忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[181] [180] [179] [178] [177] [176] [175] [174] [173] [172] [171]
終わりません、ええ終わりませんよ
 ゲラをゲラゲラ、ホンの直しとか増量大作戦とか……。

 それはどうでもいい。いや、よくないが。

え、ポール・ニューマンが?
あぁ、もういいお年だもんな。
バカアクション映画とかバカSF映画とかバカ映画ばかり見てきた俺にとってこの人の映画って縁遠いものだと思っていたのですが

『明日に向かって撃て!』だけは別格な。
○俺の西部劇の概念を根底からかえてくれた映画。
○セピアにくすぶった画面で、スマートな、おおよそ西部劇と似つかわしくないような2人の強盗の物語……の映画。
○西部劇の終焉にとどめを刺した映画……の一本(後はマカロニとペキンパー)。
○アメリカンニューシネマ、と言えばこれと『イージーライダー』でしょう、な映画
○学生時代、何度かその域に達しようと挑戦するも、玉砕した映画。
○サントラもポスターも買って、最終的に東京でリバイバル上映を、やっとスクリーンで見れた見た映画。
○よく『俺たちに明日はない』とごっちゃにされる映画。
○よく主題歌が『雨に唄えば』だと思われている映画。
○正解は『雨にぬれても』だ

 廉価版で何度も出ているDVDは未購入。以前出ていた二枚組をいつか買ってやる、と思っていたのに……。
 いや、ポールが死んでもDVDは売ってるわけで……。

 で、今日も今日とて『明日に……』もしくは『バットマンビギンズ』を仮にブックオフに出かけたら
f21350ed.jpeg
 違うバットマンが釣れた。これがダークナイトなのか? 
そうです、これもダークナイトなのです。

60年代に放送されたTV版の劇場版。
今なら『劇場版バットマン・四怪人大進撃!』とかつけられてそうだ。
 
 安っぽくてバカみたい。だから愛せるものがある。
 このバカバカしさはひたすら暗く悲しいバートン版ではなく、監督が代わってケバケバしくなった3、4作目のテイストに近い。
 しかし、よく見てみると、怪人たちの持つオモチャん感覚あふれるバカギミック満載のバカ小道具類をバートンは継承していたんだなあ、と思う。

『ビギンズ』『ダークナイト』のクリストファー・ノーランバンはそんなバカ要素を『ふざけるな!』と切って捨て、ハードコアな、石もて追われるリアルヒーローを描いた、これまた傑作。
 要はバットマンが出ていればなんだって面白いのだ。
バットマンカー(バットモービルに非ず)はめちゃくちゃかっこいいぞ!
batman9s.jpg





こんな奴らが映画に出るぞ、ちゃんとコミック版にのっとった姿ですね
みんな単なるおバカさん集団なのもいい。
bat03.jpg

テレビ版ではグリーンホーネットとも共演。
ブルース・リー対バットマンが実現していたのだ!

bathornet.jpg
で、ポールニューマンからバットマンの話になってしまった。
 はよゲラチェックせな。


拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析