忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[707] [706] [705] [704] [703] [702] [701] [700] [699] [698] [697]
 ガサキング、ウルトラマンオーブ劇場版、そして先週のコスモスとキングギドラと3月は毎週末、何かと怪獣がらみの出来事が多い。一週目のガサキングはさておき、週末ごとに怪獣映画を映画館で見られる幸せな時間の中に生きていることを感謝したい。
 そんな3月を締めくくるにふさわしく、『キングコング 髑髏島の巨神』が週末にやってきた。新たな設定でお送りするキングコング。正直「今更かよ!」と思うこともあった。





 怪獣映画の元祖でありつつ、最近ではその知名度はゴジラをはじめ、他の怪獣に遅れを取っている感があった。過去二度にわたってリメイクされたものの、前回2005年のピータージャクソン版で止めを刺した感が強かった。ならばいっそ新たな設定でいこうとしたのが今作品。設定を70年代に置き換え『もう女掴んで高い所登ったりしません!』とばかりに、ひたすらコングの獣性と神性を押し出した作品となった。そして今回のコングは島から出ない! 過去のコング映画の要素を織り交ぜつつも、新しいものを構築することに大成功した! と思う。



 



 これまでのキングコング映画にあった『美女と野獣』要素を潔く取っ払ったことにより、今回は純粋な怪獣映画として楽しめるのである。そして恐竜ではなく、オリジナルの怪獣が多数登場。『もう恐竜もよろしいでっしゃろ?』という決意の表れが、劇中のトリケラトプスの頭骨に現れていると思う。
 怪獣総出演のポスタービジュアル通り、ひたすら人間VS怪獣、怪獣VSコングの戦いが描かれる。まるで昔の怪獣図鑑のカラー口絵のような豪華絢爛さだ。



 今回のコングは島民から恐れられる荒ぶる神ではなく、危害を加えない限り共生可能な守り神である。味方につけばこれほど頼もしいものはない。その姿はゴリラというよりも人に近く、東宝版コングを思わせる。そういえば大タコも出る。リニューアルしたとはいえ、クモガニ、オオトカゲの姿は1933年のオリジナル版の怪獣にオマージュをささげている、と思う。最初は『そんな細長い体で大丈夫なのか?』と思っていたオオトカゲことスカルクローラーでしたが、劇中ではそんな不安を吹き飛ばす活躍っぷりでコングの好敵手となっておりました。島民が恐れているのはコングではなくこいつらという設定にすることで、コングを恐怖の対象にせず、人間と近しい存在にしているというのは見事。でも一番の怪獣はコングを執拗に追いかけるサミュエルLジャクソンでした。



 昨年のシンゴジラが大真面目な怪獣映画なら今回はその対極、ひたすら熱い怪獣バトルをこれでもかと盛り込んだ映画。あれも怪獣映画なら、これも怪獣映画である。



 物語がベトナム戦争終結後ということもあるし、ヘリ対コングが絵が描かれる辺りは『地獄の黙示録』も意識してとのことだが、髑髏島はベトナムのジャングルを上回る地獄だった。ヘリ対コングは76年版コングのオマージュ? 人間がコングを助けようとするのも今回が初めて? 





 今回のコングは31メートルとかなり大きいが、これは対ゴジラを想定してのものなのか、成長途中という事なので、歴代コングのように人間の女性に興味がない。愚直に島を守り、戦う。戦闘スタイルは道具を使うこともあり、クライマックスで丁寧に木の枝を引っこ抜いてこれを武器にするところは喧嘩師ぶりがうかがえるし、偶然とはいえ、鎖を腕に巻き付け、船のスクリューをヨーヨーのように、空飛ぶギロチンのように相手にぶつけるトリッキーな技も見せる。まさにコークスクリューパンチである。



 2014年の『ゴジラ』と世界観がつながってることもあり、それを匂わせるセリフも所々で出てくるし、エンドクレジット後には『あ!』と思わせる描写もあり、実際子どもと一緒に声を上げ、にやにやしてしまった。なんにせよ、これから毎年、何かしらの怪獣映画が公開されるみたいなので、楽しみは尽きない。


 
 最近物書きのくせに段々語彙が乏しくなってきたので、今日はこの辺で。言葉を飾らずに書けば『怪獣いっぱい出てきてたのしい映画! 日本語吹き替えは正直微妙だけど』でした。




そしてまたゴジラへ。3・31発売であります

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析