忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[232] [231] [230] [229] [228] [227] [226] [225] [224] [223] [222]
先日やってた『ドラえもん心に残るお話30』にあの『ドラQパーマン』がランクインしてなかったことに憤りを感じる今日この頃。
 なんで泣かせ系の話ばっかりやねん。なんだか毎月『おばあちゃんの思い出』を見せられてるような気がします。

 さて。巷では……、ウソ。私のマイミクさん周りではやはり先日の仕事人10話がとんでもない事になってるともっぱらの評判でして。
「殺し屋の業が云々というより、最近のドラマのつくりに合わせ、連続ものにしようとすればああいったパターンやぶりも生じるのでは? と落ち着いた今になって考えてみた。それにしてもすさまじかったなあ。旧来のファンも驚かせるってすごいと思うよ。おかげで仮面ライダーブレイドがでっかい刀に変身しても驚かなかったよ。

 さて。昨日この春話題の映画『ヤッターマン』を見てまいりました。
劇場は半分ぐらいの入りで、たぶんみんな『ドラゴンボール』を見に行ったんじゃないかと思います(嘘。イグアナゴジラの教訓が全然生かされていないと、風の噂に聞きました)。

 まったくもってアニメのまんま! 作り手側も意図的にそうしたとあって、アニメ三話分を見たという感じ。
冒頭の『……毎週戦っているのだ!』という山ちゃんのナレーションで見ている人間の疑問や不安を見事に吹っ飛ばしてくれました。
 三池監督らしく、お下品なネタも混ぜてはいますが、立派なタツノコアニメでしたよ。
 
 深キョンのドロンジョ様は
「泣く泣く友人に頼まれてSMの女王様のバイトをしたけれど、元々サドッ気も人をぶった経験もなく、力ないセリフ回しといやいや繰り出す鞭の一振りがそれでも力強かったりしたもんだから常連のMオヤジからもそこそこの評価を得て、やめるにやめれなくなって今では結構楽しんでます」といった感じ。
どういう感じだよ! 要するに弱々しくも気丈にふるまう深キョンがよかった、ということです。仮面被るんだから誰でもいい、ということではないのだ。深キョンでよかったのだ、と今ではそう思う。

 あ、嵐の桜井君もよかったよ。『変身だ!』と叫んで様になる人もあんまりいないと思いますので。

 続きも作ってくれんかなあ。

映画もおもろかったけれど、見に行った映画館に先日トムクルーズが来たという話を聞いて驚いた。トーホーシネマズ鳳にかよ?
都心でもないのに? そっくりさんじゃないのか?
なんでもヘリで屋上駐車場に降り立って『トムクルーズショー』をしたそうな。証拠写真と直筆サインもあったから本当だろう。しかし、ハリウッドから堺市かよ、どれだけ細かい営業するねん、トム!
04b1e788.jpeg
 ↑ パンフとちびっこのみんなに配られるヤッターマンシール。ちびっ子じゃないけどもらった。モギリのお姉さんには俺が少年に見えたのだろう。

6ba434d4.jpeg
↑先日買った『キングコング・エクステンデットエディション』の感想文。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
9 11 12 13 14 15
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析