忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[553] [552] [551] [550] [549] [548] [547] [546] [545] [544] [543]
・家で一人でいると、無気力になって『バットマンフォーエバー』を見ながらうとうとしてしまいますな。家族とか仕事というのは、自分を律するためにも大切なものなのだと思いました。

 遅くなりましたが先週発売の宝島社『いなか暮らしのほん』11月号でインタビューを受けました、受けてしまいました。

 こんな本が出ているのだから、みんな田舎に暮らしたいのだな、まさに『地元に帰ろう』なのか。
 
 これが作家業とは関係なく『最近関西の田舎に引っ越してきた人』ということで、まずは役場から打診があったそうです。
 家族で検討の末『よし受けよう』となり、9月某日、記者の方が取材に来たのです。
 東京から来られるかと思えば、大阪のフリーライター兼カメラマンとのこと。
 悲しいかな、今までインタビューというものをやったことがなかったのですが目の前に記者さんとボイスレコーダーを置かれると、緊張してしまうものです。
 
 しかしインタビューといっても会話をしながら要点をまとめていくという感じだったので、それほど緊張することはありませんでした。
 引っ越しの動機、生活で変った事等々を話してます。
最後に子供たちと写真。子供たちには網もって川に入ってもらいました。
 そんな時に限って小魚一匹いやしない。
 個人的には宝島社と言えば、読みやすくてためになる『別冊宝島』や幻の『映画宝島』『このビデオを見ろ!』シリーズに、『VOW!』。そして小学生のときに衝撃を受けた『ゴジラ宣言』で大変お世話になりました。特に『ゴジラ宣言』は今まで怪獣図鑑などで褒めちぎって称えていたゴジラシリーズをクソミソに大人が言っているのに軽いショックを覚えたのです。『人が作ったものを貶してもいいのか?』と子供心に思いました。
 
 そんな話やロック雑誌時代の宝島本誌の話もしたのですが、その辺はもちろんカット。
 俺は一応『大阪に出稼ぎに行ってる介護職』という設定でした。あぁ、もっと『作家です』とか言いたい。言えるようにならないと。でもこの日は役場の人も来てるし、正体をばらすわけにはいかなかったのだ! 
 ということで書店、コンビニで『いなか暮らしのほん』11月号を見かけたらそっと覗いてみてください。ガチガチの笑顔の俺がいるはずです、モノクロ1ページ。かと思ったら目次にカラーで載っていた!

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析