忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[735] [734] [733] [732] [731] [730] [729]
 学生時代から、誕生日は『トゥルーロマンス』のクリスチャンスレイターに倣って映画館に行こうと決めていました。でも、なかなか実行できなかったり年もあったりしました。見たい映画がなかったり、日程が合わなかったり。今年はどうか? 先日『シンクロナイズド・モンスター』というまさにぴったしの映画を見て満足でしたが、まだまだ見たいものがある。という事で、誕生日の翌日、なんばへ『ブレイブストーム』を見に行ったのでした。怪獣の次は巨大ロボと変身ヒーロー、これ以上何を望もうか。


 数年前から宣弘社の特撮作品『シルバー仮面』『アイアンキング』『レッドバロン』がコラボする映画のうわさは聞いていましたが、世界観が違う3作品をどうやってミックスさせるのか、そもそも70年代の、どっちかといえば一般的には知名度の低いヒーロー作品をいまさらやってどうなるのか? 等々、不安もあったりして、そうこうしているうちにそのうわさも聞かなくなり……と思ったら、いつの間にかできていた! シルバー仮面もレッドバロンも今風にリファイン、タイトルも『ブレイブストーム』となって公開される! しかも上映館が少ないわ、上映会数は少ないわで、なんとか時間を見つけて行ってきた次第。
 2050年、キルギス星人に侵略された世界から、過去を変えるべく現代にやってきた春日5兄弟。彼らの目的はスーパーロボット・レッドバロンを使って侵略者の野望を打ち砕くこと。と、キャララクターを借りて全く新しい物語に、そしてシルバー仮面とレッドバロンをうまく混ぜ合わせていました。


 ヒーロー映画にありがちな『なぜ? どうして?』といったエクスキューズはさらっと流して『シルバー仮面、すでになってます、レッドバロンもう出来上がってます』と、ポンポンとテンポよく話が進んでいく。だってヒーローが悩むよりも活躍してる方が見たいから、変身前のあれこれよりも変身後が見たいから。
 


 
 そしてクライマックス、侵略者の操るブラックバロンと、レッドバロンが実際の東京の街でガシガシどつき合う! 『これが見たかったんだよ!』という絵が、構図がそこにある。ハリウッド映画じゃない、これが日本映画の持てるパワーか。キリキリと関節をきしませ戦うレッドバロンは初見時の『え、全然違うじゃん、重機じゃん』という印象を思いきり覆してくれました、かっこいい。そういやアニメ版レッドバロンも最初は物凄く違和感あったけど、見ているうちにかっこよく感じたものです。赤くて顔が丸けりゃレッドバロンなのか? そうだよ! と言わんばかりの清々しさ。一方のシルバー仮面も侵略者の手先を相手に大格闘。序盤はグレーで、後半はシルバーに赤ラインの入った『シルバー仮面ジャイアント』をリスペクトしたようなカラーリングという嬉しい配慮。



 ロボ、超人、宇宙人、超能力、タイムトラベルと、娯楽映画の面白さだけを詰め込んで煮込んだ感のある映画。予算はちょっとあれだけど、『食い足りないなあ』と思わせない。そうだよ、ヒーローとロボみたいんだから、苦悩とか恋愛とか余計な枝葉切っちゃえよ、と言わんばかりの潔さ。もう少し上映館増やしてほしいなあ、子供に見せて興味持ってくれたらなあ、と思うのです。誕生日にふさわしい面白い映画でありました。
 
 
 

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 11
12 14 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析