忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[157] [156] [155] [154] [153] [152] [151] [150] [149] [148] [147]
何とか、何とかなりそうで、宿題一つ終わり。多分、終わり。
明日からの新展開に期待。そうであって欲しい……。

 週末。講義の資料用(熱心だな、オレ)に、とあるレンタル店に立ち寄って探し物をしていたのだが、お目当てのものは見つからず、代わりにとんでもないものを見つけてしまった。

 2d0b8853jpeg
『黒い蠍』
1957年のアメリカ映画。いや、存在は知っていたさ。昔、これとか『恐竜グワンジ』とか『放射能X』とか先月買った『原子怪獣現る』とかとセットで出ていたり、ばら売りされていたりとは知っていたが、最近、店頭で見かける事はなかった。
『ヤバイ、買っておけばよかった』と思っていた矢先にこの再会。これは買っておけ、ということか。
49.jpg
 お話は『虫とか動物が放射能とかで大きくなって暴れる』50年代SF怪獣物の超定番です。終わり。
 タイトルどおり今回は蠍。これが群れをなして(といっても3、4匹で共食いを始めて最終的に一匹)メキシコシティーを襲うわけです。
 この作品の特筆すべき点は、低予算にもかかわらず大蠍をモデルアニメーションで表現しているところ。実物大のハリボテや本物を使ってない分、キャラが立って、後世に残るわけですよ。

 カクカクと夜の山を歩く蠍の気色悪さ! 
 列車を転覆させて獲物(ニンゲン)を取り合う蠍たちの不気味さ!
 
 更には、住処である火山の火口内には、尺取虫や蜘蛛状の巨大昆虫がうじゃうじゃ(といっても一匹づつ)! タイトル以外にも怪獣がいるって所で怪獣マニアにはポイント高しです(でも世間的には何のポイントにもなりません)。

 もうモデルアニメ、というだけで、怪獣マニアはツボを押されるのですよ。かなしい性分だなあ。
 で、こんな怪獣物を授業で流すとクレームがつきそうなのでやりません。
 虫嫌いな人は卒倒しそうですので。 
blackscorpion.jpg
 でも蠍のくせに、間抜けで不細工な顔があるんだ。虫だろお前?
 しかも吠えるんだ。虫だろお前?
 でもそんなこんなも込みで愛しちゃうんだよなあ、怪獣好きは。困ったもんだ。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析