忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[251] [250] [249] [248] [247] [246] [245] [244] [243] [242] [241]
いやはや南友。
何が正業で何が副業なのか、何が善で何が悪かわからぬまま、西へ東へ動き回って、週末ぐらいはのんびりさせろよ、の俺ですよ。
 昨日、某学校で『キャラクター表現論』というのをぶってきました。生意気に。くそ生意気に。

 で、『キャラクターって何なの?』というお話になってはたと考えた。
『本当に、キャラクターって何なんだろう?』と。辞書に載っていない意味。もはや『キャラ』という日本語になってやしないか、その意味は? 

例えば。石ころがあったとして。それはキャラか? 違う。
では手足が生えていたら? それっぽくなってきた。
さらに顔があったら? キャラじゃねえの?
それが『イシヤマくん』という名前だったら? おぉ、一個のキャラとして成立した?

 じゃあ、名前が大事なのか? 否、顔が大事?顔があるってことは喜怒哀楽の感情表現ができるってこと。それがキャラの必須条件?
 感情が出せるってことは魂があるってこと?
 魂がある物はキャラ化する?

 うーん、お話は脱線しながらもシャーマニズムやアニミズムの話になってきました。でも、少数でワイワイとそんなお話をしあう授業も面白いね、こっちが勉強させてもらってる感じですよ。

 上の論法でいくと、おぉ、でっかい埴輪が乙女の涙で動くアレとか、人の命を加えた時に空にそびえる鉄の城とか、『モノ→キャラ』への変換となる事例って結構ありそうだ。
 次回それをやろう。
 でも、人の乗っていない巨大ロボって『モノ』であって『キャラ』ではないのかな? 誰か俺に教えてくれ!
a3f13fc8.jpeg
↑はい、買ってしまった真マジンガーの主題歌。
ジャケット裏面に入ってるアニメのカードが折り曲げないと収まらないんですけど。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 11
12 14 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析