忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[127] [126] [125] [124] [123] [122] [121] [120] [119] [118] [117]

173a12a7.jpeg

ひと山終え、いや、終わったのか、いやいや……。
ぼちぼち新ネタに向けて、エンジン掛けにゃあ。
でもこの連休は遊ぶ、みたいだ。

◎あれ、KBSで電王やってらあ。ウラタロス登場の巻だから、つい最近放送が始まったのか?
 ハナちゃん、おおきいー! 足ナゲー! ふま

◎子供も少女もパンダもカンフーやって何だかはやってるみたいですな。でも、心にしっくりこない。なぜだろう。シマヘビ並だが、心にドラゴンを飼っていたはず。
ふと、昨日の『80デイズ』を見てその疑問が解けたよ。
 
 おれにとってのカンフー(映画)は、ワイヤーワークでもありえねー技の連発でもなく『野原でどつきあい』だったのだなあ、と。
 
 往年のカンフー映画を彷彿させるジャッキーと悪漢の野原でのどつきあい! さらに『ヤングマスター』を思い出させる小さい腰かけを使ったアクション、さらにはサモハン、そうか、これか、カンフーには『赤茶けた野原』が必要だったのかナリ!

 これ、原作はジュール・ヴェルヌの『80日間世界一周』だぜ?
 まさか自分の作品がカンフー映画になっていようとは、『海底二万里』が『不思議の海のナディア』になった時以上にヴェルヌも驚いていることだろうよ。 
 
 ついでに、この映画、ジャッキー対シュワルツェネッガーもやっているのだが、そこはコメディタッチで。

◎『クローバーフィールド』の余韻さめやらぬので『インディペンデンス・デイ』と悪評紛々『GODZILLA』をチラ見する。
どっちもエメリッヒ監督だった!
今からでも遅くないからヤンデボン版『ゴジラ』やりませんかね?
アメリカじゃあ巨大怪獣対決ものってほとんどないからね。
エメゴジは、前半の『何か分からんけど大きいもんが来る』ムードがいいですよ。試写をニューヨークで見せてもらった人間は文句が言えんのです。

 エメやんの新作『紀元前1万年』はなあ、恐竜が出ないからなあ……。
『グリーンマイル』『ショーシャンクの空に』に続く! と無理からな宣伝をされてる怪獣映画『ミスト』が見たい。 
あと、マツジュンの『隠し砦の三悪人』も。
微妙、だが。

◎特にこれという画像がなかったので、ラクエル・ウェルチで。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 11
12 14 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析