忍者ブログ
 作家馬場卓也のおもちゃと怪獣と仕事の三つ巴生活!  男もつらいし、女もつらい。男と女はなおつらい! てな訳でよろしく
[740] [739] [738] [737] [736] [735] [734] [733] [732] [731] [730]
 正直、あまり期待してなかった。人物中心のビジュアルが最初に出て『見たいのはこいつらじゃない!』と思ったから。そして満を持してお披露目されたあの姿。葉っぱみたいというか、葉っぱだし、おじいちゃんみたいな優しい顔してる割に上半身ムキムキで足が長い。『こ、これ?』戸惑いつつもそのうち慣れるでしょう。何よりも期待度が低かったのはアニメだから、という事よりも予告で見る『あんなちっこい兵器で戦えるのか?』という思いがあったから。主人公のキャラとか、どことなく『進撃の巨人』を想起してしまった。でも、これが最新作なんだよ。それに、俺の誕生日、いや誕生週を締めくくるにふさわしい巨大映画じゃないか。



 とかなんとか言いながらも『GODZILLA怪獣惑星』の初日初回に行ってきたのです。だってゴジラの新作ですからね。売店では限定デスゴジは売り切れ。いやそれよりも今回のゴジラ、アニゴジの限定ソフビは? どうも今年は売ってないらしい。いかん、もう上映始まってる。
『シン・ゴジラ』で今までの流れを汲みつつもガラッと変えてしまったので、今回のアニメ版ゴジラという選択はこれでありなのかもしれない。しかも未来の物語というのも実写ではできなさそうにチャレンジしている気がする。なんだかんだ言って期待してるじゃないか。






 以下、内容に触れること書いてあります。










 そして本編。すごい、カマキラス、ドゴラ、ダガーラ、オルガが世界中で大暴れ、あと台詞だけでアンギラス、ラドン、へドラも! そして真打ゴジラ登場。どうものしのし歩きまわって世界中をめちゃくちゃにしているらしい。




 そんな時、地球にやってきた宇宙人エクシフ(X星人がモデル)、ビルサンド(ブラックホール第三惑星人がモデル)という2つの種族。ビルサンドはゴジラを模したロボット・メカゴジラを作るも起動せず、結局地球人は宇宙人の力を借りて、地球脱出。それから22年、地球時間でいうと1000年ぐらい過ぎた頃。移住可能な惑星にジジババばかりを乗せた着陸艇を送り込むも、途中で爆破。宇宙楢山節考だ! 


 


 
 主人公ハルオは長い宇宙船生活の中『こんな目に遭ってるのも、ゴジラが悪い、ぜってえ許せねえ!』とゴジラ攻略の策をひそかに流し、周囲の賛同も得て、地球へUターン。しかし亜空間移動のため、すでに2万年の時が流れていた。2万年かあ、ゴジラ死んでるんじゃね? いや、いたわ。じゃあ、ゴジラを倒して地球を取り戻そう、と調査隊が地球へ。もちろんその中にはハルオもいる。



 しかし、緑に包まれた地球にいるのはゴジラだけではなかった。ゴジラの亜種と言われる有翼中セルバムが調査隊を襲う。いかん撤収! あ、でもゴジラも来ちゃった。じゃあ、当初の計画通り、ゴジラ倒すぞ! そして……というのが大雑把なあらすじ。
 宇宙船でのいざこざ、ハルオの恨み節だけで90分終わるのでは? と思ったが、地球に着いてからはきちんとゴジラも新怪獣も登場。怪獣の縄張りに人間が踏み込むのは『ゴジラの息子』以来かもしれない。
 

 はじめは危惧していたゴジラのスタイルも、あのほっそりとした下半身は森の木々で隠れて見えないし、首の短いアメフト選手のような上半身は、上から攻めてくる敵に対しては威圧感たっぷりに見える。もしかしたらそういう意図もあったのかもしれないし、なかったかもしれない。



 
 徹底的にゴジラを調べつくしてピンポイントに攻撃を仕掛けるまでの緻密なプロセスは『シン・ゴジラ』にも通じる。怪獣映画も頭う時代だなあ。今回のゴジラはバリア張るわ、その上で熱線(バリアの電磁波を放出?)をピューッと吐くわで、かなり無敵な存在。全身伝奇コイルのようなもの、という説明があり、弱点は背びれとのこと。そこで『あ』と思った。今までゴジラの背ビレを攻撃する映画はなかった。一番目立ってる部分が弱点だろうという単純かつコロンブスの卵的な発想。いや、劇中ではそれについても細かい説明がありましたが、これは意外だった。




 アニメで未来SFという大変化球ながら直球。クライマックスの作戦はまるで猛獣狩りのようにも見える。埋没作戦で動きを封じて、とにかく背ビレを狙え! でもタイトルが『怪獣惑星』ですから、ただゴジラ倒して万歳、というわけにもいかない。最後の最後にとんでもないことが起きるのですな。
 
 見終わって売店で食玩買って、そしておもゃ屋でソフビ買った。色々言ったけど、今回のゴジラも動くとかっこいい。移動する山のようでもあり、一見緑の地球を闊歩する守護者のようにも見える。でも実態はただ暴れたいだけの迷惑な存在。
   

 来年の第二章ではメカゴジラ登場? というニュースも流れたし、チラシの裏には洞窟に開いた三つの穴という意味深なイラストもある。三つの何かが開けたのか、首が三つのあれが出るのか、とにかく序盤戦としては大満足、次回も楽しみです。なにせ、ゴジラなんで。

拍手[1回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
馬場卓也
性別:
非公開
職業:
作家
趣味:
怪獣
自己紹介:
作家。一応作家。
CS放送のシナリオ公募で佳作入選。
『SHUFFLE! アンソロジーノベル』
でデビュー。
『School days 君といる、空』で長編デビュー。(ともにJIVE )

『真田十勇姫!』(ソフトバンクGA文庫)
シリーズほか、チョコチョコと。
ラノベ、ゲームシナリオ等々、何でもやりますのでお仕事お願いします。
 怪獣とかチャンバラが好きやねんけど、女の子率高いなあ。


カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28
最新CM
[01/24 baba]
[01/22 絶版漫画バナナクレープ]
[08/16 みなーみ]
[01/23 baba]
[01/22 1月24日生まれの男(仮)]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析