忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[522] [521] [520] [519] [518] [517] [516] [515] [513] [512] [511]
前回は近代スパイものの超傑作『スカイフォール』でしたが、今回はぐっと時代を遡り、中世日本、いわゆる戦国時代のお話です。『のぼうの城』、諸事情で伸びてしまったけど、ようやく公開。そしてやっとのことで鑑賞できました。

 豊臣秀吉の関東攻めの先鋒を担う石田三成。彼が攻めるは北条家配下の支城、忍城。四方を湖に囲まれたこの城で、篭城せよとの命に背き、よりによって城代のでくの坊、成田長親はとあることで、戦を申し込んだ。敵は二万、味方は五百、さてどう討つ?

  近年にない大スペクタクル合戦映画である。たまにこういうものがないと、寂しくなってしまう。鎧ガチャガチャさせた武者が出てくるだけで心躍ってしまう。
 篭城(もしくは開城)の言いつけを守らないおおたわけの長親、それと、相手があっさり降伏することに不満を抱いていたところに、まさかの開戦と相成り、さあ、ここでいいとこ見せるぞ、と張り切る三成。二人の思いが合致したのだ。

 数で足りなければ頭で勝負とばかりにくりだれる奇策。面倒くせえとばかりに行われる三成の水攻めの大スペクタクル。さすが樋口監督。冒頭の音楽の使い方はどことなく黒澤映画の佐藤勝を思わせるし、湖が出てくる時代劇、というだけで『大魔神怒る』を思い出す。

 馬鹿者長親は、地元住民の信頼が厚く、慕われている。そこが逆転の鍵になる。やはり、地元に根ざした政治をしないとね、上ばかり見ないで、下を見ていこう。今までの合戦物で、ここまで農民達がクローズアップされた作品はあったか?官民一体の政治(合戦)とはこういうことなのか。

 実に爽やかな、まるで、スポーツをみていたかのような幕切れ。でも、死屍累々。一対多数の戦いで漫画的な表現が結構あったけど、奇天烈な策略が交差するこの作品なら、特に違和感はない。 これぐらいのソフトかつ硬い感じ(どっちだ?)が今の時代劇には必要なのかな。キャラクターの一人がまんま現代口調なのが凄く気になったけど、細かなところで、考証はしっかりしている。ホラを吹くなら、キチンと下地を固めてからだ。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 11
12 14 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析