忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[685] [684] [683] [682] [681] [680] [679] [678] [677] [676] [675]
 
 恒例『超大怪獣大特撮大全集DX』に加え、今月からは『ウルトラ大全集』と称し、ウルトラ、作品を上映するという、さらに怪獣色が強くなる京都みなみ会館。大丈夫、他にも普通の映画やってるから。
 
 今月はウルトラQより『ガラモンの逆襲』『虹の卵(総天然色版)』。ウルトラを大スクリーンで見るという贅沢感。そして、昨日はそれに『鳥を見た』上映に加え、その回の実質上の主役といってもいい三郎役を演じた津沢彰秀さんをゲストに迎えてのトーク。そう、ゲストトーク! 先月のウルトラマンAでガチガチにあがったあの瞬間が脳裏をよぎる! さらに今回は初の試み、コメンタリー上映である。要は作品を見ながら津沢さんとトークなのである。これは、ヘタは打てないぞ、と緊張しつつも準備。


 
 打ち合わせでお会いした津沢さんはとても親切で、本番でも終始助けられました。カチカチになることなくトークを終え、コメンタリー上映もきちんと形になったのでは。場所もみなみ会館1階で、お客様と距離も近かったのが助かった。舞台に上がると緊張するのです。で、来月も……どうもウルトラはやれる限りやるみたいです、司会を。戦いが始まった。


 
 そしてウルトラもあとは超3DX、今回は『士魂魔道大竜巻』『妖怪百物語』という、異色特撮時代劇2本立て。



 『大竜巻』は大坂夏の陣の後、落延びた武士たちのその後を描く群像劇であり、ちょんまげメロドラマ、すれ違い、行き違い、なかなか本筋が見えない。群像劇だから仕方ない。恋に生きるもの、人斬りに身を落とすもの、様々な生き方が、豊臣の隠し財産に集まり、そしていいやつも悪い奴も竜巻が飲み込んでいく。冒頭の大阪城落城の大ミニチュア、大セット、それにクライマックスの竜巻は圧巻。武士の、人間の無常を思い知る、そしてそんなこと、大自然の脅威には無力なんだな



 
『妖怪百物語』はとにかく日本の妖怪をあそこまで立体化してそろえたところに意義がある。これもクライマックスに大挙して登場するんだけど。物語は時代劇でありがちなパターン、そこに妖怪をねじ込んだ。妖怪はおどろおどろしくも、威嚇するだけで悪い人間を自滅するまで待つのです。そこも妖怪らしい。



 どちらもフィルムの状態が大変よく、そして人間の欲望をいやというほど見せつけられた。



 そして来月からは帰ってきたゴジラに、ウルトラ大全集……カチカチ司会が滑らかになるまで、やるしかないのだ。自分は、何者なんだ?
 

 
 

拍手[2回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 17
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析