忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[248] [247] [246] [245] [244] [243] [242] [241] [240] [239] [238]

あー、あれやこれやせにや行かんのに、お部屋を片付けないとおもちゃ捨てられるのに。
 でも、彼はやってきた。
 彼はそんな俺に『そんなこと言わずに遊ぼうぜ』と言わんばかりにやってきた。ゆうパックで。

俺を誘惑する悪い奴め、お前は誰だ!

0cf35938.jpeg
アオシマの新世紀合金『暗黒大将軍』!
 
固い、重い、でかい!

ついに買った、買ってしまった! これがないと動けない、今までの俺にご褒美だ!(いいわけ)

 知らない人はいないと思うけど、暗黒大将軍とは何者か?

PDVD_030.JPG
 地上支配を狙う古代ミケーネ帝国の指揮官である!
 ただの将軍ではない、大将軍だ!
 初登場は20世紀の傑作映画『マジンガーZ対暗黒大将軍』
 玉座に腰掛けながら世界中に配下の戦闘獣を送り込み、あのマジンガーZをぼろぼろにした張本人。
 直接対決はなかったものの、マジンガーをスクラップ寸前までに追い込んだことと、タイトルに名前が出ているというだけで、現場で指揮をとっていた暗黒大将軍の片腕、獣魔将軍よりもその存在感を強くしている。
 テレビでは『マジンガーZ』の最終回、それに続く『グレートマジンガー』に登場。31話で倒されるまでミケーネ帝国の指揮官としてグレートと死闘を繰り広げた。

 マジンガーの好敵手としてはドクターヘル、あしゅら男爵よりは劣るものの最後の大物、というイメージがあるのか、それ以降もOVA『マジンカイザー』の後日談的な『マジンカイザー・死闘!暗黒大将軍』や短編『ダイナミックスーパーロボット総進撃!』でも、敵役の大トリを務めていたし、いきなり最終回な『真マジンガー』一話にも冒頭から出てきて驚いた。

 鎧兜に身を包んだ巨体に、胴体に顔が付いていても違和感を覚えないかっこよさ。こんなにかっこいい『将軍』が他にいるだろうか?
いや、探せばいると思うけどね。

 で、かれこれ二年近くこれを買おうかどうか迷っていたのだ。
俺の好きな将軍様は、『対暗黒大将軍』の、色が青くて、声が小林清志のバージョンだからだ。写真の将軍様はOVA『マジンカイザー・死闘!暗黒大将軍』に出ていたバージョン。テレビ版よりもマッチョであり、黒を基調にしたカラーリングである。


 でも、ゴジラだったら、息子ゴジラもアメリカゴジラも愛している俺が、そんなところにこだわってどうする? とも思った。
色が黒かろうが、声が飯塚昭三だろうが、将軍様は将軍様じゃないか?
そうも思った。
 でもなあOVA版はカイザーにぼこぼこに殴られて、おなか抱えてうずくまったもんなあ、そんなかっこ悪い最後だった将軍様のおもちゃを……。でも、それは将軍様にあんな演技をさせたっスタッフが悪い、という事にしておいた。
 で、悩む俺の前に現れた『真マジンガー』の一話、そしてオープニングが決め手になった。
 マジンガーよりもはるかにでかい将軍様!
 勝てそうにない! 

 あぁぁ、ポチっとな。

 遊ぶぞ、箱を開けてマントを付けて。うわあ、劣化するとべたべたしそうなマントだ。さすが新世紀合金、ブラックゲッターのマントと同じだ。放っておくと内箱の発泡スチロールにくっつきそうだ、なんてことはその時考えよう。

 8ed9b356.jpeg
 まずは記念撮影である。永井豪先生が、将軍様をデザインする時にイメージしていた『バイオレンスジャック』の関東の魔王ことスラムキングと。並べてみると、確かに似ているかも。2人とも鎧兜に身を固めた武人である。主人公の最大のライバルである。
 作品は違えど、豪ちゃんの生んだ兄弟のような存在だ。いやな兄弟だ。
 将軍様はメカスラムキングと言ったところか……。

dd7c515f.jpeg
次。バンダイ超合金魂のグレートとテレビのオープニングっぽい写真。
 カメラはぐるっと2人を回り込むのです。作画大変だあ。
将軍様、でかいなあ。実際もこれぐらいだったかな。
 

05992f19.jpeg
『マジンガーZ対暗黒大将軍』のラスト。炎の中から現れ『雌雄を決しようぞ!』と叫ぶシーンのつもり。

444c29f7.jpeg
マジンガー軍団をコテンパンにする将軍様。

193b7614.jpega23a08e0.jpeg
新世紀合金マジンカイザーと。OVAでは将軍様も、その配下の7大将軍もあっという間に蹴散らすんですよ、カイザーは。
もうちょっと見せ場作れって。

725f3822.jpeg
おまけに付いていたあしゅら男爵。
ゴーゴン大公はマジンカイザーのおまけ。
でも、あしゅらって将軍様と面識ないのでは?

 しかし、バンダイが新旧ブラックオックスを出してるぐらいで、敵役を合金化って今までなかったのでは?
 その点ではアオシマによくやったと言っておこう!
 発売してから数年経ってるけどね。
 果たしてバンダイは『真マジンガー』版の将軍様を出すのだろうか
その時俺は? その時になったら考えよう。

 将軍様自体、当時ものやガレキ以外では浪漫堂のアクションストーン(*)かこれぐらいしか出ていないんですよ。こんなにかっこいいのに。
 
(*)スケール的にはバンダイの合金と釣り合いが取れるのだが、材質がポリストーン製で固いけど、遊ぶと壊れそうな商品。
 

拍手[1回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 11
12 14 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析