忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[304] [303] [302] [301] [300] [299] [298] [297] [296] [295] [294]
最近はあれですな、ツイッターなんぞに浮気して、どうでもいい事をブツブツ吐いておりましたが、やはり本分は日記でしょう!
 
 ノートをいただいたおかげで、リビングでテレビ見ながら作業とかできちゃうわけですが、どうしてもDVDに見入りがちになり、手がおろそかになってしまう。
先週は『キルビル1,2』『日本沈没(藤岡弘、の)』を見ながらダラダラしてました。いかんなあ、どうにも器用にやれない。未見の作品はやはりじっくりと見ろということですな。

↑今週のダラダラ候補。
インディ・ジョーンズはいいとして、デアデビルは初見なので、作業向きではないかもです。この二本、安売りの上に半額という悲しい値段が付いていましたので確保。こうでもないとデアデビルには出会えなかったからね。インディ490円デアは190円! これだったらインディの他のシリーズも買っておけばよかった。俺が行った時には他の二本はもうなかったよ!
 あとレンタル落ちVHSのゲッターロボを一本ばかり。

 そんなこんなで昨日はKBS京都でやってた『ウルトラ・ヴァイオレット』を見てました。
 未来の話。ファージと呼ばれる種属と人間との争い、それに重大なカギを持った少年が絡んで……というようなお話。主人公のヴァイオレットはファージ側の人間ですが、少年をかばってどちらからも追われます。追われては捕まります。良く捕まります。それはいい。とにかく、ウルトラなアクション満載なわけです。
 食わず嫌いなもので、マトリックス症候群とでも言うべきアクション映画の類(決めどころは超スローモーション、カメラがやたらと動く人も動く、ワイヤーで飛ぶ、銃と刀持ってる等々)をスルーしまくってたのですが、この作品にも影響が多く見られますな。

 バイクで町中を縦横無尽(無重力装置のおかげで壁も走れる)を走るヴァイオレット、かっこいー。でもなぜかブルーバック臭というかアナログ特撮の臭いがしたのですが、気のせいでしょう。

 女戦士が少年をかばうあまりに疑似親子化してしまうあたりは『たぶん『子連れ狼』か『グロリア』辺りが下敷きだろうな、と思いました。

 バカスローモーションや決めまくりすぎてわけわかんなくなったカメラワークを楽しむためにも、ちょくちょくマトリックス以降のアクションを拾ってみようかな、なんて思いました。

 さあ、昼飯食ってデアデビるか。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 5 7 8 9
10 11 12 13 14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析