忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[695] [694] [693] [692] [691] [690] [689] [688] [687] [686] [685]
 あけましておめでとうございます。一応肩書が作家なので、今年こそは自分の企画を実現させたいと思っています。このままだと介護職になってしまいます。



 元日、とはいってもテレビは長いだけで面白くないし、ちょうどサービスでいということもあるので、『仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー(相変わらず長い)』を見に行く。冬のライダー映画を見るのは何年振りか。ライダー映画から足が遠ざかっていたのは、最近のライダーにのめりこめていなかったのと、おっさんを喜ばすネタが仕込まれてないから。春の『仮面ライダー1号』はオールドファン歓喜?の内容でしたからね。じゃあ、なぜ行ったのか? そりゃキレキレのアクションと、きちんと設定を押さえた演出で定評のある、坂本浩一監督作品だったからですよ。


 お話は現行ライダーのエグゼイドと一つ前のライダー、ゴーストがドクターパックマン率いる怪人軍団に挑む、というまあ、いつもの感じなんですが。あのパックマンが敵キャラになるのは『ピクセル』の影響でしょう。とにかく悪役が強くないと映画は面白くない。今回は主役を含めライダーたちがズタボロになっても戦います。今回はサブも含めライダーが10人登場、それも主役&サブの共闘の前半、主役と先輩ライダーとの共闘という後半と、ダレさせない作りになっています。最近のライダーは必殺技も変身もエフェクトと音が派手になってきているので、賑やかすぎて一瞬でも見落とすと何がどうなったのかわからないぐらいです。だからなのか、今回は変身前の肉弾戦がやたらと多い。香港アクションをほうふつさせる肉弾戦の数々、もうこのまま変身しなくてもいいやと思えるぐらいです。



 ただでさえキャラが多いのですが、きちんと先輩ライダーのドラマも盛り込まれてきちんとキャラが立っており、ただの客演には終わらせず、それぞれのファンにも嬉しい作りになってます。もちろん、坂本監督お得意の主題歌に乗って全フォーム披露もあります。




 実にお正月らしい、賑やかなおせち料理のような映画でありました。あと、見終わった後、太ももしか記憶に残ってないのも坂本作品の特徴ですね。東映は早く坂本監督に七人ライダー対デルザー軍団を撮らせてあげてください。
 
 

拍手[1回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析