忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[326] [325] [324] [323] [322] [321] [320] [319] [318] [317] [316]
 物書きの仕事がさっぱりワヤな間に……。
もし、東京に大地震でも起きたら? だからメディアの発信を首都だけに留めるのは止せと言ったのに、いつから、大阪は、名古屋は単なる受け皿に成り下がったのであろうか? とまあ、それはさておいて。時間があったのと何が起こってもおかしくないように昨年末から資格を取りに行ってたんですな。

 ヘルパー二級。老人や障害者の施設で働いたり、訪問介護をするために必要な資格でして、これでも介護業界ではまだまだ小物。この上には介護福祉士とか、ケアマネージャーとかあるんですな。
今の表稼業に添った形で資格を……と思うと、これしかないのですよ。
 実技講習、それにホームでの実習体験を終え、やっと今日修了いたしました!


 ここにラノベヘルパーが誕生したのですよ。
 しかし、ヘルパーの力を遺憾なく発揮するにはまた勤め口探さんとな。

  そんな今日、抜群のタイミングで『まいど238』というドラマをNHKでやっていた。
 場所は東大阪。町工場の街。引きこもりの少年が買いごろ簿『まいど238』となって認知症の祖母と関わるというお話。もうなんか色々やられたって感じです。

 要は『新世紀エヴァンゲリオン』を町工場レベルに落とし込んでリアルにした感じ。
 内向的な少年をロボに乗せる碇ゲンドウは少年の祖父、津川雅彦。そして彼をあるときは叱咤し、あるときは同調して涙を流す葛城ミサトであり、綾波レイである少女? は老人ホームのふくよかな女性職員。と、こじつけすぎましたが。
 
 介護関係、そして東大阪の町工場はいつか題材として使いたいと思っていたので、やられた感は大きかったです。かつて東大阪で巨大ロボを建造し、大阪府知事がそれを行政改革のために悪用するという話を考えたけど、没になった経験がありますので。
 
 さて、裏の稼業のほうはといえば、またまた没を食らってしまいましたが、めげずにやっていこうと思っております。
マーケティングに乗りすぎるのも罪、好き勝手書くのも罪、ということで。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析