしい限りだ。

 ある意味、いいタイミングで来れたともいえるが……。

 客は俺の他に家族連れが二組ほど。百人収容のホールは、どことなくさびしい。

 二台の映写機が唸りを上げ、がたたたたたたたたと吠える会場の中で
見たウェンツ鬼太郎は、人間と妖怪の悲恋を描いた良作、に見えた。鬼太郎でなくても成立するかもしれない物語だが、鬼太郎は何もせず、ゴロゴロとして言われるままに動くからその存在が光るのだ。
 ヒーローらしからぬ怠け者な感じが原作っぽくていい。
 で、ライバル役のぬらりひょん緒形拳。これが映画では遺作となってしまった。力んだ凄みのある芝居よりも、終盤近くのとぼけた演技が、いかにもナックルぽかった。
 遺作が特殊メイクで特撮ものか……。『孔雀王』にも出てたな。

 というわけで、少しさびしくもありましたが、なんだかいい気持ちの上映会でありました。こういうのはなくなっちゃいけないと思うのだがなあ。お父様、お母様方も映画はスクリーンで是非。


b3a4b8c9.jpeg








◎ ↑ 隣のグランドでは消防訓練なのか、消防車大集合、今日も退屈せずに済むぜ。
 

◎ 『007・慰めの報酬』の主題歌。前回がめちゃくちゃかっこよすぎたから、今回はどうか、と思ったが、うむ、誠に立派なボンド節。



 

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析